特集 PR

『君の膵臓をたべたい』原作者×監督対談 教室の片隅で悩まないで

『君の膵臓をたべたい』原作者×監督対談 教室の片隅で悩まないで

『君の膵臓をたべたい』
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
撮影:小林真梨子 編集:久野剛士、川浦慧

悩みのつきない鬱屈とした時期を過ごす、教室の隅っこにいる存在。たくさん考えているのに言葉にうまくできず、人間関係に心を痛める人は、決して少なくない。

そうした人々の味方になれたらと、人対人の関係性を綿密に描きながら、やさしいメッセージを送る作家、住野よる。デビュー作の『君の膵臓をたべたい』通称『キミスイ』は累計270万部を突破し、実写映画も大ヒットした。

何度も生まれ変わる『キミスイ』をアニメという世界で蘇らせたのは、『ALL OUT!!』や『ワンパンマン』をはじめ、数々のアニメ作品を手がけてきた牛嶋新一郎監督だ。一度しか訪れない時間を「青春」と呼ぶならば、これほどまでに愛しく切ない時間はない。新しい『キミスイ』ワールドを作り上げた2人の青春時代を紐解きながら、映画が伝える人と人が対峙する難しさ、喜びについて考えた。

当時あった「人が怖い」という感情が、これまで発表した5冊それぞれの登場人物たちを生んだと思います。(住野)

—『君の膵臓をたべたい』アニメ化にあたって、2人が初めてお会いされたのはいつ頃だったのですか?

住野:初めてお会いしたのは『君の膵臓をたべたい』の実写映画が公開される前でした。今回は序盤のシナリオ作りから絵コンテチェックまで深く関わらせていただいて。何度も要望をお伝えして、修正してもらって。めっちゃ文句言う原作者だったなと思います。

牛嶋:どの作品も先生にとっては子どものようなものだと思いますので、思いが強くなるのは当たり前のことだと思いますよ。今回も、その思いの強さを感じました。特に登場人物たちの言動一つひとつに、細かく指示を出してくださいました。

左から:住野よる「本体」、牛嶋新一郎
左から:住野よる「本体」、牛嶋新一郎

—『君の膵臓をたべたい』は、他人に興味を持たずひとりで読書ばかりしている主人公「僕」と天真爛漫なクラスの人気者・山内桜良の学生生活が舞台です。おふたりはどのような学生時代を送られていたのですか?

牛嶋:僕はあまりいい生徒ではなかったですね。先生の言うことなんて全然聞かなくて、先生受けはよくなかったと思います。不良まではいかないけれども、高校では僕だけ茶髪でしたし(笑)。

住野:えー……! そうは見えませんね。どうしてだったんですか?

牛嶋:ほかの生徒と横並びにされたくなかったんでしょうね。「自分で考えて自分で行動したい」という思いが強かったので、みんなと一緒にされるのが嫌でした。

あとは、「いましかできないことをやりたい」という気持ちも強かったと思います。ずっとラグビーをやっていたのですが、プロのラガーマンになるつもりはなかったので、その場その場でやりたいことをやっていたらとても怒られまして。「俺のこと全然わかってないな」と生意気なことを思って適当に相槌を打っていたんですが(笑)、あまり深く先のことは考えないで、いましかできないことをやろうと思っていました。

牛嶋新一郎
牛嶋新一郎

住野:僕は、基本的にずっと図書館にいました。図書館や放課後に立ち寄る本屋さんで、時雨沢恵一さんや有川浩さん、乙一さんなど素晴らしい物語を書かれる作家さんに出会いました。

牛嶋:『君の膵臓をたべたい』の主人公のようだったんですね。

住野:主人公の「僕」と同じように人が怖かったし、それはいまでも変わらないですね。彼ほどクラスメイトとの関係など、すべてを割り切って生活はしていなかったと思いますが。

でも、当時あった「人が怖い」という感情が、『君の膵臓をたべたい』の主人公をはじめ、これまで発表した5冊それぞれの登場人物たちを生んだと思います。これまでの登場人物たちはみんな、僕の悪い面を受け継いでるなと思うので。

左から:高杉真宙、「僕」キャラクタービジュアル ©住野よる/双葉社 ©君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
左から:高杉真宙、「僕」キャラクタービジュアル ©住野よる/双葉社 ©君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

—たとえば、『君の膵臓をたべたい』の主人公が人と関わりたくないと思っているのは、住野さん自身の「人が怖い」という感情からきているものだと。

住野:そうですね。ほかにも、『また、同じ夢を見ていた』(2016年)の主人公が、本を読む楽しさを知っている自分は周りよりも頭がいいと思っていた、という一面があるのですが、それは子どもの頃の自分にもそういう一面があったんだと思います。「このままじゃ駄目だぞ」と、自分や自分に似てるかもしれない誰かに、登場人物たちを通して伝えられればと思ってます。

実際には全然変われていないのですが、僕の本はすべて「人は変わろうと思えるはずだ」というテーマがあるので、自分の中で変わりたいと思っている部分が登場人物たちの悪い部分になりがちなんですよね。

Page 1
次へ

作品情報

『君の膵臓をたべたい』
『君の膵臓をたべたい』

2018年9月1日(土)から全国公開

監督・脚本:牛嶋新一郎
原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社)
音楽:世武裕子
アニメーション制作:スタジオヴォルン
主題歌:sumika
声の出演:
高杉真宙
Lynn
藤井ゆきよ
内田雄馬
福島潤
田中敦子
三木眞一郎
和久井映見
配給:アニプレックス

プロフィール

住野よる(すみの よる)

高校時代より執筆活動を開始。小説投稿サイト「小説家になろう」にアップした『君の膵臓がたべたい』(初出時は『君の膵臓を食べたい』)が編集者の目にとまり、2015年6月に同作で作家デビュー。第2作『また、同じ夢を見ていた』、第3作『よるのばけもの』、第4作『か「」く「」し「」ご「」と「』もベストセラーに。

牛嶋新一郎(うしじま しんいちろう)

アニメ監督。アニメ『ちはやふる』設定制作、『アイアンマン:ライズ・オブ・テクノヴォア』設定制作、『HUNTER×HUNTER』の演出・絵コンテ、『ワンパンマン』助監督、『ALL OUT!!』副監督などを担当。『君の膵臓をたべたい』で初の長編監督に抜擢された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年