特集 PR

常識が創造力に及ぼす悪影響 よしいちひろ×佐藤ねじ親子鼎談

常識が創造力に及ぼす悪影響 よしいちひろ×佐藤ねじ親子鼎談

サントリー『水と生きる デジタルミュージアム』
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
撮影:新妻和久 編集:久野剛士、石澤萌(CINRA.NET編集部)
「あれをやってみたい」「こんなものを作ってみたい」と発する、豊かな子どもの創造力。それをのびのびと育んでいくために、親ができることはなんなのだろう? 教育方針に、きっと正解はない。しかし、創造力を持った大人であるクリエイターのパパやママは、どのように子どもと向き合っているのだろうか。

サントリー『水と生きる デジタルミュージアム』の企画展に参加した1児の母であるイラストレーターのよしいちひろ、小1男子と、彼をサポートした父親の佐藤ねじの3人に、制作した作品を通して「子どもの創造性を育てる」ことについてお話を伺った。

自然は、子どもの自由な発想を豊かにしてくれる環境なのかもしれません。(よしい)

よしい:私、ねじさんの窓の光でひらがなを映す作品を以前拝見しました。

ねじ:『くらしのひらがな』ですね。(小1男子に向かって)覚えてる?

佐藤ねじの作品『くらしのひらがな』

小1:あー、引っ越す前のだ。

左から:よしいちひろ、小1男子(佐藤ねじの息子)、佐藤ねじ
左から:よしいちひろ、小1男子(佐藤ねじの息子)、佐藤ねじ

—私も『MilK JAPON』(フランス・パリで誕生した雑誌『MilK』の日本版)のブログで、よしいさんがお子さんと創作を楽しまれている姿を拝見しています。

ねじ:立体ですか? 平面ですか?

よしい:子どもは立体が多いですね。はじめは私が作っていたんですけど、最近は見よう見まねで、自ら空き箱を使って作品を作っています。

—今回、よしいさんと小1男子くんはサントリーが9月に新設したウェブ上の『水と生きる デジタルミュージアム』の企画展「空想の森」に参加されました。『水と生きる デジタルミュージアム』は、「水と生きる」をテーマに、きれいな水を育む森や、さまざまな生きものたちの大切さを考えるきっかけに、という願いを込めて開設されたものです。よしいさんは、自然に囲まれた生活環境を選ばれていますが、それはお子さんにとってどんな影響がありましたか?

よしい:たとえばフィンランド人のアーティストなんかを見ると、明らかに豊かなインスピレーションの源として自然の存在を感じるんですよ。でも、私の住む多摩地方程度の自然では、原風景としてどれくらい子どもの心に残るのかはいまのところわかりません。

でも、子どもっておもちゃがなくても「名前のない遊び」をいくらでも生み出します。蛇口から出る水を手で遮ったり、水たまりを三輪車で行き来したり、放っておいたらそういうことを延々と続けてる。そうした点では、自然に囲まれた生活って自由な発想を豊かにしてくれる環境なのかもしれません。そういう名前のない遊びができることを大切にして欲しい。

あと、住んでいる人たちがのびのびとしているのも住心地がいいです。走り回っても怒られないし、子どもも私も気持ちにゆとりが生まれますね。そのことは、子どもがおおらかに育つ作用を与えると思います。

よしいちひろ
よしいちひろ
よしいちひろのイラスト

ねじ:わが家も周りに河川敷と森が両方あるので、息子は好きなときに好きなように遊んでいますね。以前は「原っぱ大学」という、逗子で山の中を冒険する子どものアクティビティーに通ってたね。

佐藤ねじ
佐藤ねじ

小1:いま、いちばん行きたいところ! あそこね、探検が楽しいの。崖を登ったり降りたりね、ルートもたくさんあってね、行っちゃダメな場所がわからないの。いちばん大変だったのはね、シダの森かな。シダがたくさん生えてて、上からごろごろ岩が落ちてきて、迷子にもなったよ。

ねじ:性格がビビりだったのに、たくましく成長しましたね。危険を察知したら逃げるタイプだったのが、自分から前に進むようになりました。森で迷ったら、どっちに行くか覚えてる?

小1:たしか太陽の方向かな。上のほうに行けば街が見えるって言われた。

小1男子
小1男子
Page 1
次へ

リリース情報

サントリー『水と生きる デジタルミュージアム』
サントリー
『水と生きる デジタルミュージアム』

生命のみなもとである水や、きれいな水を育む森、さまざまな生きものたちの大切さを考えていける。「水と生きる」をテーマに、作品を展示するデジタルミュージアム。

プロフィール

佐藤ねじ(さとう ねじ)

1982年生まれ。プランナー/アートディレクター。面白法人カヤックから独立後、Blue Puddle Inc.設立。「空いてる土俵」を探すというスタイルで、WEBやアプリ、デバイスの隙間表現を探求。代表作に『Kocri』『しゃべる名刺』『貞子3D2』『本能寺ストーブ』『レシートレター』『世界で最も小さなサイト』など。日経BPより「超ノート術」を出版。

小1男子(しょういちだんし)

佐藤ねじの息子。「5歳児が値段を決める美術館」のクリエイター。「息子シリーズ」は佐藤ねじの個人プロジェクトです。子供が生まれてから毎年、その年齢に合わせて、何か作品を制作しています。ルールとして、企画とデザインは佐藤ねじが作るものの、アウトプットの核となる部分は子供が生み出したもので構成すること。ホームビデオ的な要素と、社会的なメッセージを組み合わせるなど、その年ごとの「取れ高」に応じて、作っています。

よしいちひろ

1979年兵庫県生まれ、東京都在住。女性の憧れや日常を、やわらかくみずみずしいタッチで描く作風が人気を呼び、雑誌や書籍、広告などで幅広く活躍。参加企画展に、『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2016 暮らしになじむLOHACO展』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告