特集 PR

古市コータローと『孤独のグルメ』久住、こだわる面白さを語る

古市コータローと『孤独のグルメ』久住、こだわる面白さを語る

古市コータロー『ピラニア通りのブルース』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧、矢島由佳子

昨年、結成30周年を迎えたバンド、THE COLLECTORS。そのギタリストである古市コータローは、ギターをはじめ、洋服、食べ物に至るまで、さまざまな「こだわり」の男として知られている。昨年12月には、自らのルーツでもあるグループサウンズや昭和歌謡を、独自のセンスとアートワークによって一枚にまとめたコンピ盤『ピラニア通りのブルース』をリリースするなど、こだわりの男である彼の原点には、ある人物の漫画があったという。それが、『孤独のグルメ』の原作者として知られる久住昌之だ。

そんな古市のラブコールによって実現した今回の対談。いわゆる「懐古主義」ではなく、あくまでも「いま」の感覚で古きを尋ね、新しきを知る2人の男たちが語る「こだわりの美学」とは? そして、それがいまの我々に気づかせる、「本当に大事なもの」とは何なのか? 古市のいきつけの店であり、久住にとっても馴染み深いという東京・中野の名店「第二力酒造」で、酒を酌み交わしながら大いに語ってもらった。

自分ならではの「こだわり」を真面目に語るのが面白いんだって、久住さんの漫画を読んで知ったんです。(古市)

—古市さんは、久住さんの漫画の大ファンだそうですね。

古市:そうなんですよ。1980年の半ば頃、THE COLLECTORSのレコーディングをしていたスタジオに、たまたま泉昌之(泉晴紀と久住昌之のコンビ名)さんの『かっこいいスキヤキ』という漫画が置いてあって。僕は、昔、漫画家になりたかったぐらい漫画が好きだったんだけど……これを読んだとき結構ショックだったんですよね。

—どのあたりにショックを受けたのですか?

古市:表紙の絵を見る限りは、劇画だと思うわけです。で、ハードボイルドな感じの人物が出てきて、パッとページをめくると、いきなり弁当箱を上から見た絵が、丸々1ページ載っていて……。

久住:ははは、そうだね。

古市:それが結構、ショッキングだったんですよね。それ以来、ずっとファンで追っていて、持ってない漫画は一冊もないと思います。

第二力酒造にて
第二力酒造にて

左から:古市コータロー、久住昌之。ビールで乾杯からスタート。
左から:古市コータロー、久住昌之。ビールで乾杯からスタート。

久住:それはすごいですね。そういう人、久しぶりに会いましたよ。

古市:だから、考え方とか物事の見方の部分では、相当影響されていると思います。それこそ、スキヤキの食べ方のローテーションとか(笑)。そういう、自分ならではの「こだわり」を真面目に語るのが面白いんだって、久住さんの漫画を読んで知ったんです。

古市コータロー
古市コータロー

—古市さん自身も、かなり「こだわり」を持つ人として知られていますよね?

古市:そう、その原点になっていると思うんですよね。

2人のオススメの一品「季節の煮魚」
2人のオススメの一品「季節の煮魚」

2人のオススメの一品「新竹の子土佐煮」
2人のオススメの一品「新竹の子土佐煮」

(昭和は)いわゆる「あこがれ」みたいなものが、いまよりも強い時代だったと思うんです。(古市)

—昨年12月に出たコンピレーション盤『ピラニア通りのブルース』も、グループサウンズや昭和歌謡への古市さんの「こだわり」を感じます。

『ピラニア通りのブルース』
『ピラニア通りのブルース』(Amazonで見る

久住:これ、僕も聴かせてもらいましたけど、すごく面白かったです。

古市:ありがとうございます。必ずしも、自分がリアルタイムで聴いていたというわけではないんですけど、「自分が本当にかっこいいと思っている音楽って何だろう?」って考えたら、やっぱりこの頃のサウンドになるんですよね。それを素直に集めてみました。

久住:これ、当時の面白い曲を、すごく面白い順番で並べていますよね。グループサウンズの流れのなかに、内田裕也や日野皓正が混じっていたりして。

久住昌之
久住昌之

—久住さんは、このへんの曲をリアルタイムで聴いていた世代になるのですか?

久住:グループサウンズは、僕が小学生の頃に流行っていましたけど……僕はあまり聴かなかったですね。むしろ、大人になって改めて聴いてみたら、面白かったという感じです。やっぱり、歌詞がヘンだなあとか(笑)。結構へんてこりんな歌詞のものが多いですよね。

—たしかに。この頃の歌詞や音楽のセンスって、どういう感じだったんでしょうね。

古市:やっぱり、いろんな部分でまだまだ未熟だったというか、情報が少なかったんだと思うんですよね。ただ、そうであるからこそのよさもあると思っていて。(昭和は)いわゆる「あこがれ」みたいなものが、いまよりも強い時代だったと思うんです。

このコンピ盤にも入っているジャッキー吉川とブルー・コメッツには、『ヨーロッパのブルー・コメッツ』(1968年)というアルバムがあって……それは、リスナーを疑似外国旅行に連れていくコンセプトのアルバムなんです。それぐらい外国に対するあこがれは強かったんだと思います。

左から:古市コータロー、久住昌之

久住:普通の人は、外国に行ったりしない時代だからね。海外に行くなんて、夢のような話だったから。でも、だからこそ、その分、想像力が働いて面白いんだよね。

古市:きっと、そうなんでしょうね。

久住:いまはYouTubeで何でも見れちゃう時代だし、実際に行くことも簡単じゃないですか。そうすると、「あこがれ」力みたいなものが出ないんですよね。

古市:このコンピ盤に入っている楽曲より少しあとの話になるけど、1975年に『Made in USA Catalogue』(読売新聞社)というムック本が出たり、そのあとに雑誌の『POPEYE』が創刊されたり(1976年、平凡出版 / 現マガジンハウス)とか、特にアメリカに対するあこがれが、当時はすごく強かったですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

『ピラニア通りのブルース』
『ピラニア通りのブルース』

2017年12月20日(水)発売
価格:3,240円
COCP-40209

1.悪魔のベイビー / 寺内 タケシ&バニーズ
2.風とオトコのコ / 弘田三枝子
3.サイケな街 / 万里れい子
4.人生は気まぐれ / ザ・ゴールデン・カップス
5.サイケデリック・マン / ジャッキー吉川とブル・ーコメッツ
6.KISS ~K・I・ダブルS~ / 万里れい子
7.ブラインド・バード / ザ・モップス
8.ラスト・チャンス / 内田裕也とザ・フラワーズ
9.スネイク・ヒップ / 日野皓正クインテット
10.クールな恋 / ザ・ゴールデン・カップス
11.欲ばりな恋 / ザ・モージョ
12.ロンリーガール / ザ・サマーズ
13.イエス・ノー・イエス / ザ・クラックナッツ
14.クレイジー・ミッドナイト / ザ・モージョ
15.電話でいいから / アウト・キャスト

番組情報

ドラマ24『孤独のグルメ Season7』

2018年4月6日(金)から毎週金曜深夜0:12~テレビ東京などで放送

原作:久住昌之原作、谷口ジロー作画『孤独のグルメ』(扶桑社)
出演:
松重豊
ほか

プロフィール

古市コータロー
古市コータロー(ふるいち こーたろー)

THE COLLECTORSのギタリストとして1987年『僕はコレクター』でメジャーデビュー。以来THE COLLECTORSとして22枚のオリジナルアルバムをリリース。2017年3月1日に行われた初の日本武道館ワンマンライブも大成功を収める。同6月よりキャリア最長となる全国32ヵ所に渡るツアーを行う等、デビュー30周年も精力的に活動。2018年は1月から12ヶ月間渋谷CLUB QUATTROでのマンスリーライブが決定している。

久住昌之(くすみ まさゆき)

1958年7月15日、東京・三鷹生まれ。法政大学社会学部卒。美學校・絵文字工房で、赤瀬川原平に師事。1981年、泉晴紀と組んで「泉昌之」名でマンガ家としてデビュー。泉昌之名義では、デビュー作にしてロングセラーの単行本「かっこいいスキヤキ」他、「ダンドリくん」「豪快さんだ!」など単行本多数。谷口ジローと組んで描いたマンガ「孤独のグルメ」は、2012年にTVドラマ化され、season7決定。劇中全ての音楽の制作演奏、脚本監修、最後にレポーターとして出演もしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ