特集 PR

是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

『是枝裕和 Blu-rayコレクション』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:森山将人 編集:山元翔一

新くんは、なんとなく制作者サイドなんですよね。俺はどちらかというと、ひな壇のガヤ芸人的な立ち位置(笑)。(伊勢谷)

—『ワンダフルライフ』に続いて、長編第3作となる『DISTANCE』でもこの2人を起用したというのは、やはり是枝さん的にも何か手応えがあったわけですよね。

是枝:やっぱり面白かったからだよね(笑)。それは間違いなく。2人はもう全然違うから。演じることに対する意識も違ってたし……新くんは意外と自分に近いところがあるというか、言葉の探し方とか黙ってる時間とかが、僕に近いところがあって。

伊勢谷:そう、それがうらやましかったんですよ。2人でCDの貸し合いっことかしてるし。

左から:伊勢谷友介、井浦新
左から:伊勢谷友介、井浦新

是枝:(笑)。そういう距離感だったんだよね。で、伊勢谷くんは僕の人生のなかであまり出会わないタイプで……伊勢谷くんと渋谷を一緒に歩いてるとき、向こうから歩いてきた女の子とハイタッチしたりするんだよ。

伊勢谷:ははははは(笑)。

是枝:そういうところが面白いと思ってたな。あと、伊勢谷くんがいろんなことにこだわっている感じが、僕はすごく新鮮だったの。

伊勢谷:つまり、わかんなかったんですよね。

是枝:わかんなかった(笑)。でも、わからない面白さってあるじゃない? それがよかったんだよな。衣装合わせとかをしていても、「これは絶対着たくない」というのが伊勢谷くんはすごく明確にあって。「え、何が違うの?」って僕はわかんないんだけど、彼のなかでは明確なラインがある。それがすごく面白かったんだよね。

是枝裕和
是枝裕和

—伊勢谷さんのほうも、是枝さんがやってることに興味津々だったんじゃないですか?

是枝:そうそう。伊勢谷くんはすごく知りたがるの。当時の彼は好奇心の塊だったから。

伊勢谷:そうですね。2人は何か共有してる感じを出してくるんですけど、俺はその外側で、ひとつの素材としてバタバタしてる感じがあって。新くんは、なんとなく制作者サイドなんですよね。読み合わせのときとかも、みんなのまとめ役みたいな感じだったし。俺はどちらかというと、ひな壇のガヤ芸人的な立ち位置で(笑)。

井浦:そんなことないよ(笑)。

左から:是枝裕和、井浦新、伊勢谷友介
左から:是枝裕和、井浦新、伊勢谷友介

実験映画ですよね。だって、役者それぞれが、自分のところの物語しか脚本をもらってないですから。(井浦)

—『DISTANCE』はどんな発想から生まれた映画だったんですか?

是枝:『DISTANCE』は、もともと新くんと伊勢谷くんでショートフィルムみたいなものを撮っていて……そこで2人に「ウソをつき合って」みたいなことを言ったんだよね。

井浦:そうそう。とにかく2人でウソをつき続けるのを、是枝さんがずっと撮っていて。で、そしたら、ウソをついてるときのほうが自分的には言葉がどんどん出てきたんですよね。普段だったら、こうやって友介のほうがわーって話して、自分は「うんうん」って聞いてるほうなんだけど、お互いウソをつき続けていたら、それが逆転するところがあって。

伊勢谷:俺があんまりしゃべらなくなったっていう。

『DISTANCE』より。本作で初めて、是枝監督はカンヌのコンペ部門に選出
『DISTANCE』より。本作で初めて、是枝監督はカンヌのコンペ部門に選出(商品サイトを開く

是枝:実は、そういうモチーフがベースになって『DISTANCE』ははじまったんだけど、結果的には随分違うところに着地したんだよね。そんなことを、商業映画の枠組みのなかでよくやってたなって思うけど(笑)。

伊勢谷:でも、興行的にはトントンまでいったんですよね?

是枝:黒字ではない(笑)。『ワンダフルライフ』のリメイク権が売れて黒字になって……そこで残ったお金を、『DISTANCE』に投入しているんだよね。だから自分としては、貯金があるから実験的なことにお金をかけられると思ってたところがあって。ここはもうとにかく、やりたい形を試してみようって。まあホント、実験映画だもんな。

井浦:実験映画ですよね。だって、役者それぞれが自分のところの物語しか脚本をもらってないですから。たとえば、こうやって目の前に友介と結衣さん(『DISTANCE』に出演した夏川結衣)がいたとして、その人たちが何をこっちに投げてくるのか全然わからない。

『DISTANCE』より
『DISTANCE』より

伊勢谷:そう、そもそも何者なのか、まったくわからないんですよね。でも、普段の生活って、大概そんなもんじゃないですか。そこがすごく自然だった気がするんだよね。

井浦:うん、そうだね。

伊勢谷:役者どうしがその場で自然にリアクションして、どういう化学反応が起こるんだろうっていう。そう、覚えてるわ。前の日に監督と一緒に打ち合わせをして、次の日に撮る役者を決めて、それに合わせて撮る場所も決めて……。

是枝:あれ、楽しかったね(笑)。

井浦:楽しかった。

伊勢谷:そこで俺は、「やっぱり、アートたるもの、こうでしょ!」って思ったんですよね。だから、そのあとの現場がいろいろと大変だったんですけど……。

伊勢谷友介
伊勢谷友介

不確定要素のなかで作品を生み出していけることが、ホントに驚愕だった。(伊勢谷)

是枝:他の作品の現場から電話くれたことあったよね? 何かすごい悩んでてさ。

伊勢谷:もう、超悩んでましたよ。

井浦:それは僕もありましたね。是枝さんの映画に出たあと、別のいろんな作品に呼んでもらったときに、是枝さんから教えてもらったようにやろうとすると、それを面白がってくれる人もいれば、「何、この人?」みたいな感じで驚かれたり、挙句の果てには怒られたりとかして。極端な話、当時は台詞を覚えないで現場に行ったりしてたんですよね。その瞬間に生まれることがすべてだろうって。で、いろいろ事故が起こったりして(笑)。

伊勢谷:俺もやったわ、それ。

是枝:それはホント申し訳ない(笑)。2人とも、そのあと他所の現場で結構苦労したんだよね。

『DISTANCE』より
『DISTANCE』より

—当時の是枝組は、やはり他の現場とは全然違ったんですか?

伊勢谷:脚本がないのが普通だったので。それはもう、他の現場とは違いますよね。「ただ、お前はお前でいろ」っていう。でも、コンセプトがずば抜けていて、そこにアートを感じたんですよね。

もちろん、脚本どおりに台詞を言うこともいまはちゃんと理解していますけど、そうじゃない不確定要素のなかで作品を生み出していけることがホントに驚愕だったんです。この人の頭のなかでは、マジですごいことが起きてるんだなって思ってましたから。

—新さんはどうですか? 是枝組ならではのものというと。

井浦:やっぱり純度や純粋さですかね。友介の場合は、それをアートという形で感じたんだと思うんだけど、僕が是枝さんの現場で教えてもらったことは、人との関わり合いなんだろうなって思っていて。自分はそれまで、人との関わり合いが苦手だったんですよ。でも、是枝さんと出会うことによって、人と関わり合っていかなければ面白いことが生まれない、人と関わり合うことが面白いんだって思えるようになった。それは自分にとって、すごく大きな変化でした。

『DISTANCE』より
『DISTANCE』より

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

『是枝裕和監督 Blu-ray7タイトルセット』(7Blu-ray)

2018年5月25日(金)発売
価格:28,728円(税込)

『幻の光』
『幻の光』(Blu-ray)

2018年5月25日(金)発売
価格:4,104円(税込)

『ワンダフルライフ』
『ワンダフルライフ』(Blu-ray)

2018年5月25日(金)発売
価格:4,104円(税込)

『DISTANCE』
『DISTANCE』(Blu-ray)

2018年5月25日(金)発売
価格:4,104円(税込)

『誰も知らない』
『誰も知らない』(Blu-ray)

2018年5月25日(金)発売
価格:4,104円(税込)

『花よりもなほ』
『花よりもなほ』(Blu-ray)

2018年5月25日(金)発売
価格:4,104円(税込)

『歩いても 歩いても』
『歩いても 歩いても』(Blu-ray)

2018年5月25日(金)発売
価格:4,104円(税込)

『空気人形』
『空気人形』(Blu-ray)

2018年5月25日(金)発売
価格:4,104円(税込)

プロフィール

是枝裕和(これえだ ひろかず)

1962年、東京生まれ。87年に早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。主にドキュメンタリー番組を演出、14年に独立し、制作者集団「分福」を立ち上げる。1995年、初監督した『幻の光』が、第52回ヴェネツィア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞。2作目の『ワンダフルライフ』(1998)は、各国で高い評価を受け、世界30ヶ国、全米200館での公開と、日本のインディペンデント映画としては異例のヒットとなった。2004年、監督4作目の『誰も知らない』がカンヌ国際映画祭にて映画祭史上最年少の最優秀男優賞(柳楽優弥)を受賞。2009年、『空気人形』が、第62回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、官能的なラブ・ファンタジーを描いた新境地として絶賛される。2013年、『そして父になる』で第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞ほか、国内外で多数受賞。17年、『三度目の殺人』が第74回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品、日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか6冠。18年、最新作『万引き家族』が第71回カンヌ映画祭コンペティション部門に正式出品決定、国内では2018年6月8日公開予定。

井浦新(いうら あらた)

1974年、東京都生まれ。98年に映画『ワンダフルライフ』に初主演。以降、映画を中心にドラマ、ナレーションなど幅広く活動。そのほか『SAVE THE ENERGY PROJECT』のアンバサダー、そしてアパレルブランド『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』のディレクターを務めるなどフィールドは多岐にわたる。映画『止められるか、俺たちを』『赤い雪 RED SNOW』『菊とギロチン』『こはく』『嵐電』など公開が控えるほか、カンテレ・フジテレビ系2018年7月期ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の出演も決定している。

伊勢谷友介(いせや ゆうすけ)

1976年、東京都生まれ。東京藝術大学美術学部修士課程修了。大学在学中、ニューヨーク大学映画コースに短期留学し、映画制作を学ぶ。『ワンダフルライフ』(是枝裕和監督、1998年)で俳優デビュー。その他代表作品としては、『CASSHERN』(紀里谷和明監督、2004年)、『龍馬伝』(NHK大河ドラマ、2010年)、『るろうに剣心』(大友啓史監督、2014年)など。2002年、初監督作品『カクト』が公開。2008年、「人類が地球に生き残るためのプロジェクト」として「REBIRTH PROJECT」をスタートさせ、株式会社リバースプロジェクトの代表を務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mom“ひみつのふたり”

5月22日発売の2ndアルバム『Detox』から“ひみつのふたり”のMVが公開。美容室らしき場所で、彼は自身の仕上がりに終始不安げで不服そうな顔を見せつつも、最終的にはひどい有様の自分を受け入れてその場を去っていく。そんな冷静さを持っているからこそ、ふと見せる<もう一層の事 牙でも生やして / 君の肩に齧り付きたい><買い換えたばかりの携帯は / 早いとこ傷つけたくなる>といった破壊衝動にハッとさせられてしまう。(中田)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密