特集 PR

キュウソネコカミらしいラブソングとは? こだわりと挑戦に迫る

キュウソネコカミらしいラブソングとは? こだわりと挑戦に迫る

クボタ「LOVE米プロジェクト」
テキスト
麦倉正樹
編集:石澤萌

アニメ『メジャーセカンド』のオープニング曲となったシングル『越えていけ』を2018年4月にリリースして以降、地元・神戸では最大キャパとなる神戸ワールド記念ホールでのワンマンライブを実施、そして今夏の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』では、最も大きなステージである「GRASS STAGE」へ初出演を果たすなど、バンドとしてさらなるスケールアップを果たしたキュウソネコカミ。

その彼らが、怒濤の勢いで駆け抜けた2018年を締めくくるべく、実に364日ぶりとなるニューアルバム『ギリ平成』をリリースすることが決定した。大晦日の『COUNTDOWN JAPAN 18 / 19』への出演、2019年1月からは全国ツアーも予定するなど、そのアルバムタイトルのごとく、残り少ない「平成」の日々をギリギリまで駆け抜けようとしている彼らは、この機会にアーティストイメージも刷新。今回は、中央に位置するヤマサキセイヤ(Vo,Gt)が……あれ、いない? と思ったら、まさかの「米粒」へと変化しているのだった。

独特のアー写は、他のバンドより目立つため。新アルバムではキュウソでは珍しい「ラブソング」にも挑戦

ヤマサキ(Vo,Gt):僕らのアーティストイメージは、ずーっとイラストで、毎回俺だけが違うパターンなんですよ。今回は「米」がテーマの歌が入るから、「俺を米にしてくれ」ってお願いしたんです。

ヨコタ(Key,Vo):このアーティストイメージもキュウソ独特で、普通アーティスト写真って、暗いトーンでかっこつけているのが多いじゃないですか。それを真っ白の一枚画にすると、めちゃめちゃ目立つんです(笑)。

キュウソネコカミの新アー写。5人組なのに4人…と思いきや、ヤマサキセイヤ(Vo,Gt)は、中央の米粒に変身していた
キュウソネコカミの新アー写。5人組なのに4人…と思いきや、ヤマサキセイヤ(Vo,Gt)は、中央の米粒に変身していた

ところで、「米がテーマの歌」ってなんだろう。どうやらそれは、ニューアルバムのリード曲でもある“米米米米”(読み:べいまいべいべー)のことであるようだ。ニューアルバムはもちろん、最新のアーティストイメージにまで大きな影響を与えたというその曲は、あるプロジェクトから生まれた曲だという。

2018年12月5日に発売予定の新アルバム『ギリ平成』
2018年12月5日に発売予定の新アルバム『ギリ平成』(Amazonで購入する

農業機械メーカーであるクボタが、日本の農業を応援するために始めた「LOVE米プロジェクト」。その一環として生み出された特別映像の音楽担当に、キュウソネコカミが大抜擢されたのだ。「LOVE 米」=「ラブコメ」という発想から、人気ラブコメ5作品『アフロ田中』シリーズ、『うる星やつら』『からかい上手の高木さん』『ツルモク独身寮』『ハヤテのごとく!』の名シーンを米粒に描き出し、キャラクターたちがお米への愛を熱く語る「ラブ米」ストーリーとして再構成している。

キュウソネコカミはその内容に合わせて、彼らにとって新たな試みとなるラブソングに挑戦したという。今回の企画のオファーが届いたとき、彼らはどんなことを感じたのだろうか。

ヤマサキ:僕ら、基本的にラブソングを歌わないバンドなんですよね。歌えないって言ったほうがいいかもしれないけど(笑)。ただ、「ラブ」は歌えないけど、お米に愛を伝えたいっていう方向だったら書けると思って。普段は歌詞のなかで「愛してる」とか、恥ずかしくてなかなか使えないけど、その対象がお米だったらなんの照れもない(笑)。ラブソングを歌えて、僕らとしてもすごい嬉しかったし、いい経験になりました。

ヨコタ:キュウソネコカミというバンドと「ラブコメ」を結び付けてくれる人がいて、ありがたいと思いました。僕ら、与えられたことをまっすぐやれるバンドなのに、なかなか見出されてない感じがあって。

「ラブ」だけじゃなくて、「コメディ」っていうのがよかったですよね。コメディなので、僕らの明るさがすごい出せたかなって思います。

ヤマサキ:あと、僕は実際お米大好きで、居酒屋の締めでごはん食いたいって思うぐらいお米派なんですよね(笑)。

左から:ソゴウタイスケ(Dr)、オカザワカズマ(Gt)、ヤマサキセイヤ(Vo,Gt)、ヨコタシンノスケ(Key,Vo)、カワクボタクロウ(Ba)
左から:ソゴウタイスケ(Dr)、オカザワカズマ(Gt)、ヤマサキセイヤ(Vo,Gt)、ヨコタシンノスケ(Key,Vo)、カワクボタクロウ(Ba)
Page 1
次へ

リリース情報

キュウソネコカミ『ギリ平成』完全限定生産盤
キュウソネコカミ
『ギリ平成』完全限定生産盤(CD + DVD)

2018年12月5日(水)発売
価格:4,104円(税込)
VIZL-1473

[CD]
1. 推しのいる生活
2. The band
3. ただしイケメンに限らない
4. 馬乗りマウンティング
5. 遊泳
6. 真面目に
7. KENKO不KENKO
8. ピクピク
9. 炊き上がれ召し上がれ
10. 米米米米
11. 越えていけ
12. ギリ昭和
[DVD]
『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous)– 越えていけ 編 –ドキュメント』
『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous)– The band 編 –ドキュメント』
『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous)– The band 編 –ツアーファイナル・ライブ(at 新代田FEVER 2018.8.28)』

キュウソネコカミ『ギリ平成』通常盤
キュウソネコカミ
『ギリ平成』通常盤(CD)

2018年12月5日(水)発売
価格:2,808円(税込)
VICL-65077

1. 推しのいる生活
2. The band
3. ただしイケメンに限らない
4. 馬乗りマウンティング
5. 遊泳
6. 真面目に
7. KENKO不KENKO
8. ピクピク
9. 炊き上がれ召し上がれ
10. 米米米米
11. 越えていけ
12. ギリ昭和

プロフィール

キュウソネコカミ
キュウソネコカミ

2009年12月、大学の軽音楽部内で就職活動に敗れた者達を中心に兵庫県西宮で結成。ヤマサキセイヤ(Vo/Gt)、オカザワカズマ(Gt)、カワクボタクロウ(Ba)、ヨコタシンノスケ(Key/Vo)、ソゴウタイスケ(Dr)による5人組バンド。2012年3月に1stフルアルバム『10代で出したかった』、12月に2ndフルアルバム『大事なお知らせ』、2013年10月に1stミニアルバム『ウィーアーインディーズバンド!!』を発表する。そして、2014年4月1日、ビクターに入団。2014年に出演したフェスやイベントでは、入場規制がかかるなど注目度の高さを証明し、メジャーにフィールドを移したあとも精力的に活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生