特集 PR

RAMMELLS×SANABAGUN.同世代対談 互いをどう意識してる?

RAMMELLS×SANABAGUN.同世代対談 互いをどう意識してる?

RAMMELLS『take the sensor』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

メジャーデビューアルバム『Authentic』に収録されていた“swim”で、<ラインアップは最高 ひとりぼっち同士の無礼講><君だけの息継ぎと 無邪気なフォームで泳ぎ続けていて>と歌い、ユニークな同世代と同じ時代に活動することへの喜びを表現していたRAMMELLS。そんな彼女たちにとって、盟友と呼べる1組がSANABAGUN.である。トレンドとしての「ブラックミュージック」が一段落して、個々のバンドにより注目が集まるなか、RAMMELLSから黒田秋子と真田徹、SANABAGUN.から岩間俊樹と隅垣元佐を迎え、互いがシェアする感覚と、各々が突き詰めようとしている表現について話をしてもらった。

RAMMELLSのメジャー2作目のタイトルは『take the sensor』。SANABAGUN.は同じメジャー2作目『デンジャー』で「メジャーは危ない」と赤裸々に綴り、葛藤のときを経て、今年充実作『OCTAVE』をものにしたが、RAMMELLSは自分だけのセンサーを、自分だけのチューニングポイントをしっかりと掴むことで、さらなる飛躍を目指している。

RAMMELLSとは「音楽性とかが近いから」みたいな理由で仲良くしているんじゃなくて、人間性で仲良くしてると思ってるから。(岩間)

—RAMMELLSとSANABAGUN.(以下、サナバ)は、いつ頃から知り合いなんですか?

真田(RAMMELLS / Gt):俺は、最初隼太くん(HSU。SANABAGUN.の元ベーシスト。2017年に脱退)だけ知り合いで。サナバが路上でライブをやってたときから観てました。路上がすごく似合っていて、「ライブハウスでやるよりいいんじゃない?」みたいな。

隅垣(SANABAGUN. / Gt):俺が(真田)徹くんとちゃんと会ったのって、いつでしたっけ?

真田:いつだったか忘れたけど、河西(SuchmosのYONCE)と3人でハードオフ巡りしたよね。あいつから「明日ツカちゃん(隅垣)とハードオフ巡りするんだけど、暇? 機材全然知らないから、教えてやってよ」みたいな連絡が来て。サナバと対バンは1回もしたことないんですけど、メンバーみんな大体知り合いです。

左から:真田徹、黒田秋子、岩間俊樹、隅垣元佐
左から:真田徹、黒田秋子、岩間俊樹、隅垣元佐

岩間(SANABAGUN. / MC):ちりぽん(村山努。RAMMELLSのベース担当)がもともと学生時代に大河(谷本大河。SANABAGUN.のトランペット担当)とバンドをやってたんですよ。僕が「リベラル」名義でソロを作ってた頃に、「リベラルとRAMMELLS、合うかもね」みたいな話をしていて。どっちもよく下北沢GARAGEに出入りしてたから、そこで仲良くなったんだよね。

—もともと個々でいろんなつながりがあって、今ではバンド同士でも仲がいいと。

岩間:RAMMELLSはメンバー同士も仲いいよね。

黒田(RAMMELLS / Vo,Key):サナバも仲良さそうだよね。

岩間:RAMMELLSは、徹の熱き想いにみんなが集まってる感じがすごくする。正直自分は、RAMMELLSとは「音楽性とか好みが近いから」みたいな理由で仲良くしているんじゃなくて、人間性で仲良くしてると思ってるから。

だって、(黒田)秋ちゃんとも酒飲んだりはするけど、音楽の話をしたことないもんね。秋ちゃんと知り合ったのは六本木VARITで、フロアのうしろにめっちゃかわいい子がいて、ずっと気になってたら、その子が秋ちゃんの知り合いだってわかって、「SANABAGUN.の岩間です。友達めっちゃかわいいっすね。今度合コン組んでくれない?」って言ったのが初対面だし(笑)。

岩間俊樹
岩間俊樹

黒田秋子
黒田秋子

—じゃあ、音楽トークはギタリストのお2人にしてもらいましょうか(笑)。隅垣くんから見て、真田くんはどんなギタリストですか?

隅垣:「2人でギターの練習をしよう」ってなったときがあって、でもわざわざスタジオに入りたくないから公園でやったんですよ。そのとき2人ともアコギを弾いてたので、最初はその印象が強かったんです。でも、実際にライブを観に行ったら、すごいロックスターで。黒いサウンドのなかにギターヒーローがいるバンドって、あんまり見たことないから、「新世代ギターヒーロー、徹くん現る!」って感じましたね。

隅垣元佐
隅垣元佐

—今日もAEROSMITHのTシャツ着てますしね。新世代のジョー・ペリーですね(笑)。

黒田:すぐ調子乗るんで、あんまり言わないでもらえますか?(笑)

真田徹
真田徹

Page 1
次へ

リリース情報

RAMMELLS『take the sensor』
RAMMELLS
『take the sensor』(CD)

2018年7月11日(水)発売
価格:1,800円(税込)
CRCP-40556︎

1. Sensor
2. FINE
3. YOU
4. blah blah
5. Night Out
6. 愛のパラリア

イベント情報

RAMMELLS
『「take the sensor」再現ライブ』

2018年8月11日(土)
会場:東京都 渋谷 eggman

リリース情報

SANABAGUN.『OCTAVE』
SANABAGUN.
『OCTAVE』(CD)

2018年4月25日(水)発売
価格:3,000円(税込)
VICL-64998︎

1. I'm back
2. 8 manz
3. L.G.M
4. Rainy day
5. 雨香
6. P・A・N・T・I・E
7. skit-1
8. Yukichi Fukuzawa
9. As time goes by
10. 三種の神器
11. Black Diamond
12. F-BOY
13. We in the street
14. skit-2
15. SFT
16. FLASH

プロフィール

RAMMELLS
RAMMELLS(らめるず)

真田徹(Gt)が自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田秋子(Vo,Key)、村山努(Ba)を誘い2015年8月「RAMMELLS」結成。2016年に彦坂玄をドラムに迎えライブ活動を本格的にスタートする。ロック、ファンク、ソウル、ジャズ、シューゲイザーを消化し、そこから紡ぎ出される音楽性と、表現される黒田秋子の歌声が早耳の音楽リスナーから注目される。2017年更なる活躍に期待がかかる今知っておくべきバンドとしてピックアップされ、2017年12月メジャーデビュー。2018年3月デビューアルバム記念ワンマンライブでは東京・渋谷WWWを完売させ大成功をおさめる。2018年7月11日メジャー2作目となるミニアルバム『take the sensor』をリリース。

SANABAGUN.
SANABAGUN.(さなばがん)

岩間俊樹(MC)、高岩遼(Vo)、隅垣元佐(Gt.)、澤村一平(Dr.)、櫻打泰平(Key)、谷本大河(Sax,Fl)、髙橋紘一(Tp,Flh)、大林亮三(Ba)。ストリートにジャズのエッセンスを散りばめ個性とセンスを重んじて突き進む平成生HIPHOPチーム。楽器隊とボーカル、MCからなる8人組で、メンバー全員が平成生まれの20代でありながら、JAZZの影響を色濃く感じさせる驚異的に高い演奏力を誇り、それでいて老若男女問わず熱狂させる高いエンターテインメント性も併せ持っているのが魅力。2015年10月、1stアルバム『メジャー』をもって、メジャーシーンに進出。2018年4月、3rdアルバム『OCTAVE』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年