特集 PR

深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う

深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う

『パンとバスと2度目のハツコイ』
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
撮影:小林真梨子 編集:久野剛士・川浦慧(CINRA.NET編集部)

「はじめて」というのは得てして美しく、甘さも苦さも、大切な思い出として心に刻まれる。映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で初主演をつとめた深川麻衣は、初日舞台挨拶で「自分にとって一生に一度の初主演、何年後かに振り返ったときにターニングポイントとして残り続けると思います」と話した。香りや情景、一つひとつのシーンに思いを馳せて、大切そうに話す深川の姿は「はじめて」の尊さを感じるものだった。

なぜ、人は「はじめて」に惹かれるのだろうか? 『パンとバスと2度目のハツコイ』で「はじめて」に向き合った今泉力哉監督と深川麻衣に「初恋」と「はじめてのこと」、ふたつの議題を投げかけて話してもらった。

見た目で「かっこいいな」と一瞬思ったとしても、保守的な性格なので、内面を知ってからでないと好きには踏み込めないです。(深川)

—DVDの特典映像である「ビジュアルコメンタリー」を拝見して、おふたりは気を置けずに話ができる間柄なのかなと感じました。監督と女優という距離感は保ちつつも、お互いにフランクに話をされていて。

深川:『パンとバスと2度目のハツコイ』(以下、『パンバス』)の撮影のときから、今泉監督はお話をする時間を作ってくださる方だったので、いつもお会いするのは楽しみですね。

今泉:街中で偶然2回も会ったことがあるんですよ。撮影前にちょうど脚本を渡したばかりの頃と、撮影後に、1日に2度も別々の場所でお会いして。不思議なご縁ですよね。

左から:今泉力哉、深川麻衣
左から:今泉力哉、深川麻衣

—それはすごいですね。今回はおふたりと「はじめて」について考えたいと思い、ふたつほど議題を持ってきました。まず、『パンバス』のテーマでもある初恋について。おふたりの初恋はいつでしたか?

深川:私は小学校1年生から6年生までの6年間、同じ男の子に片思いをしていました。その子は外で活発に遊ぶ子たちとも、インドアタイプの子たちとも仲良くしている珍しい子で、私もよく一緒に遊んでいました。

今泉:クラスでモテる男の子でした?

深川:運動神経が抜群なタイプではなかったので、モテモテではなかったですね。でもある日、いきなり私にうさぎの消しゴムが3つ入ったケースをくれたんです。それがとってもうれしくて。家の机の、鍵がかかる引き出しの中にこっそり入れて、ずっと大切に閉まっておいたのを覚えています。クラスが離れても、ずっと好きでした。

今泉:クラスが離れ離れになってもずっと好きなのは、すごいことですね。その頃って、次に好きな人ができるまでは、ずっと同じ人を好きでいるような気がします。

深川:私も、どうしてずっと好きでいられたのか理由はわからないです。バレンタインに彼が好きな手作りのチーズケーキを渡す程度で、告白もせずに終わりましたし、彼も私が好意を寄せていたことは知らないと思います。でも、中学校がバラバラになってしまって、不思議なことにふと気持ちがなくなっていきましたね。監督はどんな初恋でしたか?

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で主人公ふみを演じた深川麻衣 © 2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で主人公ふみを演じた深川麻衣 © 2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

今泉:なにを初恋とするか、という議論もありますけど、きちんと「好きになった」という意味では小学校3年生から6年生までの3年間、片思いをしていた女の子がいます。クラスのノリのいい奴らの道連れで、卒業式で強制的に告白させられましたよ。

じゃんけんで負けた人から告白したんですけど、僕は勝って最後になってしまって。みんなが緊張して全然告白しないから、結局卒業式終わりの帰り際に、言い逃げするみたいに告白をしました。

深川:返事も聞かずにですか?

今泉:どうせダメなことはわかっていたので、返事は聞かなかったですね。彼女とは中学校が一緒で1年間くらい変な距離感になってしまったんですけど、2年生のときに、彼女はバスケ部だったのに、辞めて急に僕がいた卓球部に入ってきたんですよ。「なんで?」って気持ちで、ずっと彼女には翻弄されていたように思います(笑)。

深川:でも、たしかに監督が言うように初恋ってどこからなんだろう? と思います。

今泉:僕は幼稚園でも、小学校入学当初にも、なんとなく好きな子はいたので純粋に数えればいま話した子は3人目。でも、きちんと「好きになった」と言えるのは彼女がはじめてなので、それが初恋なのかなと。

—いま思い返すと、「初恋」とはどういうものですか?

深川:なんでしょう、懐かしいですね。

今泉:お互いにいまなにをしているか知っているんですか?

深川:知っていますけど、再会しても映画のようにもう一度恋に落ちることはないと思います。私の初恋は「いい思い出」として記憶されてしまっているので。

今泉:でも、初恋の人にいま会うと、不思議な感じになりますよね。僕もその人の現在を知っているんですけど、いま会っても「ああ、この人を好きになってよかったな」と思います。むちゃくちゃな人になっていないし、いまも変わらず素敵な方で、僕は見る目があったなって(笑)。

深川:その気持ち、わかります(笑)。私の好きだった人も、いまもいい人そうでよかったです。

深川麻衣

—そもそも「好き」がわからないから好きな人ができない、という人が最近多いですよね。

深川:多いですね。取材で聞いてびっくりしたのが、すごく好きだったのに、振り向かれると冷めてしまうって人が多いことです。それって不思議だなあって。

今泉:その設定は、僕の映画でよく描かれることですね。僕もずっと理想を追っていたい。「好きな人=理想像」だから崇め続けていたいのに、両思いになってしまうと僕と同じラインまで降りてきてしまう感覚があって、冷めてしまうんですね。

深川:監督は人を好きになりやすいですか?

今泉:昔のほうが、順序立てて時間をかけて、きちんと人を好きになっていたように思います。いまは、簡単に人を好きになっちゃいますね(笑)。

深川:えー(笑)。どうして、簡単に人を好きになれるんですか?

左から:伊藤沙莉、深川麻衣 © 2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
左から:伊藤沙莉、深川麻衣 © 2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

今泉:惚れっぽいんだと思います。結婚していなかったら、未だに告白して振られる、を繰り返していたかもしれない。

深川:きっと、監督は人の長所や魅力的なポイントをすぐに見つけられるのかもしれませんね。だから、すぐに人を好きになってしまうのかも。

今泉:いいように言っていただいて、ありがとうございます(笑)。深川さんは、人をすぐに好きにならないですか?

深川:人をすぐに好きになることはないですね。一目惚れも経験ないです。見た目の好みはあると思いますが、「かっこいいな」と一瞬思ったとしても、保守的な性格なので、内面を知ってからでないと好きには踏み込めない。怖いのだと思います。

今泉:たしかに見た目だけで判断することは怖いですけど、時間をかけなくても少し話すだけでどんな人かわかるものだと思っています。でも、究極「好き」って人それぞれ。恋愛相談を一度受けたことがあるのですが、曖昧な答えしか返せなかったです。

今泉力哉
Page 1
次へ

リリース情報

『パンとバスと2度目のハツコイ』初回生産限定盤
『パンとバスと2度目のハツコイ』初回生産限定盤(Blu-ray)

2018年11月21日(水)発売
価格:7,992円(税込)

『パンとバスと2度目のハツコイ』通常盤
『パンとバスと2度目のハツコイ』通常盤(Blu-ray)

2018年11月21日(水)発売
価格:5,184円(税込)

『パンとバスと2度目のハツコイ』通常盤(DVD)

2018年11月21日(水)発売
価格:4,104円(税込)

プロフィール

今泉力哉(いまいずみ りきや)

1981年福島県生まれ。映画監督。2010年『たまの映画』で商業監督デビュー。2013年『こっぴどい猫』がトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞受賞。『サッドティー』『知らない、ふたり』『パンとバスと2度目のハツコイ』など、独自の恋愛映画をつくり続ける。映画以外にも乃木坂46の特典映像なども手がける。最新作は角田光代原作『愛がなんだ』(第31回東京国際映画祭コンペティション部門)。また公開待機作に伊坂幸太郎原作『アイネクライネナハトムジーク』がある。

深川麻衣(ふかがわ まい)

1991年3月29日生まれ、静岡県出身。乃木坂46の1期生として2011年8月に加入。2016年3月発売14thシングル「ハルジオンが咲く頃」で”センター”を務める。同年6月、グループを卒業。2017年は、舞台「スキップ」や、ドラマ「世にも奇妙な物語‘17秋の特別編ポニーテール」(2017年/CX)での主演など女優としての活動で注目を集め、『パンとバスと2度目のハツコイ』で映画初出演にして初主演。出演作『愛がなんだ』の公開が控えている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告