特集 PR

画家・庄司朝美が語る。直感を信じた行動が見えない壁を超える時

画家・庄司朝美が語る。直感を信じた行動が見えない壁を超える時

『FACE2019 損保ジャパン日本興亜美術賞』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

半透明のアクリル版に油彩で描かれる、真夜中の夢のような不思議なイメージ。東京郊外の自然豊かな土地で制作を続ける庄司朝美の絵画は、作家本人の「作品とそれを取り巻く世界をつなげたい」という想いが、この新たな手法と必然的に結びついたもののように見える。でも、その始まりは自身の仕事=描くことが思うように進まない悩みの時期に生まれた、ふとした「思いつき」だったという。

直感を信じた行動が、見えない壁を超えていく瞬間がある。その先に生み出された彼女の作品が、今回『FACE2019』(損保ジャパン日本興亜美術賞)のグランプリに輝いた。受賞作が展示される『FACE展2019』を機に、庄司朝美のインタビューを彼女のアトリエからお届けする。

豊かな自然に敏感に反応できるなら、それは都市とは違う「情報量」にあふれた世界。

—今日は東京郊外にある庄司さんのアトリエ兼住居におじゃましています。周囲の豊かな木々や近くの川の清流など、とても落ち着いた環境ですね。このアトリエでの暮らしのよいところを挙げるとしたらどんなところでしょうか?

庄司:よい部分は、ふだんから自然が豊かで、情報量が多い世界にいられること。田舎は情報が多いの? と不思議に思う人もいるかもしれません。よく散歩に出かけるのですが、今年は梅の花が去年より少し多く咲いているなと気づけたり、鳥の種類の違いが見分けられるようになったり、ほんの些細なことかもしれませんが、その微差が次々と見えて来る。そういうものに敏感に反応している状態を情報が多い、と捉えているわけです。夏は近くの川で泳いだり、冬は焚き火をしたり。そうした中で周囲の環境が、あるがままに見えてくる感覚があります。

庄司朝美
庄司朝美

—都心の「情報量」とは質が違うのでしょうか?

庄司:もちろん都心にも情報は溢れていますが、強い刺激や感情に直に訴えるようなものだけが知覚されて、そのリズムから少しでもズレてしまうと、見えなくなるものが多い気がします。そのせいか、以前都心にいた頃の私は、制作においてもずっとバランスが悪い面がありました。

必要に迫られるとガッと集中して制作するけれど、そのあとしばらくは何もできなかったり、描いてもどこか荒かったり。でも、プロであればどんな職種でもそうだと思いますが、常に自分の仕事に向き合える状態でいるべきだし、自分もそうありたいと思っていました。だからここで暮らすという選択には、そういった環境を変えたいという気持ちがあったと思います。

 

ときどき外からの刺激をもらいながら、自分とも向き合えるこの環境がとても気に入っています。

—アーティストとして環境との向き合い方も変わりましたか?

庄司:そうですね。もともと私はエスキース(下絵)を描かずに、まず一本の線を描く、絵の具をそこに置く、ということから始めます。そこで何が起こっているかを感じながらイメージを形にしていく、いわばイメージの種のようなものから始める作りかたです。ここでは、制作中「作品に起こっていること」がたくさん聞こえてくるんです。

—逆に、ここでの暮らしで悩ましい部分はありますか?

庄司:ムカデが出ること(笑)。しかも手のひらを広げたくらい大きいのが出るんです。特に暖かい時期はあまりにしょっちゅうなので「ムカデ日記」をつけたほど。でも、ムカデがいる気配を察知できるようになってから、割と冷静に対処できるようになりました。他にも、熊が人里に降りてきたと町内放送があったり、軒先にできた蜂の巣を自分たちで駆除したり、そういう洗礼が日々いろいろありました(笑)。でも、そうした状況に対応していくのが生きるということでもあり、自分にとっての「作る」ことにもつながっていると今は思います。

アトリエにて
アトリエにて
『16.12.2』(2016年) 撮影:加藤健
『16.12.2』(2016年) 撮影:加藤健

—一方、田舎暮らしに慣れると、都心に出かけたときの感覚も変わるでしょうか?

庄司:先程の話とも繋がりますが、感覚が敏感になる分、一つの展覧会を観ても、得られたり気がつけたりする要素が増えたように感じます。機会を見逃さずにつかむ感覚は、前より鋭くなった感じがあります。あとは、都市の刺激をそんなに浴び続けなくても、ちょっとで十分楽しめるようになったというか。

でも同時に、アトリエで作品と向き合い続ける生活をしていると、「気が狂うかも」と思うところがあって。友人には「いっそ、狂っちゃえば?」と冗談で言われたりもしますが(苦笑)、ときどきは都市部にも出て外からの刺激をもらいながら、自分と向き合えるこの環境がとても気に入っています。

—アーティストに限らず、田舎暮らしを考えている人に何かアドバイスがあるとしたら?

庄司:常に都会的な刺激が欲しい人には向かない気もするし、それぞれの仕事の事情なども関わってくるので、誰にでもおすすめできるものではないとも思う。でも、もしもその人が自分の生きるスピードを調整したいと思っているときや、自身と向き合う必要を感じているようなときには、こうした暮らしはよい転機になるのではと思いますね。

アトリエ前のキッチンにて
アトリエ前のキッチンにて
Page 1
次へ

イベント情報

『FACE展 2019 損保ジャパン日本興亜美術賞展』

2019年2月23日(土)~3月30日(土)
会場:東京都 新宿 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜
料金:600円
※ 高校生以下、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方1名、被爆者健康手帳を提示の方は無料

『庄司朝美展 −明日のまみえない神話−』

2019年3月7日(木)~3月24日(日)
会場:東京都 自由が丘 gallery21yo-j
時間:13:00~18:00
休廊日:月、火、水

トークイベント
3月24日(日)16:00~
出演:庄司朝美、中尾拓哉(美術評論家)

プロフィール

庄司朝美(しょうじ あさみ)

1988年、福島県出身。2012年に多摩美術大学美術研究科絵画専攻版画領域を修了。2015年にトーキョーワンダーウォールでトーキョーワンダーウォール賞を受賞。東京を拠点に活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る