特集 PR

演出家・谷賢一の訴え「芸術・文化は日本が立ち戻るために重要」

演出家・谷賢一の訴え「芸術・文化は日本が立ち戻るために重要」

『High Life』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:西田香織 編集:川浦慧

4月14日から池袋の「あうるすぽっと」で上演される『High Life』は、麻薬中毒の4人の男たちの退廃的で暴力的な生を描いた現代戯曲の名作だ。映画や舞台で活躍する3人の若手俳優に加え、ミュージシャンのROLLYも参加する本作は、映像や音楽面で実験的な試みをするという。

今回、その演出を行う谷賢一にインタビューする機会を得た。これまで俳優同士の対話を起点にした作品で高い評価を得てきた谷は、本作でまったく違うアプローチを選択しているようにも見える。しかしそれは、演劇の魅力を否定するものではないようだ。むしろそこには、新たなテクノロジーをふまえたうえでの、芸術や芸能の深い洞察、再考の狙いがあるのではないだろうか? 稽古に打ち込む谷に、話を聞いた。

舞台技術が発展するなかで、特に映像分野との接点を持たずに演劇が続いていくのは、ナンセンス。

—『High Life』は、これまでも日本で何度も上演されているカナダの人気戯曲です。基本的な構造はシンプルな会話劇ですが、今回は映像と音楽の効果に力を入れると聞きました。

:僕は上演台本・脚本での参加でしたが、手塚治虫のマンガを舞台化した『PLUTO』(2015年上演)や、楳図かずお原作の『わたしは真悟』(2016年上演)といった、映像をダイナミックに活用した演劇に関わる機会がここ数年で増えて、舞台表現も大きな変化の時期を迎えつつあるように思っています。音楽や映像が新しい世界を広げてくれるかもしれないという予感が、演出家としての好奇心を刺激するんです。

谷賢一
谷賢一

—そこがけっこう意外ですよね。谷さんの代表作である『最後の精神分析』(2013年に上演され、『第6回小田島雄志翻訳戯曲賞』、『文化庁芸術祭』優秀賞を受賞した)が、対話に重きを置いていたように、谷さんは演劇における言葉の扱いに大きな興味を持ってきたという印象があります。

:それはいまでもそうで、ひとつの舞台設定のなかで、俳優と俳優の取っ組み合いだけで2時間近い作品を成立させるというのが自分の得意分野だと思っています。『High Life』自体もそういう戯曲ですから、根っこの部分は共通しています。

ただ、この作品について見過ごされていると思うのは、4人の男たちがどういう精神世界を見て生きているのか、という視点です。彼らが生きてきた現実のなかで、ドラッグでトリップすることで現れる世界、酩酊するなかで味わう多幸感はとても重要で、それを映像と音楽を使って立体的に表現することには意味があるはず。

谷賢一

—今回は音楽スタッフも異色の顔ぶれですね。家電製品やクラシックな音楽機材を改造して演奏する「Open Reel Ensemble」メンバーの吉田匡さんと吉田悠さん、吉田匡さんは「相対性理論」のベーシストでもありますね。そして同じく「相対性理論」のドラマーでもある山口元輝さん。Open Reel Ensembleが出るということは、舞台上にも家電製品が並ぶ?

:そう思っていただいていいです。Open Reel Ensembleの2人は『わたしは真悟』にも参加されていて、音楽と舞台の絡まりとしてすごく面白かったんですが、その実験をさらに進めてみたいな、という思惑もあります。

—そういった異分野との融合の試みを、谷さんはどう捉えていますか?

:メディアミックスって、油断すると安易の極みみたいになってしまいますから、気をつけないといけないです。でも、一方で舞台技術が発展するなかで、特に映像分野との接点を持たずに演劇が続いていくのは、やはりナンセンスだと思っていて。

たとえば、100年ぐらい前までは舞台照明を演出効果に使うなんて慣習は存在していなかったけれど、現在は当然のように使われていますよね。映像にしてもこの先、まだ見ぬ新技術が舞台で活用されるのは自然な流れですから、これから先に登場する戯曲も、映像が舞台上にあることを前提に書かれるようになると思うんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『High Life』
『High Life』

2018年4月14日(土)~4月28日(土)全16公演
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

作:リー・マクドゥーガル
演出:谷賢一
翻訳:吉原豊司
音楽:吉田悠(Open Reel Ensemble)、吉田匡(Open Reel Ensemble)、山口元輝(moltbeats)
映像:清水貴栄(DRAWING AND MANUAL)
出演:
古河耕史
細田善彦
伊藤祐輝
ROLLY
料金:前売6,800円 当日7,500円
共催:あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団)
主催・製作:ソニー・ミュージックアーティスツ

プロフィール

谷賢一(たに けんいち)

作家・演出家・翻訳家。1982年、福島県生まれ、千葉県柏市育ち。DULL-COLORED POP主宰。Theatre des Annales代表。明治大学演劇学専攻、ならびにイギリス・University of Kent at Canterbury, Theatre and Drama Studyにて演劇学を学んだ後、劇団を旗揚げ。「斬新な手法と古典的な素養の幸せな合体」(永井愛)と評された、ポップでロックで文学的な創作スタイルで、脚本・演出ともに幅広く評価を受けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで