特集 PR

大植真太郎・森山未來・平原慎太郎が「談ス」で踊る、曖昧さ

大植真太郎・森山未來・平原慎太郎が「談ス」で踊る、曖昧さ

『談ス』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧

ダンサーの大植真太郎と平原慎太郎。そして俳優としても活動する森山未來の3人が組んだダンスユニット「談ス」。コンテンポラリーダンス公演としては破格の全国10数公演を敢行する人気の3人組が、まもなく待望の新作を発表する。その名も……それにしても、このタイトルどう読めばいいのだろう? 左上に「凸」。右上に「し」。左下に「凹」。そして右下に「る」。上からでも横からでも好きに読んでよいとのことだが、逆に言えば、こちらのセンスが問われるような挑発に満ちた新作なのである。

謎めいた新作のヒントを得るべく、取材陣は横浜に飛んだ。横浜美術館で開催中の『ヌード NUDE ー 英国テート・コレクションより』展のなかで、談スがスペシャルパフォーマンスを行うとの連絡をもらったからだ。このインタビューは、パフォーマンスを終えた翌日に行われた。談スが目指すダンスとはいったい何だ?

(森山未來は)ダンサーの言語でも会話できるし、役者としての側面からも答えを返してくる。不思議な人です。(平原)

—昨夜、横浜美術館でのパフォーマンスを観せていただいたのですが、まるで漫才の掛け合いみたいにダンスを踊る3人だと思いました。お三方とも関西出身かと思ったんですけど、平原さんだけ北海道出身なんですね。

平原:そうなんです。2人「だけ」関西なんですよねー。

森山:おいおいおい、そっちかよ(笑)。

大植:相変わらず(毒が)強いよ!

左から:平原慎太郎、大植真太郎、森山未來
左から:平原慎太郎、大植真太郎、森山未來

—北海道生まれの平原さんが、公演ではいちばん「喋る」のが興味深かったです(笑)。談スって、どのように結成に至ったんですか?

森山:大植さんが中心になって結成したのが談スなんですけど、出会い自体はもう少し前で、僕と大植さんは『テ ヅカ TeZukA』(2012年)っていう作品でダンサーとして共演したのが最初です。

しんちゃん(平原慎太郎)とは田町にあるスタジオが初対面でした。でも、もちろん活動は知っていました。辻本知彦さんと(ダンスで)バトってる動画がYouTubeに上がってるんですけど、今でも定期的に見返すくらいそれが好きで、しんちゃんの身体的な印象はそれだな。しんちゃんはどうなの?

森山未來
森山未來

平原:僕は、もちろん(森山)未來のことは知ってたんですけど、コンテンポラリーダンスに興味あるらしい、くらいの認識だったんですよ。「でも役者さんでしょ?」っていうか。その後、稽古場で実際に身体を合わせることになったんですけど、かなり衝撃的でした。ダンサーとしてもめちゃくちゃ動けるし、同時にそうじゃない瞬間もあって掴みどころがない。その印象はいまもずっと続いていて、ダンサーの言語でも会話できるし、役者としての側面からも答えを返してくる。不思議な人です。

平原慎太郎
平原慎太郎

—大植さんとはいかがですか? C/Ompanyというユニットをずっと組んでいますよね。

平原:ファーストコンタクトは、直接会ったんじゃなくて『ダンス年鑑』(モダン出版社)という雑誌でしたね。日本のバレエダンサーがずらっと写真つきで載ってるんですけど、大植さんだけこんな風だったんですよ(笑)。

大植の顔真似をする様子
大植の顔真似をする様子

大植:嘘だー。

平原:マジなんでバックナンバー探してください。それで強烈に記憶に残っていて、しかもNDT出身(ネザーランド・ダンス・シアター。現代作品の上演で評価の高いバレエダンスカンパニー)って書いてあるから「何なんだ、この人!」ってさらに困惑して。その後、バックパッカーとしてヨーロッパを放浪してたんですが、そこではじめて会いました。

森山:それっていつ?

平原:2001年かな? 当時は僕もめちゃくちゃ生意気だったんですけど、大植さんはさらにすごかった。毛がふぁっさーってなってる毛皮を着てるんですけど、その下はタンクトップで、暑いのか寒いのか全然わかんない。で、こんな(狂犬みたいな)目つきでさ!

—大植さん、今日もジャケットのなかはタンクトップですね。

大植:暑いんだよね(照)。

大植真太郎
大植真太郎

平原:僕はそんな感じです。

大植:それだけかい(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『談ス』シリーズ第三弾<br>
凸し<br>
凹る』<br>
『談ス』シリーズ第三弾
凸し
凹る

構成:大植真太郎
振付・出演:
大植真太郎
森山未來
平原慎太郎

中野公演
2018年5月15日(火)
会場:東京都 なかのZERO 小ホール
料金:一般6,000円 U20券2,000円

長野公演
2018年5月16日(水)
会場:長野県 まつもと市民芸術館 実験劇場
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

町田公演
2018年5月19日(土)
会場:東京都 町田市民ホール
料金:一般6,000円 U20券2,000円

新潟公演
2018年5月20日(日)
会場:新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

埼玉公演
2018年5月21日(月)
会場:埼玉県 浦和 埼玉会館 大ホール
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

宮城公演
2018年5月22日(火)
会場:宮城県 仙台 電力ホール
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

北海道公演
2018年5月24日(木)
会場:北海道 札幌市民ホール
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

愛知公演
2018年5月26日(土)
会場:愛知県 名古屋 ウインクあいち 大ホール
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

兵庫公演
2018年5月27日(日)
会場:兵庫県 西宮 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール
料金:A席6,000円 B席3,000円

徳島公演
2018年5月29日(火)
会場:徳島県 あわぎんホール
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

岡山公演
2018年5月30日(水)
会場:岡山県 岡山県天神山文化プラザ
料金:一般4,000円 U-20チケット2,000円

広島公演
2018年5月31日(木)
会場:広島県 JMSアステールプラザ 中ホール
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

京都公演
2018年6月1日(金)
会場:京都府 ロームシアター京都 サウスホール
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

大阪公演
2018年6月2日(土)
会場:大阪府 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル4F ナレッジシアター
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

福岡公演
2018年6月4日(月)
会場:福岡県 都久志会館
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

静岡公演
2018年6月6日(水)
会場:静岡県 静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ 中ホール
料金:一般6,000円 U-20チケット2,000円

大手町公演
2018年6月7日(木)~6月11日(月)全6公演
会場:東京都 よみうり大手町ホール
料金:一般6,000円 U20券2,000円

プロフィール

大植真太郎
大植真太郎(おおうえ しんたろう)

1975年京都府出身。17歳で渡独し、バレエ界で若手の登竜門といわれるローザンヌ国際バレエコンクールでキャッシュプライス受賞。ドイツ(ハンブルグバレエ団)、オランダ(NDT)、スウェーデン(クルベリーバレエ)等、有名なバレエ団でダンサーとして活躍し、世界30カ国以上のステージに立つ。ダイナミックで躍動感のある肢体をダンサーとして認められると同時に振付家としても、ハノーバー国際振付コンクールにて最優秀賞、スカンジナビアグランプリ賞など、国際振付けコンペにて受賞多数している。ダンスという枠にとらわれない破天荒な発想を併せ持ち、類いまれなる才能を評価されている。

平原慎太郎
平原慎太郎(ひらはら しんたろう)

1981年北海道生まれ。クラシックバレエ、HipHopのキャリアを経てコンテンポラリーダンスの専門家としてダンサー、振付家、ステージコンポーザー、ダンス講師として活動。また、ダンスカンパニー「OrganWorks」を主宰し創作活動を行う。

森山未來
森山未來(もりやま みらい)

1984年、兵庫県出身。幼少時よりジャズダンス、タップダンス、クラシカルバレエ、ストリートダンスなどを学ぶ。舞台、映画、テレビドラマ等、さまざまなキャリアを積んでいく。近年ではダンスパフォーマンス作品にも積極的に参加していて、13年秋より文化庁文化交流使として1年間イスラエルに滞在、インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニーを拠点に、ベルギーほかヨーロッパ諸国にて活動。演劇、ダンスなどのカテゴライズに縛られないオンボーダー、ジャンルレスな表現者としての在り方を日々模索中である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業