特集 PR

遠山昇司×影山裕樹 さいたまに魔法をかける。想像力が変える風景

遠山昇司×影山裕樹 さいたまに魔法をかける。想像力が変える風景

さいたま国際芸術祭2020
インタビュー・テキスト
中島晴矢
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

なんでもない街の風景を魅力的に輝かせる人たちがいる。彼らは、ふだん歩いている通りや見慣れた住宅街の景色を、ちょっとした想像力をきっかけにして、ガラリと変えてしまうのだ。

日本随一の郊外都市であり、世間では自虐的なイメージで注目を集めてもいるさいたまは、2020年に『さいたま国際芸術祭2020』の開催を控えている。本芸術祭のディレクターに就任した遠山昇司は、映画監督として活動しながら、アートプロジェクトや舞台作品などの企画、プロデュースも行う人物。今回、その芸術祭ディレクターである遠山と、前回「新しい骨董」のメンバーの一人として『さいたまトリエンナーレ2016』に参加した編集者、影山裕樹との対談機会を得た。

映画や演劇、フェイクシンポジウム、街あるき小説など、「アート作品以外」の領域で地域発のアートプロジェクトを数多く実践し、時に協働もしてきた2人は、どのように街を変化させてきたのだろうか。『さいたま国際芸術祭2020』が地域にもたらすものの輪郭を辿りながら、「街に魔法をかける」方法を聞いた。

さいたまを「東京との関係」でしか考えていなかったけれど、さいたまの中だけでも充分遊べることに気づいた。(影山)

―まず率直に、お2人はさいたまをどのように捉えていますか?

遠山:僕は映画監督でもあるので、まずはロケハンの感覚でさいたまをしっかり見ることから始めようと、芸術祭のディレクターに就任してから、この1年でいろんな場所やそこに住む人たちに出会ってきました。

そこで感じたのは、「さいたまはグレーのバリエーションだ」ということです。いろんな色の絵の具をどんなに混ぜても完全な黒にはならないように、グレーは様々な色を内包しています。さいたまは一言では言い表せないんですよ。

左から:遠山昇司、影山裕樹
左から:遠山昇司、影山裕樹

―一口に「さいたま」といっても、いろいろな場所と要素がありますよね。

遠山:多くのコミュニティーや地域性がミックスされ重層的になっていて、土地利用に関してもパッチワーク的です。たとえば芸術祭のメインエリアである大宮駅周辺も、駅を出るとカオティックな商店街があるかと思えば、そのすぐ側に氷川神社の参道がある。そういった街の佇まいこそが、素晴らしいと思うんです。

メイン会場となる大宮区役所周囲を歩いた
メイン会場となる大宮区役所周囲を歩いた

影山:僕が前回の『さいたまトリエンナーレ2016』に新しい骨董のメンバーとともに参加した際、主に滞在していたのは浦和でした。浦和にはいい飲み屋がいっぱいあって飲み歩いていた(笑)。その時に知り合った友達から、たとえば浦和には他にこんな店があるから行こうとか、次は武蔵浦和に遊びに行こうとか、さいたま市内だけでハレ(非日常)とケ(日常)を完結させてしまうのが面白かった。

みんな、さいたまを「東京との関係」でしか考えていなかったけれど、さいたまの中だけでも充分遊べることに気づいたんです。その経験から、ステレオタイプではない「さいたまらしさ」をもっと発信していく必要があると感じました。

―前回の『さいたまトリエンナーレ2016』を経て、今回はどんな内容を考えているのでしょうか?

遠山:前回から引き継いでいるキーワードは「生活都市における祝祭」です。影山さんが言ったように、さいたまは生活圏の中で循環できる。僕の映画は、いわゆる観光地では撮らずに、何気ない地域から美しさを見出したり、物語を生み出したりしてきました。その感覚を大事にしたいと思っています。

あと重要なのは、その土地に住む人が何を美しいと思えるか。今回の芸術祭のテーマを「花 / flower」としたのも、既に「花」という存在が重層的な意味合いを持っているが故に生み出せる新たな視点、そして開催期間中はまさに花が咲き誇る時期でもあるということからです。駅から自転車でちょっと10分移動するだけで、田園地帯が広がっていて、菜の花畑や桜並木があったり、全然違うものが見えてくる。純粋に美しい風景があるこの街の奥深さを伝えたいですね。

遠山昇司
遠山昇司
『さいたま国際芸術祭2020』ロゴ
『さいたま国際芸術祭2020』ロゴ(サイトを見る

影山:やっぱり遠山さんは映画監督ですよね。一緒にアートプロジェクトをやっていても、風景や画角で街を見ていく。この芸術祭の英語表記も「Saitama」ではなく「Sightama」ですしね。映画的な目を持って、何気ない風景を美しく見る思考回路があるんだと思います。

左から:影山裕樹、遠山昇司
Page 1
次へ

イベント情報

『さいたま国際芸術祭2020』
『さいたま国際芸術祭2020』

2020年3月14日(土)~5月17日(日)予定
会場:
メインエリア:大宮エリア(現在の大宮区役所、現在の大宮図書館、大宮盆栽美術館、鉄道博物館)
その他:彩の国さいたま芸術劇場、埼玉県立近代美術館、うらわ美術館、さいたま市文化センター、岩槻人形博物館(開館予定)など
主催:さいたま国際芸術祭実行委員会

プロフィール

影山裕樹(かげやま ゆうき)

1982年、東京生まれ。編集者、合同会社千十一編集室代表。アート・カルチャー書の出版プロデュース・編集を行うほか、「十和田奥入瀬芸術祭」(2013)、「CIRCULATION KYOTO」(2017)など各地で様々な地域プロジェクトに編集者、ディレクターとして関わっている。著書に『大人が作る秘密基地』、『ローカルメディアのつくりかた』、編著に『ローカルメディアの仕事術』、『あたらしい「路上」のつくり方』など。2017年にウェブマガジン「EDIT LOCAL」を立ち上げ、ディレクターを務める。路上観察ユニット・新しい骨董、NPO法人芸術公社メンバー。一般社団法人地域デザイン学会参与。青山学院女子短期大学非常勤講師。

遠山昇司(とおやま しょうじ)

1984年熊本県生まれ。『さいたま国際芸術祭2020』ディレクター、映画監督、プロデューサー。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修士課程修了。2012年、初の劇映画『NOT LONG, AT NIGHT -夜はながくない- 』が第25回東京国際映画祭<日本映画・ ある視点部門>に正式出品され、高い評価を得る。最新作『冬の蝶』 は第33 回テヘラン国際短編映画祭アジア・コンペティション部門にてグランプリを受賞するなど海外でも高い評価を得ている。アートプロジェクト『赤崎水曜日郵便局』では、局長・ ディレクターを務め、熊本県津奈木町にある海に浮かぶ旧赤崎小学校を再利用した本プロジェクトは全国で話題となる。同プロジェクトは2014 年度グッドデザイン賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影