特集 PR

枝優花×松居大悟対談 エゴサで見る熱い感想が、次を生み出す

枝優花×松居大悟対談 エゴサで見る熱い感想が、次を生み出す

『少女邂逅』
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「邂逅」──思いがけなく出会うこと、偶然の出会い。人生には運命的であり、必然的な出会いが数多く存在し、あらゆる出会いによって自身の人生が形成される。

今年、インディーズ映画ながら数々の国際映画祭に出品され、新宿武蔵野館で9週間のロングラン上映がされた『少女邂逅』。本作の監督、枝優花はこの作品をきっかけに若手監督 / 写真家として注目を浴びることになった。学生時代に彼女が監督の道を進むことになるきっかけを与えたのが、映画監督であり劇団ゴジゲンを主宰する松居大悟。

答えのない表現という世界で、2人はいつ、どのような邂逅を重ね、作品作りや自分自身を形成してきたのか。作中で2人の少女が互いを撮影し合うように、枝と松居にもインスタントカメラを渡し、気の向くままに撮影し合ってもらった。言葉を通して、フィルターを通じての対談となった。

松居さんから「どんなブスが撮った映画かと思ったけど、意外と可愛いですね」って(笑)。(枝)

—お2人の出会いは2013年の『早稲田映画まつり』、枝監督が処女作『さよならスピカ』を出品されたことがきっかけだったんですよね。

松居:僕は審査員で参加していて、枝さんの作品が僕の中ではダントツでよかったんです。他の審査員も満場一致だと思っていたんですけど、フタを開けてみたら枝さんの作品に全然票が集まっていなくて(笑)。審査員会議で「枝さんには絶対に賞をあげるべきだ」と主張した結果、審査員特別賞という形で賞を渡したのがきっかけですね。

:もともと私が松居さんの作品のファンで、ちょうどその頃に『自分の事ばかりで情けなくなるよ』(2013年)が公開されていたんですね。それで、『さよならスピカ』の助監督が、パンフレットにサインを貰ってくれて、私にプレゼントしてくれたんです。

松居:そうだ。僕が初めて書いた連続ドラマ『ふたつのスピカ』(2009年、NHK)で僕のことを知ってくれていたって聞いて、そんな人初めてだったからすごく嬉しかった。

左から:枝優花、松居大悟
左から:枝優花、松居大悟
インスタントカメラで撮影し合う様子
インスタントカメラで撮影し合う様子

:高校2年生の時に見てハマっていて、ドラマが終わると友だちと感想をメールで送り合っていました。高校生の私に刺さる内容で、すごく楽しみに見ていたんです。

松居:ああ、本当に嬉しいな。

—『早稲田映画まつり』で審査員特別賞を受賞された時に印象に残っていることはありますか?

:あります、あります。そのことでサークルのみんなにいじられました(笑)。

松居:何、何?

:審査員のみなさんは私の顔を知らないので、松居さんから「どんなブスが撮った映画かと思ったけど、意外と可愛いですね」って(笑)。

枝優花(撮影:松居大悟)
枝優花(撮影:松居大悟)

松居:すみません(笑)。

:三浦大輔監督にも同じことを言われたので、何か舞台作家の方の共通点なのか……と思ってしまいました。

松居:枝さんの作品は屈折しまくっていて、世の中全てに苛立っている感じが伝わってきたから、そう思ったんじゃないかな。

松居大悟(撮影:枝優花)
松居大悟(撮影:枝優花)

—松居さんが『さよならスピカ』をおもしろいと感じたのは、どのようなところですか?

松居:上手にまとまっている作品よりも、多少荒削りでも「私はこれをやりたい」という気持ちが表出している枝さんの作品に引き込まれましたね。

「何が起こるのかわからない」物語の型にはまっていないところと、それでも観客を置いていかずに物語に引き込む力、ワクワクする空気感は僕も大事にしているのですが、枝さんの作品はそういう力がありました。

:ありがとうございます!

Page 1
次へ

リリース情報

『少女邂逅』監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様
『少女邂逅』監督・枝優花 完全監修パッケージ仕様(Blu-ray)

2019年1月16日(水)発売
価格:6,264円(税込)
PCXP.50618

『少女邂逅』
『少女邂逅』(DVD)

2019年1月16日(水)発売
価格:4,104円(税込)
PCBP.53868

イベント情報

『みみばしる』
『みみばしる』

2019年2月6日(水)~2月17日(日)
会場:東京都 下北沢 本多劇場

作・演出:松居大悟
音楽監督:石崎ひゅーい
主演:本仮屋ユイカ

プロフィール

枝優花(えだ ゆうか)

1994年3月2日生まれ。群馬県高崎市出身。監督作『さよならスピカ』(2013年)が第26回早稲田映画まつり観客賞、審査員特別賞を受賞。翌年の第27回早稲田映画まつりでも『美味しく、腐る。』(2014年)が観客賞に選ばれる。大学時代から映画の現場に従事し、山下敦弘監督『オーバー・フェンス』特典映像撮影編集、吉澤嘉代子、indigo la End、マカロニえんぴつのMV監督なども務める。その他も、「ViVi」「装苑」などでのスチール撮影、メイキング、助監督とその活動は多岐に渡る。初長編監督となった『少女邂逅』は、2018年3月の香港国際映画祭にも正式出品されて話題作に。6月30日から全国で上映され新宿武蔵野館では9週間のロングランとなった。

松居大悟(まつい だいご)

1985年11月2日生まれ、福岡県出身。ゴジゲン主宰、全作品の作・演出・出演を担う。12年に「アフロ田中」で長編映画初監督。その後「スイートプールサイド」、「私たちのハァハァ」、「アズミ・ハルコは行方不明」など監督作を発表、枠に捉われない作風は国内外から評価が高い。近年は、テレビ東京ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズ、若者たちの1ヶ月間を74分ワンカットで撮った「アイスと雨音」、「君が君で君だ」など。ナビゲーターを務めるJ-WAVE『JUMP OVER』は毎週日曜23時から放送中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察