特集 PR

松坂桃李が語る、好青年なパブリックイメージを乗り越える道のり

松坂桃李が語る、好青年なパブリックイメージを乗り越える道のり

『娼年』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:遠崎智宏 編集:久野剛士

役者・松坂桃李の活躍が目覚ましい。2017年下半期のNHK連続テレビ小説『わろてんか』のメインキャストとして半年間を駆け抜ける一方、『彼女がその名を知らない鳥たち』『不能犯』など映画の世界では、従来の好青年のイメージとは打って変わったクセのある役柄を好演。そんな彼の次回作が、すでに各所でセンセーションを巻き起こしている映画『娼年』だ。

2016年に上演された舞台でも主演を務めた本作との出会いを通じて、俳優・松坂桃李は、どう変化を遂げたのか? そして、彼がこの映画で演じた「リョウ」という青年が、現代社会に提示するメッセージとは? CINRA.NET初登場となる松坂桃李に、俳優としての自身の考えやその変化についてまで、じっくりと語ってもらった。

僕が20代の前半でやってきた仕事のスタイルでは、これからはなかなか難しいだろうなと思っていました。

—舞台版の上演時、かなりセンセーショナルな注目を集めていた『娼年』ですが、映画版も、かなりやり切った作品になりましたね。見終えたあと、率直に思ったのは、「役者って、すごい!」でした。

松坂:いやいや、とんでもない。ただ、役者っていうのは、ホントいろんな仕事をするんだなっていうのは、この映画で改めて思いましたね(笑)。今回は、台詞の芝居よりも、身体を使った表現がほとんどだったので、異色ではありますね。

松坂桃李
松坂桃李

—映画版に先立って、同じく三浦大輔さん演出、松坂さん主演による舞台版があったわけですが、そもそも、その舞台版に出る際には、相当な覚悟が必要だったのではないですか?

松坂:そうですね。ただ、オーディションで選ばれたときは、正直「ラッキーだな」って思いました。もちろん、僕がそれまでやってきた作品のテイストを考えると、なかなか自分のイメージからは遠い作品ではあったと思うんです。でも、自分が今後、役者の仕事を続けていく……今年で30歳になるんですけど、40歳、50歳、そしてそれ以降になっても続けるにあたっては、僕がいままで20代の前半でやってきたような仕事のスタイルでは、なかなか難しいだろうなって思い始めていたので……。

—それは、なぜでしょう?

松坂:僕のパブリックイメージに沿った役柄の仕事ばかりを、そのままずっとやり続けていくのは、性格的に、ちょっと甘えが出てしまうんです。たとえば、パブリックイメージ通りの役がきたとして、「さわやかな感じの男です」ってなると、「わかりました。こんな感じですね」って、そのイメージ通りのものをやろうとしてしまう。自分の性格上、そこでハードルを上げないで、ちょっと楽をしようとするんですよね。

松坂桃李

—パブリックイメージをそのまま演じてしまうんですね。

松坂:そうですね。だから、敢えて自分に負荷をかけていくんです。そうやって役者としての経験値を上げていかないと、この仕事を続けようと思っても、ちょっと難しくなっていくだろうなって。そういう話を、マネージャーさんともしていたんですよね。そこで、「ちょっと色の違う作品を、20代の後半からはいろいろ挑戦していきましょう」って言っている矢先に、舞台版の話をいただいたんです。

—いきなり、すごいのがきましたね。

松坂:そうなんです(笑)。やっぱり予想以上に大変な現場で……基本的に、僕が出ずっぱりのお芝居なんです。なので、体力的にもそうだし、やっぱり難しい作品でもあったので、舞台が終わったときは精神的にもすっからかんというか、『あしたのジョー』の最終回みたいな感じになってしまって……。

—真っ白に燃え尽きた?

松坂:はい(笑)。ただ、そこで得たものが、ホントにたくさんあったんです。それは芝居に関してもそうだし、あの舞台に出ることによって、これまでとは毛色の違う作品のお話がくるようになった。それこそ、この次に公開される『孤狼の血』(5月12日公開予定、白石和彌監督)という作品のオファーをいただいたのも、舞台版の『娼年』を受けてのお話だったみたいで。

『娼年』場面写真 /  ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
『娼年』場面写真 / ©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

—『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)に続き、白石和彌監督の常連キャストになっていますね。

松坂:僕もまさか、2回続けて白石監督とご一緒できるとは思ってなかったです。そういう嬉しいプレゼントもあったりして。だから、ホントにやって良かったし、『娼年』の原作小説は、もうかなり前の作品で……。

—石田衣良さんの原作小説が出たのは、2001年だとか。

松坂:そう、もうだいぶ前なんですよね。聞くところによると、これまで映画化をはじめ、いろいろな話が水面下で何回か出ては消えたみたいだったらしいんです。その役が、このタイミングで自分に回ってきたということで、最初に言った「ラッキーだな」っていう感想に繋がるんです。

Page 1
次へ

リリース情報

『娼年』
『娼年』

2018年4月6日(金)からTOHOシネマズ新宿ほか全国公開

監督・脚本:三浦大輔
原作:石田衣良『娼年』(集英社文庫)
出演:
松坂桃李
真飛聖
冨手麻妙
猪塚健太
桜井ユキ
小柳友
馬渕英里何
荻野友里
佐々木心音
大谷麻衣
階戸瑠李
西岡德馬
江波杏子
配給:ファントム・フィルム

プロフィール

松坂桃李(まつざか とおり)

モデル・俳優。1988年10月17日生まれ、神奈川県出身。A型。2008年、男性ファッション誌『FINEBOYS』の専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、モデルとしてデビュー。2009年10月、テレビ朝日系特撮『侍戦隊シンケンジャー』で、シンケンレッド/志葉丈瑠役で主演を務める。以降、テレビドラマ『ゆとりですがなにか』(2016年)や舞台『娼年』(2016年)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)などに出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察