インタビュー

大谷ノブ彦×柴那典が語る2018年のBTS、そして音楽と政治

大谷ノブ彦×柴那典が語る2018年のBTS、そして音楽と政治

テキスト
柴那典
撮影:CINRA.NET編集部 編集:中島洋一、山元翔一(CINRA.NET編集部)

CINRA.NETでリブートした、大谷ノブ彦(ダイノジ)と、音楽ジャーナリスト・柴那典による音楽放談企画「心のベストテン」。第2回となる今回は、メンバーが過去に着用していた「原爆Tシャツ」が物議を呼び、11月9日放送の『ミュージックステーション』への出演がキャンセルとなった、韓国のヒップホップアイドルグループ「BTS(防弾少年団)」について。

音楽と政治の関係、K-POPを見習ったJ-POPの海外戦略の是非、BTS以降の新しい感性を持った国内アーティストの登場など、音楽トークをお届けします。

BTSについてメディアで何か語ることが腫れものに触れるような扱いが続くならば、それは今後10年、日本の音楽文化に大きな禍根を残すと思います。(柴)

:今回はBTS(防弾少年団)について語ろうと思うんです。

大谷:いいのいいの? 炎上しちゃうんじゃない?(笑)

:いいんです! だってこれは2018年のポップミュージックを語るうえで避けては通れない話ですから。まず事実を整理すると、BTSは11月9日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日 / 以下、『Mステ』)に出演予定だったわけですけれど、メンバーが過去に着用していた原爆の写真がプリントされたTシャツをテレビ朝日側が問題視したことで、出演が見送られた。

大谷:年末の音楽番組の出演もすべてキャンセルになった。

:そうですね。いろいろ入り組んだ話ではあるんですけれど、まず僕は本当に悲しいんですよ。何より「見たかった」というシンプルな気持ちがある。

大谷:それは本当にそう!

:それだけじゃなくて、このタイミングでちゃんと警鐘を鳴らしておかなきゃいけないと思ってるんです。『Mステ』だけじゃなく日本の音楽番組がBTSを本気で締め出そうとして、BTSについてメディアで何か語ることが腫れものに触れるような扱いが続くならば、それは今後10年、日本の音楽文化に大きな禍根を残すと思います。

大谷:うん。僕もまったく同じ意見ですわ。

左から:柴那典、大谷ノブ彦(ダイノジ)
左から:柴那典、大谷ノブ彦(ダイノジ)

:というのも、歌謡曲もJ-POPも、日本のポップミュージックって、海外の文化を取り入れて翻案することで発展してきた歴史があるわけじゃないですか。

大谷:カレーと同じですよね。その国の文化をダイレクトに持ってきちゃうとちょっと辛すぎるというか、小麦粉でとろみ入れてほしくなる、みたいな。

:そうそう。言うなれば、「カレーうどん」化してきたんですよね。

大谷:BTS自体にもそういうところありますよね。特に今年発表された“IDOL”がめちゃくちゃカッコよくて。EDMとかトラップの要素が入ってて、クラブでかけても盛り上がるんですけれど、クラブミュージックの最先端をそのままやってるというより、もう少しみんなの口に合うようにしてくれてる感じがする。

:この曲でやってるサウンドは「ゴム」って呼ばれているんですよ。南アフリカのダンスミュージックの一番新しいサウンドを取り入れて、それとK-POPのスタイルを融合している。

大谷:なるほどなぁ。

:で、BTSが全米1位をとったことが象徴しているのは、2018年、特にアメリカでエイジアンカルチャーの勃興が起こっているということで。今度はそれに対してJ-POPの側がどう応答するかが、すごくおもしろいわけじゃないですか。

大谷:それで言うと、宇多田ヒカルさんがアジアのラッパーをフィーチャリングした曲もめちゃめちゃいいですよね。ああいうのが今の時代だと思うし、あれこそ『紅白』でやるべきだよなぁ。

宇多田ヒカル“Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)”(Apple Musicはこちら

「音楽に政治を持ち込むな」と言う人は、「政治」を単なるイデオロギー闘争とみなしているんだと思うんです。(柴)

:そのうえで大事なことをちゃんと話しておこうと思うんですけれど、「音楽に政治を持ち込むな」と言う人がいますよね。

大谷:いますね。

:じゃあ「政治」って何ですか? って僕は思うんです。僕なりの定義で言うと、政治とは「公共性のデザイン」。つまり、問題解決のために社会的な合意形成をすることであって、党派性にわかれて石を投げ合うことではない。

「音楽に政治を持ち込むな」と言う人は、「政治」を単なるイデオロギー闘争とみなしているんだと思うんですけど、そうじゃなくて、音楽は人々の価値観を通して社会に影響を与えるものだから、そこに政治性が含まれるのは自明のことだと思うんです。

大谷:なるほど。僕が思うのは、大前提として、僕は日本人だし、平和教育を受けてきたし、あんなふうに原爆の写真が使われるのはイヤですよ。それは伝えたいし、知ってもらいたい。

ただ、あのデザインは韓国の独立を示しているわけですよね。韓国にはかつて日本の植民地だった歴史があって、そこから民主化運動をやってきた歴史もある。最近だってキャンドルデモがあったし。そして、カルチャー側の人たちがそういうことを語り継いできた文化がある。僕らが隣の国に住んでいる人がどんなふうに民主主義を勝ち取ったかを知るのも大事なことだと思う。

『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』(2018年日本公開)予告編。1980年5月18日から27日にかけて韓国で起きた「光州事件」(「ソウルの春」に端を発する民主化運動、および民衆の蜂起)を題材にした作品

:そうそう。まずは、お互いのことを知るということ。「社会的な合意形成」って言いましたけど、つまりはそこからはじまるものが「政治」だと思うんです。

でも、今回はそういう意思疎通をしっかりする前に番組が出演させないという決断をした。つまり、今起こっているのは、日本のテレビ局が音楽やエンターテインメントと社会を接続することを拒否したということだと思うんです。

大谷:日本では本当にそういうことが多いですよね。「#MeToo」の問題だって、結局、告発した人を吊るし上げるような話になっちゃったし。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロフィール

大谷ノブ彦(おおたに のぶひこ)

1972年生まれ。1994年に大地洋輔とお笑いコンビ・ダイノジを結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。音楽や映画などのカルチャーに造詣が深い。相方の大地と共にロックDJ・DJダイノジとしても活動。著書に『ダイノジ大谷ノブ彦の 俺のROCK LIFE!』、平野啓一郎氏との共著に『生きる理由を探してる人へ』がある。

柴那典(しば とものり)

1976年神奈川県生まれ。音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立、雑誌、ウェブなど各方面にて音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は「AERA」「ナタリー」「CINRA」「MUSICA」「リアルサウンド」「ミュージック・マガジン」「婦人公論」など。日経MJにてコラム「柴那典の新音学」連載中。CINRAにてダイノジ・大谷ノブ彦との対談「心のベストテン」連載中。著書に『ヒットの崩壊』(講談社)『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版)、共著に『渋谷音楽図鑑』(太田出版)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」