特集 PR

意外に知らない台湾の事情 花開くそのカルチャーに学ぶべきこと

意外に知らない台湾の事情 花開くそのカルチャーに学ぶべきこと

TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
通訳:池田リリィ茜藍 撮影:豊島望 編集:木村直大

日本の九州ほどの大きさの島、台湾には原住民族や漢民族、最近ではインドネシアからのムスリム系移民など、様々な民族が共存し、それぞれに独特の文化を築き上げている。そして、その多様性の中で育まれた台湾のカルチャーは、いま世界に向けて花開こうとしているという。それは一体どのようなものなのだろうか。

国内外に向けて台湾カルチャーを紹介している、中華文化総会主催の入場無料のイベント『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』が9月22日(土)、23日(日)に上野の上野恩賜公園で開催される。

本イベントでは、雑貨などを扱うマーケットと音楽イベントを同時開催し、マーケットには台北、台南、高雄など台湾各地のブランド約50組が集結。様々なセレクトショップや台湾料理のキッチンカーも並ぶ。また音楽イベントでは、「台湾一周旅行」というコンセプトのもと台湾全土から各地域を代表する6組のアーティストが出演。日本からは、CINRA.NETがキュレートするアーティストが出演予定だ。

今回CINRA.NETでは、中華文化総会副秘書長であり、カルチャー誌『Fountain新活水』編集長の張鐵志(チョウ・ティエジー)と、台湾で活躍するアートディレクター方序中(ジョー・ファン)の対談を敢行。知っているようで知らなかった台湾カルチャーの歩みと「今」を案内してもらった。ダイバーシティが声高に叫ばれる昨今、台湾の文化史には、日本も大いに学ぶべきことがあるだろう。

1990年代にクリエイティブのイノベーションが起こり、「デザインの力で社会は変えられる」ということが分かってきたのです。(チョウ)

—まずはチョウさんから、台湾カルチャーの大まかな歴史についてお話いただけますか?

チョウ:では、1980年代まで遡って説明させてください。当時、台湾では重要な作品がたくさん生まれました。皆さんもよくご存知の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)や、楊德昌(エドワード・ヤン)といった映画監督が世界的に脚光を浴びて、台湾本国でも様々な価値観が移り変わっていく激動の時代だったんです。一方、公民権を獲得するための運動や、環境保全への訴えかけなど、社会運動も盛んに行われました。そこで撒かれた種は、1990年代に入って大きく花開きます。

張鐵志(チョウ・ティエジー)
張鐵志(チョウ・ティエジー)

チョウ:私は1990年代の始めに大学へ入学し、その頃から執筆活動を始めていました。主に音楽をテーマに取材をしていたのですが、当時からメジャーではないユースカルチャーにフォーカスしていて、例えば小さなライブハウスに足繁く通い、まだ誰にも知られていないマイナーな音楽を取り上げていました。

そういったインディペンデントな活動があちこちで起こり、クリエイティブやデザインのイノベーションが起こります。私たちはそれを「創意設計革命」と呼んでいますが、そこからジョーさんのようなデザイナーが認知されるようになった。「デザインの力で社会は変えられる」ということが、分かってきたのです。

—ジョーさんは、絵描きからデザイナーへと転身したそうですね。

ジョー:はい。最初は広告会社でデザインを担当していました。しかし、会社という決まった組織の中で仕事をしていると、既存の慣習や伝統などに抗うことは非常に難しいということが分かってきたんです。それで意を決して独立し、全くゼロの状態から少しずつ協力者を増やし、チョウさんのような人との出会いもあって今に至ります。

方序中(ジョー・ファン)
方序中(ジョー・ファン)

—ご自身の作品は、主にどんなところから影響を受けていると思いますか?

ジョー:日本からの影響が強いですね。私は「眷村(けんそん)」(中国国民党が台湾に来た際に作った移民用居住地区)出身で、家屋は日本統治時代に建てられたものが多いんです。そういったものを小さい頃からずっと見ているので、知らず知らずのうちに影響された部分はかなり大きい。あとは、自分を取り巻く生活環境や気になるニュースなどからインスパイアされることが多いです。

—日本にも頻繁に行き来しているそうですね?

ジョー:ええ。日本を訪れるたびに街を眺めたり雑誌を読んだり、そういったことからも様々な刺激を受けています。日本人の友人も多く、彼らとの交流の中で日本文化やデザインに触れる機会も多いですね。

私が日本人を素晴らしいと思うのは、繊細な感情を扱うことに長けているところ。どちらかというと私はスローでマイペースな人間なのですが、そういう時間感覚でしか見出せない「精巧さ」が日本の文化にはあって、それが自分にとても合っていると思うんです。日本の文化は、新しいものも伝統的なものも、どちらも好きですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』
『TAIWAN PLUS 2018 文化台湾』

2018年9月22日(土)、9月23日(日・祝)

会場:東京都 上野 上野恩賜公園

出演:
阿爆
黃連煜
女孩與機器人
桑布伊
謝銘祐
陳建年
and more

出店:
富錦樹FUJIN TREE
地衣荒物Earthing Way
+10・加拾
蘑菇MOGU
印花樂 inBlooom
and more
料金:無料

プロフィール

張鐵志(ちょう てぃえじー)

文化総会副事務総長、《Fountain新活水》編集長。台北生まれの作家で、文化政治評論家及び社会運動参加者である。長期にわたって、台湾の民主化及び中国人権問題、資本主義グローバル化などの議題に注目した。また、ロックと社会運動との関係にも関心の目を向ける。「旺報」文化特別版主任、「新新聞」副編集長を務めた。また、「中國時報」新聞、「文訊」雑誌、《信報》、《南方都市報》、《南都週刊》及び《東方早報》など雑誌媒体で「 コラム」を執筆するコラムニストである。「旺報」の創刊後に、初代編集長を務めた。2012年末より、《號外》編集長として勤務した。台湾に戻った後、何榮幸と共同でWebメディア《報導者》を立ち上げた。現在は中華文化総会副秘書長を務めている。

方序中(じょー ふぁん)

アートディレクター方序中が手掛けたアルバム《回家的路》、hush!樂團的《異常現象》、張惠妹的《偏執面》及び Matzka の《東南美》が連続4年間、2013年から2016年までの台湾の音楽アワード・金曲賞のベストアルバムデザイン賞にノミネートされた。また、《山歌唱來鬧連連之頭擺的情歌》、《日頭下.月光光》、《小花。門裡門外 家_寫真》で、台湾における最も権威あるデザイン界の栄誉賞ゴールデン・ピン・デザイン・アワードを受賞した。そして、2015年、《Shopping Deisgn》ライフスタイル誌に「ベストデザインチーム」として選ばれた。台湾で毎年行われる映画の賞「金馬賞(Golden Horse Awards)」の今年のポスターデザインを務め、大きな反響を呼んだ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Kitri“細胞のダンス”

ピアノ連弾ユニットKitriによる、大橋トリオプロデュースのメジャーデビューEP『Primo』から“細胞のダンス”のshortMVが公開。暗闇にひっそりと佇むピアノと、それを淡々と演奏する彼女達が作り出す不安定な世界観に徐々に引き込まれていく。跳ねる鍵盤はまさに細胞のダンス。映し出される手元と差し込む光、黒と赤のコントラストが美しい画面から目を離せない。(高橋)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生