特集 PR

池田学が明かす、桁外れな緻密さと圧倒的スケールで描く制作の裏側

池田学が明かす、桁外れな緻密さと圧倒的スケールで描く制作の裏側

金沢21世紀美術館『池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影、編集:宮原朋之

細いペンで描かれた豊かな細部の集積によって、まるでさまざまな存在を包含する山や都市のように、見る人を圧倒するスケールの絵を描いてきた池田学。現在暮らすアメリカの地で約3年をかけて制作された新作『誕生』を始め、代表作を網羅した回顧展『池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―』が、金沢21世紀美術館で開催中だ。

今も大好きな昆虫や魚など、目の前にあるものを詳細に描き写し、小さなものの中に大きな世界を想像する「癖」を持っていたという少年時代。その感性に加え、これまでの自分の活動を支えてきたのは、10代で筋トレのように取り組んだデッサンから身に付けた技術力だと振り返る。アメリカでの生活と制作、『誕生』のテーマである震災や自然観、細部よりも重要な「全体感」のこだわりまで。帰国中の画家に話を聞いた。

下絵を完成させてから描くことが苦手で、ディテールは描きながら考える。

―池田さんは大作になると、数年がかりで制作されるそうですね。今回、展示されている新作『誕生』も3年以上をかけた作品ですが、どうやって長期間、モチベーションを維持するのか気になります。普段の生活はどのようなものなんでしょうか?

池田:今ウィスコンシン州のマディソンに住んでいて、『誕生』はその街のチェゼン美術館のスタジオで描いた作品なんですが、館のセキュリティが厳しいので、9時まで入れないし、17時には出ないといけないんです。なので、休館日の月曜以外、火曜から土曜までのその時間帯に制作する生活ですね。夜は家族と過ごして、娘たちが寝たらメールの返信などをする。朝は娘を学校に送り、その足で美術館に行っています。

池田学
池田学

『誕生』2013-2016年 紙にペン、インク、透明水彩 300×400cm Photo by Eric Tadsen for Chazen Museum of Art ©IKEDA Manabu / Courtesy Mizuma Art Gallery, Tokyo/ Singapore
『誕生』2013-2016年 紙にペン、インク、透明水彩 300×400cm Photo by Eric Tadsen for Chazen Museum of Art ©IKEDA Manabu / Courtesy Mizuma Art Gallery, Tokyo/ Singapore

―会社員の通勤みたいですね。家で制作はしないんですか?

池田:家での制作は、しないようにしています。美術館で1日集中しているので、帰ってからは描きたくない。日本にいたときは、その切り替えがなかなかできなかったんです。起きたら目の前に絵があって、昼くらいにようやく描き始め、エンジンがかかる頃には夜になっている。描きたくなければ、描かないでもいられた。

でも、今はスタジオの時間が決まっているので、意外と描きたくなくなることはないんです。逆にもっと描きたいと思っても、17時になるとやめます。切り替えが大事だと思いますね。

―1日に進むのは10センチ四方だけと聞きましたが、巨大な画面をコツコツ埋めるなかで、描くことが作業的になってしまうことはないんでしょうか?

池田:マンネリ化はあまりないんです。その理由の1つは、僕が下絵を描かないことだと思います。下絵を完成させてから描くことが苦手で、ディテールは描きながら考える。先が見えない方が好きなんです。

一種の癖のように、描いて集めて欲求が満たされた。ビックリマンチョコのシールと同じように(笑)。

―趣味のアウトドアスポーツの存在も、大きいんでしょうね。

池田:ロッククライミングとスキーと釣りをやるんですが、行き詰まると1週間ほど遊びに行きます。アウトドアは、もう「好き」の一言。できればスポーツ選手とか冒険家とか、アウトドアに関わる職業に就きたかったくらいで。絵はやはり仕事なんですよ。

『巌ノ王』1998年 紙にペン、インク 195×100cm おぶせミュージアム・中島千波館蔵 ©IKEDA Manabu / Courtesy Mizuma Art Gallery
『巌ノ王』1998年 紙にペン、インク 195×100cm おぶせミュージアム・中島千波館蔵 ©IKEDA Manabu / Courtesy Mizuma Art Gallery

池田:絵描きさんによっては、暇さえあれば絵を描きたい人もいますけど、僕はまったくそうではないですね。仕事のときは仕事としてしっかり絵を描いて、もちろんそこに楽しさもありますけど、休日は絵と離れたところにいたくて。外で思いっきり身体を動かしているときは、絵のことはまったく頭にありませんね。それが自分の中で、すごくバランスが取れているあり方なんだと思います。

池田学

―ご自身でもおっしゃっていますが、池田さんの絵には岩場の小さなくぼみを見たとき、そこに小宇宙が広がるような感覚があります。そうした自然体験が、制作の原点にあるものなんでしょうか?

池田:そうですね。自然からインスピレーションが湧くことがほとんどです。今回も小さい頃の絵が展示されていますが、虫や魚を捕まえると、眺めるだけでなく描きたくなるんです。原体験はそこですね。それは一種の癖で、描くことで欲求が満たされた。ビックリマンチョコのシールと同じように(笑)、描いて集めてコンプリートする感じで。

金沢21世紀美術館には、池田の少年時代の絵も展示されている
金沢21世紀美術館には、池田の少年時代の絵も展示されている

『池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―』金沢21世紀美術館 展示風景
『池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―』金沢21世紀美術館 展示風景

山よりも、生えている木を見ると想像が湧く。

―小さな入口の奥に、世界がどんどん広がっていく感覚が好きなんですか?

池田:というより、小さなものを大きなものとして捉えて、想像することが好きなんだと思います。たとえば、今この机の穴の向こうに床が見えていますけど、ここにすごく小さな街が広がっていたら、この穴の大きさは一気に広大に見えてくる。このペットボトルの水の上に船が浮いていたら、この水はどれだけ広大になるのかとか、小さいものを見て大きな世界を想像する。そういう見方をするのは、考え方の癖だと思います。

池田学

『Gate』2010年 紙にペン、インク22×27cm 個人蔵 撮影:宮島径 ©IKEDA Manabu / Courtesy Mizuma Art Gallery
『Gate』2010年 紙にペン、インク22×27cm 個人蔵 撮影:宮島径 ©IKEDA Manabu / Courtesy Mizuma Art Gallery

―人間的なスケールを変えてみると。

池田:そうそう。だから意外と、ただ山を見てもあまり想像は膨らまないんです。山よりも、生えている木を見ると想像が湧く。山は1つの大きな塊であり空間ですが、じつは木の一本一本にも空間があって、そういう小さなものが集まり、大きな塊や空間を形成しているわけですよね。自分の絵のイメージは、それに近いものなんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―』

2017年4月8日(土)~7月9日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで)
休場日:月曜日(祝日の場合は翌平日)

プロフィール

池田学(いけだ まなぶ)

1973年、佐賀県多久市生まれ。1998年、東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。卒業制作にて紙に丸ペンを使用した独自の細密技法を確立。2000年、同大学院修士課程を修了。2011年より文化庁芸術家在外研修員としてカナダ、バンクーバーに滞在。2013年よりアメリカ、ウィスコンシン州マディソンにあるチェゼン美術館の招へいを受け、滞在制作を行う。圧倒的な緻密さとともに、ユニークな感性と創造力あふれる作風で国内外を問わず高い評価を得ている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)