特集 PR

永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今

永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今

SEBASTIAN X 結成10周年企画第三弾「ワンマン X」
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:馬込将充 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部) 取材協力:吉祥寺Warp

「人が変わったら、音が変わっちゃうじゃん」っていうことに関しては、すごくナイーヴなメンバーたちだと思います。

—真夏さんは常々、「SEBASTIAN Xはメンバーチェンジはない」ということを言い続けていますよね。今回は10周年インタビューでもあるので、改めてバンドの結成時を振り返って、その結びつきの強さの源を探っていきたいと思います。

永原:まず、(工藤)歩里と高校で出会ったんです。歩里は、Sex PistolsのTシャツを着て、南京錠とかつけてて、「マジかっけえ」って思ったのが最初。

工藤歩里(SEBASTIAN X)
工藤歩里(SEBASTIAN X)

永原:私たち、一緒にプリクラ撮って「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」って書くようなロック少女だったんですよ(笑)。

—プリクラにミッシェル(笑)。

永原:そう(笑)。最初はクラスの男子とコピバンをやっていたんですけど、「ライブハウス出てみない?」って誘われてメンバーを探していたときに出会ったのが飯田で。飯田は、歩里の幼馴染の同級生で、すでにオリジナルをガンガンやってました。そこに沖山くんも加わったんですけど、当時はみんなパンクな感じでしたね。

飯田裕(SEBASTIAN X)
飯田裕(SEBASTIAN X)
沖山良太(SEBASTIAN X)
沖山良太(SEBASTIAN X)

永原:で、高円寺とか吉祥寺のライブハウスに出るようになって、それがSEBASTIAN Xになっていくんです。

—じゃあ、最初は「パンク」がみんなの共通点だった?

永原:うーん……パンクが好きだから集まったというより、「バンドやりたいヤツ」って感じだったと思います。高校生でちゃんとバンドやりたい人ってなると、絶対数が限られるので。だから……やっぱり私たちの場合、高校生からずっと一緒っていうのは大きいんですよね。出会ったときは価値観も全然固まってなくて、4人でそれを一緒に作ってきたのかなと思う。

—一緒に価値観を形成していくなかで、「このメンバーじゃないと」っていう確信みたいなものも同時に形成されていった?

永原:単純に、「メンバーが変わっちゃうと、バンドが変わる」っていう話でもあるんですよね。「人が変わったら、音が変わっちゃうじゃん」っていうことに関しては、すごくナイーヴなメンバーたちだと思います。

「やってみないとわかんないじゃん」っていうのが自分のなかで一番リアル。

永原:あとSEBASTIAN Xは、みんなの個性を持ち寄って、アレンジを作ってきたバンドだからっていうのも大きいかもしれない。「こういう音楽をやってみよう」っていうよりも、「どうやってピアノとピアノの間を埋めるか」とか「どうやったらピアノとベースとドラムで『バンッ!』って鳴るか」とか、そういうことを考えながら作ってきたバンドなので、きっとこの4人しか知らない秘密のコツがあるんですよ。それがなくなったら、SEBASTIAN Xの音じゃなくなっちゃうっていう、シンプルな話かも。

—激しい音楽をやるのにギターレスっていう編成にしろ、アカペラから作るっていう作曲法にしろ、なかなか他には見当たらないですもんね。

永原:そうですね。それに沖山くんは左利きで、カウベルの入る位置が独特だし、ギターアンプとベースアンプを両方使うベースも飯田ならではのやり方だし、キーボードも単純にクラシック出身の上手い人がテクニックでどうこうできるものじゃない。得も言われぬコツをみんなが持ってるんですよね。ダイナミクスとかレンジとか、ミッドローの埋まり方とか、SEBASTIAN X独自のものがあって、それって研究してわかるものでもないと思う。

SEBASTIAN X『ひなぎくと怪獣』(2012年)収録曲

SEBASTIAN X『イェーイ』(2014年)収録曲

—今のSEBASTIAN Xはどこかに所属するとかではなく、バンド運営も自分たちでやってるわけですよね?

永原:そうです。それを決めるのも……だいたい、ひと悶着あるんですよ(笑)。それを乗り越えてきたのも、大きいかもしれない。ずっとお世話になった事務所から独立しようってときも、もちろん、4人だけで作ってきたバンドではないっていうことはみんな重々わかっていながらも、でも「4人ではじめたことだから、もう一度4人でやろう」っていう、4人のなかではシンプルな考え方だったし。そういうことがこれまで何度もあったんです。

—SEBASTIAN Xって、ひと通り経験してるバンドじゃないですか。大手の事務所、個人事務所、インディレーベル、メジャーレーベル、そして、今は自分たちだけ。しかも、この10年は音楽業界も大きな変化の時期で。

永原:この10年はヤバかったですよね……信じられない!(笑)

—SEBASTIAN Xはその荒波を乗りこなしてきたのか、翻弄されてきたのか……。

永原:よくも悪くも、翻弄されてきたと思う。でも、翻弄されるだけの強さもあった。それは「とりあえず、やってみよう」っていう精神があったからだと思うんですよね。

「やってみないとわかんないじゃん」っていうのが自分のなかで一番リアルで、全部やってみて、翻弄される力を身につけたっていうのは、10年続いたコツかもしれない。私、どんなに強い意志があったとしても、実際の行動には勝てないと思っていて、とにかく行動して、体感していった10年だったと思うし、その10年が今の自分をマジで作ってると思います。

SEBASTIAN X
Page 2
前へ 次へ

アイテム情報

「☆と詩によるスマホオーケストラ」
「☆と詩によるスマホオーケストラ」

SEBASTIAN Xの約3年半ぶりの新曲“愚かなる大人たちへ”の一節をあしらった、CINRA.STOREオリジナルiPhoneケース
ケース価格:4,500円(税込)

イベント情報

『SEBASTIAN X 結成10周年企画第三弾「ワンマン X」』

2018年12月23日(日・祝)
会場:東京都 渋谷 WWW X
料金:前売3,300円 当日3,800円(共にドリンク別)

プロフィール

SEBASTIAN X(せばすちゃん えっくす)
SEBASTIAN X(せばすちゃん えっくす)

2008年吉祥寺にて結成。ボーカル、キーボード、ベース、ドラムスからなる男女4人組。独特の切り口と文学性が魅力のVo.永原真夏の歌詞と、パワフルだけど愛らしい楽曲の世界観が話題となる。これまでにミニアルバムを含め7作品をリリースしながら精力的なライブ活動を展開。2015年赤坂ブリッツでのワンマンライブののち2年間の休止期間に入るも、2017年4月に活動再開、"TOKYO春告ジャンボリー2017"を主催し、自主制作音源『メトロポリス』をリリース。2018年、結成10周年を迎えマイペースに活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材