特集 PR

バレーボウイズ×永井聖一 定義や時間に縛られない生き方を語る

バレーボウイズ×永井聖一 定義や時間に縛られない生き方を語る

バレーボウイズ『なつやすみ'18 猛暑』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:馬込将充 編集:川浦慧、矢島由佳子

京都出身の6人組、バレーボウイズが昨年発表の自主制作盤『なつやすみEP』に新曲を加えるなどした初期のベスト盤と言うべき作品『なつやすみ'18 猛暑』を7月4日に発表する。京都精華大学で出会ったバンド経験のないメンバーが、学園祭に出演するために結成したというエピソードはいかにも学生ノリだが、青春を感じさせる歌謡曲風のノスタルジックなメロディーや、メンバー全員が合唱のように歌いまくるステージングが話題を呼び、昨年初の全国流通盤を発表。現在はCreepy NutsやCHAIの活躍で音楽ファンから注目を集める「次世代ロック研究開発室」に所属し、次なるブレイクを期待されるまでになっている。

『なつやすみ'18 猛暑』でプロデュースを担当したのは、相対性理論のギタリストなど幅広く活躍する永井聖一。これまでSpangle Call Lilli Lineやエミ・マイヤーの作品に関わるなどしてきたが、新人アーティストのプロデュースを手掛けるのはこれが初めて。アンサンブルを整理して、ポップスとしての完成度を高めることに貢献しただけではなく、相対性理論が当初から貫く自由な活動スタンスが、バレーボウイズと共鳴する部分もあったようだ。作詞・作曲担当のネギ、ボーカルの前田流星、オオムラツヅミを迎え、ともに制作の裏話を語ってもらった。

永井さんは、新しいおもちゃを持ってきてくれる年上のいとこみたいな感じ(笑)。(ネギ)

—永井さんはバレーボウイズのことをどのように知ったのでしょうか?

永井:仕事の関係者から、「面白い若手がいるんです」って紹介してもらったのが始まりです。「ナツカシイサウンズ」というタイトルがついたデモをもらったんですけど、最初はずっとそれがバンド名だと思っていて(笑)。

初めてライブを観たのが去年の3月。でも、そのデモに入っている曲は1曲もやらなかったんですよ。そのあとに「プロデューサーをやっていただけませんか?」という話をもらって、あれに入っている曲をやるなら面白そうだと思って受けたんだけど(笑)。

—そのデモは今の方向性とは少し違ったわけですか?

永井:“卒業”は入っていたんだけど、それ以外は結構アンニュイというか、俺の好きなローファイ感がありつつ、フックもあって。「どっちの方向性でいきたいのかな?」と思った覚えがあります。“卒業”みたいな盛り上がる感じでいくのか、デモに入っている低血圧な感じでいくのか。ふたを開けてみたら思いっ切り前者だったっていう。

左から:前田流星、永井聖一、オオムラツヅミ、ネギ
左から:前田流星、永井聖一、オオムラツヅミ、ネギ

—最初にちょっとしたすれ違いがありつつ(笑)、でもバレーボウイズの曲に惹かれる部分があったわけですよね?

永井:やっぱり「曲」ですよね。珍しくクラシックな編成というか、ギターはたくさんいるけど、今のところシンセとか打ち込みはやらないし、曲自体も結構定型の展開をするじゃないですか? でも、メロディーがちゃんと立っていて、それで勝負しているのがすごくいいなって思います。僕には、音楽を聴くうえで「いいメロディーと歌詞」という大前提があるんですけど、バレーボウイズはどれもいい曲だと思いますね。

—バレーボウイズはもともと学園祭に出るために結成されたそうですが、「懐かしさ」や「合唱」といった現在のキーワードは、作詞・作曲担当のネギさんが最初から考えていたものなのでしょうか?

ネギ(Gt,Vo):テーマは自分でもよくわかってないんですよね。「懐かしい」というのは、「昔懐かしい」とかじゃなくて、自分の思い出がそこに入っているから感じる「懐かしさ」なんです。最初から「お客さんも含め、みんなで歌えたらいいな」とは思っていたんですけど、「合唱」がテーマかと言われると、特にそうでもなくて。

自分のデモをメンバーに聴いてもらって、「こういう感じで」って指示することもあるんですけど、それぞれが僕の言ったことを無視して違うことをやったりもするので、わりとみんなで噛み砕いて作っていった感じがしますね。

ネギ(バレーボウイズ)
ネギ(バレーボウイズ)

前田(Vo):ネギちゃんはいい意味で軸がないというか、何やっても「いい」って言うので、それぞれが自分で自分のやりたいことを試している感じがあるんですよね。

ネギ:それでどうなるのかが楽しみなんです。みんながやりたいようにやって、それがまとまったときに何ができるのか。

オオムラ(Vo):親みたいやな(笑)。

—(笑)。プロデューサーが入ることに抵抗はなかったですか?

ネギ:永井さんとは「一緒に作った」っていう感じがしないというか、一緒にやっている感覚すらない。そこにいるのが当たり前みたいな……。

永井:俺、何もやってないみたいじゃん(笑)。

ネギ:違います! そういうことじゃなくて、メンバーじゃない人とやっている感覚じゃないというか、自然な感じがしたんですよね。何か指摘をされて、違うと思ったら、「こうしたいです」とも言える。「どう言おう?」とかもなく、自然に言えている感じがあって。

左から:永井聖一、ネギ、オオムラツヅミ、前田流星
左から:永井聖一、ネギ、オオムラツヅミ、前田流星

—すごくいい距離感だったと。

ネギ:新しいおもちゃを持ってきてくれる年上のいとこみたいな感じ(笑)。僕がプラレールで遊んでいるときに、ビー玉をバーンって打つおもちゃを持ってきて遊び出すお兄ちゃんみたいな立ち位置なんです。「そんなんできるんですか? 僕もやる!」みたいな感じでした。

Page 1
次へ

リリース情報

バレーボウイズ『なつやすみ'18 猛暑』
バレーボウイズ
『なつやすみ'18 猛暑』(CD)

2018年7月4日(水)発売
価格:2,160円(税込)
PFCF-1156 / felicity cap-284

1. アサヤケ
2. 卒業
3. 夏休みがおわる
4. ミラーボウル
5. マツリ~猛暑~
6. フラッシュバック
7. 海へ
8. タイトルコール(チャッキーの家ver.)

イベント情報

バレーボウイズ
『「なつやすみ'18 猛暑」リリースワンマンツアー』

2018年8月19日(日)
会場:東京都 下北沢 Basement Bar

2018年8月22日(水)
会場:大阪府 心斎橋 LIVE HOUSE Pangea

料金:各公演2,500円

プロフィール

バレーボウイズ
バレーボウイズ

みんなで合唱しようぜ!それがバレーボウイズ!ノスタルジックで歌謡ライクなメロディと歌のハーモニー、哀愁を帯びたギターで青春の響きを“合唱”のスタイルで聴かせる、京都精華大学の学園祭「木野祭」出演のために2015年に結成された男女混成グループ。2017年、ライブオーディション「TOKYO BIG UP!」でグランプリ、「FUJI ROCK FESTIVAL 2017」ROOKIEA GO-GO枠で初出演を果たした。11月8日には満を持して1stアルバム「バレーボウイズ」をリリース。2018年、「卒業/ひがしのまち」をカセットテープ&7inchレコードにてリリース。5月にはリリースパーティーを藤原ヒロシ、キイチビール&ザ・ホーリーティッツを迎えて渋谷WWWにて開催。8月には初ワンマンツアー決定!いよいよバレーボウイズの夏がやって来る!

永井聖一(ながい せいいち)

1983年生まれ、東京都出身。相対性理論など幅広く活躍。コンポーザーとしてもSMAP、山下智久に楽曲提供したほか、Spangle Call Lilli Line『dreamer』、Chocolat『風邪』などのプロデュースワーク、ムーンライダーズ、Chocolat&Akito、バッファロードーターのリミックス、UNIQLOやキユーピーなどのCM音楽を担当。ギタリストとしても布袋寅泰、FISHMANS+、THE BEATNIKSなど様々なミュージシャンと共演。近作に相対性理論『天声ジングル』など。9月2日(日)東京・EX THEATER ROPPONGIにて相対性理論 最新自主企画ライブ『変数I』を開催。

関連チケット情報

2018年9月24日(月)
OKAYAMA マチノブンカサイ 2018
会場:旧内山下小学校(岡山県)
2018年10月6日(土)
MEGA★ROCKS 2018
会場:仙台市内の11会場(宮城県)
2018年10月6日(土)〜10月8日(月)
MINAMI WHEEL 2018
会場:ミナミ・ライブハウス各所(大阪府)
2018年10月8日(月)
This is party!!!
会場:TSUTAYA O-nest(東京都)
2018年10月11日(木)
Gateballers
会場:LIVE HOUSE Pangea(大阪府)
2018年10月26日(金)〜10月28日(日)
ボロフェスタ2018
会場:KBSホール(京都府)
2018年11月4日(日)
Scramble Fes 2018
会場:TSUTAYA O-EAST(東京都)
2018年11月16日(金)
HOLIDAY!vol.2 ~HOLIDAY!RECORDS 4thANNIVERSARY PARTY~
会場:SOCORE FACTORY(大阪府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年