特集 PR

フォロワー60万の写真家KAGAYAが語る、プラネタリウム制作

フォロワー60万の写真家KAGAYAが語る、プラネタリウム制作

コニカミノルタプラネタリウム
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:タイコウクニヨシ 編集:矢島由佳子

作品を見終わったあと、また別の空を見たときに、感動が増えていたらとても嬉しいですね。

—撮影した写真を使って映像を作るにあたっては、どんなことが大変でしたか?

KAGAYA:写真で撮った四角いものを、ドームに映す丸い画像にするにあたって、歪みを取る作業があるんです。あとは動画としてスムーズに流れるようにつないでいく作業があって、それに半年くらいかかりますね。

目に見えるアニメーションになるまでは、どのシーンを使うか決められないので、多めに処理をして、できたなかからどこを使うか決めるんです。なので、動画にしたものの、使ってないシーンも結構あります。

KAGAYA

—あとはCGによる解説のパートもありますよね。プラネタリウム“天空”が、プラネタリウムの概念を広げていこうとするなか、世界の星空を旅するというエンターテイメント的な部分と、学習の要素が絶妙なバランスで混ざっているのがいいなと思いました。

KAGAYA:ありがとうございます。ただ私としては、最後のウユニ塩湖やニュージーランドのシーンで、僕が現場で感じた感動と同じものを感じてもらうために、説明があるという考え方なんです。

たとえば、最後のニュージーランドのオーロラの場面で、大マゼランと小マゼランが見えている。あれがなにかを知ってると知ってないとで、見たときのイメージがまるで違うと思うんです。「南半球じゃないと見えない」っていうのがわかったうえで、あの最後のシーンを見ると、より「オー!」ってなると思うんですよ。

—小さい頃から図鑑が好きだったというお話もありましたし、知識に体験が紐づくことで、より感動が大きくなることを知っていらっしゃる。

KAGAYA:その通りです。知識が多ければ多いほど、テンションの上がり方も変わってくる。なので、できるだけわかりやすく説明したうえで、「では、最後にこれを見てください」というストーリーの作り方なんです。

この作品を見終わったあと、また別の空を見たときに、知識が増えている分、感動が増えていたらとても嬉しいですね。ハワイとかニュージーランドとか、実際に南半球へ行く人もいるでしょうし、作品のなかで得た知識がよりその景色を楽しむための材料になってくれていたら、最高だなと思います。

—プラネタリウム“天空”で上映されているのは「特別ロングバージョン」とのことですが、この先他の会場で上映される作品とはなにが違うのでしょうか?

KAGAYA:映像のなかで使っているカット数が多く、作品の上映時間が長くなっています。プラネタリウム“天空”でしか見ることのできないシーンもあるので、ぜひ楽しんでいただきたいですね。

『星の旅 -世界編-』

『星の旅 -世界編-』

『星の旅 -世界編-』

『星の旅 -世界編-』

『星の旅 -世界編-』
『星の旅 -世界編-』(サイトを見る)

KAGAYA

Page 4
前へ

サービス情報

コニカミノルタプラネタリウム“天空”

場所:東京都墨田区押上1丁目1番2号 東京スカイツリータウン・イーストヤード7階
営業時間:10:00~21:00
※時節に応じて変動あり

作品情報

『星の旅 -世界編- “天空”特別ロングバージョン』
『星の旅 -世界編- “天空”特別ロングバージョン』

2018年6月29日(金)より上映
会場:東京都 押上 コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン®
撮影・脚本・CG:KAGAYA
ナレーション:安元洋貴
音楽:manamik / 清田愛未
スキャット:川島和子

『銀河鉄道の夜』

2018年6月30日(土)より上映
会場:東京都 池袋 コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City
原作:宮沢賢治
撮影・脚本・CG:KAGAYA
音楽:加賀谷玲
朗読:桑島法子
ナレーション:大場真人

プロフィール

KAGAYA
KAGAYA(かがや)

宇宙と神話の世界を描くアーティスト。プラネタリウム番組『銀河鉄道の夜』が全国で上映され観覧者数100万人を超える大ヒット。一方で星景写真家としても人気を博し、写真集『星月夜への招待』等を刊行。写真を投稿発表するTwitterのフォロワーは約60万人。天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はkagayayutaka(カガヤユタカ)と命名されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表