特集 PR

ヤバTこやまたくやがSTYLYでVR作り「これ絶対流行るでしょう」

ヤバTこやまたくやがSTYLYでVR作り「これ絶対流行るでしょう」

『NEWVIEW AWARDS 2018』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

空間を使って何か作るなんて無理、という人は多いかもしれないですが、全然VRは難しくない。

八幡:作ったシーンをヘッドマウントディスプレイを装着してみてみましょうか。

こやま:(ヘッドマウントディスプレイを装着する)おお、思ったよりも天井が高い! 大画面で『寿司くん』動画を見ながら、さっき読み込んだカタログもパラパラめくれる(笑)。

こやまたくや

八幡:最後にタイトルをつけて、この作品を公開しましょう。

こやま:タイトルは、『寿司くん初めてのVR』にします(笑)。これで、世界中の人と共有できるわけですね。僕自身、もともとYouTubeに作品をアップして、そこから広まっていったところがあるので、このVR作品もどんどん外に開かれていくといいですね。

VRがまだあまり普及していないのは、知られてないだけだと思うんですよ。単に提供されたコンテンツを楽しむだけではなく、自分でもこんなに簡単にできるようになって、みんなで共有するって最高じゃないですか(笑)。

実際にパブリッシュされた寿司くん初のVR作品『sushi-kun hazimeteno VR』
実際にパブリッシュされた寿司くん初のVR作品『sushi-kun hazimeteno VR』(STYLYで作品を見る

—作品を共有することで、クオリティもどんどん上がっていくでしょうね。

こやま:それは間違いないですね。STYLYがそういう場になるといいなと思います。フリーで使えるVR用の3D素材も、今後どんどん増えていくだろうし。凄いスピードで進化していくでしょうね。

—今後、STYLYを使って、自身の作品にVRを取り入れる可能性はありそう?

こやま:きっと「あり」ですよね。VR空間内を移動すると『寿司くん』の話が進んでいくとか。寿司くんとタカシくんのを3Dデータにして、プレイヤーの目の前でやり取りさせるとか(笑)。そんなのができたら面白いでしょうね。

ミュージックビデオでも使いようがある気がします。VRでのライブとかは、ちょっと僕らには合わないかもしれないけど、何か他のやり方が見つかるかもしれない。受け手側にももっとVRが普及したら、前向きに考えます(笑)。

こやまたくや

—現在作品を募集中の『NEWVIEW AWARD』には、こやまさんもCINRA.NET賞の審査員として参加するわけですが、応募作品に期待することがあれば教えてください。

こやま:せっかく空間を自由に使えるのだから、たっぷり使って細かいところまで探検できるような作品を見たいですね。あと、笑えるやつがあったら嬉しいな。隠しアイテムとか、覗かないと分からないとか。いずれにせよ、どんな作品が見られるのか、今からめっちゃ楽しみですね。僕も今後、作品作りの参考にさせてもらえたらいいな(笑)。

—まだまだ3Dは、「自分には難しいんじゃないか?」って思っている人は多いと思うんですけど、まずはいじってみてほしいですよね。

こやま:そうなんですよ。空間を使って何か作るなんて無理、という人は多いかもしれないですが、全然VRは難しくない。3D素材もあるし、単にイラストをペタペタ貼るだけでも楽しめる。まずはやってみてください。

—子供からプロのクリエイターまで、ほんと誰でも楽しめると思うので、どんどん遊びながら作品をアップロードして、参加者全員で共有しながら作品のクオリティを上げていけたら最高ですね。

こやまたくや

Page 3
前へ

アワード情報

作品
『NEWVIEW AWARDS 2018』

『NEWVIEW AWARDS』は新たな表現やカルチャー、ライフスタイルを追求し、「超体験のデザイン」を牽引する次世代クリエイターを発掘することを目的として立ち上げられたアワード。「DESIGN YOUR ULTRA EXPERIENCE(超体験をデザインせよ!)」をテーマに、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を使用して制作・公開されたVRコンテンツを募集しています。

募集期間:2018年7月31日まで

作品
『NEWVIEW AWARDS 2018 ファイナリスト作品展』(仮)

2018年8月末 会場:東京都 渋谷 GALLERY X BY PARCO

サイト情報

NEWVIEW

Psychic VR Lab、パルコ、ロフトワークによる新たな表現の追求と、次世代クリエイターの発掘・育成を目的とするプロジェクト。ファッション、音楽、映像、グラフィック、イラストレーションなど、各分野で活動するクリエイターが参加し、3次元空間での新たな表現と体験のデザインを開拓していきます。

サービス情報

STYLY

Psychic VR Labによるプログラミングの知識がなくても、アセットをドラッグ&ドロップすることで手軽にVR空間をデザインできるVRプラットフォーム

プロフィール

こやまたくや

京都府出身、大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。24歳。「寿司くん」名義でアニメ・ミュージックビデオなどの映像作品を中心に制作活動を行う。ロックバンド、ヤバイTシャツ屋さんのギターボーカルとしても活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業