特集 PR

鈴木康広と巡る台北『Very Fun Park』 日常にアートはなぜ必要?

鈴木康広と巡る台北『Very Fun Park』 日常にアートはなぜ必要?

Very Fun Park
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:鄭弘敬 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

近年、さまざまな雑誌やメディアで特集が組まれるなど、身近な旅先として注目を集めている台湾。その首都である台北で、2001年より街中にアート作品を展開してきたのが、富邦藝術基金会が主催するイベント『Very Fun Park』だ。「壁のない美術館」を掲げるこの取り組みでは、親しみあるアート作品との接点を増やすことで、台湾の人たちの「美」に対する感覚を刺激することが目指されている。

今回はそんな『Very Fun Park 2019』を、新鮮な感覚に満ちた作品で、国内外の展覧会や芸術祭に参加してきたアーティスト、鈴木康広とともに巡った。近いようで遠くもある台湾の地で行われているアートの試みは、鈴木の目にどう映るのか? 富邦藝術基金会のディレクターで、イベントを率いてきたヴィヴィアンこと熊傳慧との対話からは、アジアにおいてその土地らしいアートの姿を模索する、台湾と日本の共通点も見えてきた。

『VERY FUN PARK』は、観光に力点が置かれがちな日本の芸術祭とは、だいぶ違いますね。(鈴木)

—この対談に先駆けて、鈴木さんと『VERY FUN PARK』(以下、『VFP』)の会場を回らせていただきました。鈴木さんは今回で台湾を訪れるのが3度目とのことですが、ひさしぶりの台北の街はいかがでしたか?

鈴木:前回台湾を訪れたときから、さらに新しい建物が増えていて、いろんな時代の風景が混ざり合っていますよね。複数の時間が錯綜している都市にいる感じで、街を歩くこと自体をすごく楽しみました。

鈴木康広(すずき やすひろ)<br>1979年静岡県浜松市生まれ。日常のふとした発見をモチーフに記憶を呼び起こし共感を生み出す作品を制作。国内外の展覧会をはじめ、パブリックスペースでのコミッションワーク、大学の研究機関や企業とのコラボレーションにも取り組んでいる。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科准教授、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員。
鈴木康広(すずき やすひろ)
1979年静岡県浜松市生まれ。日常のふとした発見をモチーフに記憶を呼び起こし共感を生み出す作品を制作。国内外の展覧会をはじめ、パブリックスペースでのコミッションワーク、大学の研究機関や企業とのコラボレーションにも取り組んでいる。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科准教授、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員。

ヴィヴィアン:まさに台北では、この10年間ほど、都市をリフォームするという政策を進めてきたんです。当初は建物の外見だけを新しくして、内部は古いままという改修をしていたのですが、これは市民に不評でした。

最近は古い外観を活かしながら、内部を現代の生活に合わせる建物が増えています。富邦藝術基金会(以下、富邦)が運営するここ「Folioホテル大安」もそのひとつ。台北では、そんな「新しさ」と「古さ」の絡み合う経験があちこちで起きているんです。

鈴木:それはすごく感じました。街を歩いていると、自分の視点をどの時代に合わせればいいのかわからなくなるような感覚があって、ワクワクしましたね。

左から:鈴木康広、ヴィヴィアン(熊傳慧)。Folioホテル大安にて
左から:鈴木康広、ヴィヴィアン(熊傳慧)。Folioホテル大安にて

—そんななか、『VFP』は信義区という、オフィスやショッピングモールが集まるエリアで展開されていました。東京でいえば丸の内に近い雰囲気ですね。

鈴木:日本のアートイベントの多くは、お祭り的な賑わいそのものを見せる傾向が強いと思うのですが、『VFP』の会場を回って感じたのは、あくまで日常のなかに作品を置いているということ。たとえば、オフィス街で働く人たちが昼食に出たとき、何気なくアート作品と出会ってしまう。そうした作りになっていましたね。

ヴィヴィアン:作品との偶然な出会いは、まさに我々が目指すものです。台湾はとても若い国で、アートの多様性はまだそれほどありません。アートとは、堅苦しい美術館でスポットライトを浴びているもの、というイメージがまだ強い。そのなかで、私たち富邦は2001年より『VFP』を開始して、アートを街中に出す試みをしてきました。

ヴィヴィアン(熊傳慧)
ヴィヴィアン(熊傳慧)

ヴィヴィアン:人がアートに会いに行くのではなく、アートが人に会いに行く。『VFP』は、よく芸術祭のひとつだと誤解されるのですが、そうではありません。これは、台北に暮らす人々に捧げたプレゼントのようなイベントなんです。アートとの距離を身近にすることで、台北の人たちの美に対するセンスを高めてほしい。それが私たちの願いなんです。

鈴木:外からの集客や観光に力点が置かれがちな日本の芸術祭とは、だいぶ違いますね。実際、『VFP』では場所と人の関係をあらためて媒介するような作品が多く選ばれていると感じました。

たとえば游文富さんの『微風・微風』や、エマニュエル・ムホーさんの『100 colors』のように、都市のなかに流れる風や空気を反映して、それを可視化する作品が印象に残りました。

エマニュエル・ムホー『100 colors』
エマニュエル・ムホー『100 colors』
游文富『微風・微風 / Breeze・Breeze』 写真提供:富邦藝術基金會
游文富『微風・微風 / Breeze・Breeze』 写真提供:富邦藝術基金會

ヴィヴィアン:今回の『VFP』のテーマは「席、息相關」です。これは、「息がぴったり」という意味の「息息相關」をもじったもの。「息」と「席」は台湾では同じ発音をするんですね。さきほどの2つの風にまつわる作品はこの「息」から来たものですが、会場にはもうひとつの「席」という言葉に沿って、椅子をモチーフにした作品も多く並んでいます。

—実際に、游さんやムホーさんの風を可視化する作品には、道ゆく人たちがふと足を止めて、その動きを見ていました。それは、椅子の作品と同じように、慌ただしい都市空間のなかに一種のブランクを作り出しますね。ヴィヴィアンさんはこうしたアート作品に、どんな期待を持ってらっしゃるのですか?

ヴィヴィアン:私は、アートは広告よりも強い力を持っていると思うんです。富邦は台湾を代表する企業として、人々の美意識の向上のために強い責任感をもって活動をしてきました。ただ、企業がいくら広告で理想を提示しても、反応する人は少ないですよね。そうしたなかでアートには、押し付けがましい指導ではない、自然なかたちで何か大切なことを気づかせ、考えさせる力があると考えているんです。

鈴木康広
Page 1
次へ

イベント情報

『Very Fun Park 2019』

2019年3月19日~5月19日
会場:台湾 台北 信義エリア

プロフィール

鈴木康広(すずき やすひろ)

1979年静岡県浜松市生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。日常のふとした発見をモチーフに記憶を呼び起こし共感を生み出す作品を制作。国内外の展覧会をはじめ、パブリックスペースでのコミッションワーク、大学の研究機関や企業とのコラボレーションにも取り組んでいる。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科准教授、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員。

ヴィヴィアン / 熊 傳慧(しょう でんけい)

富邦藝術基金會Fubonartに2000年に入り、現在は統括ディレクターをつとめている。アートの存在する日常と現代アートの可能性を『Very Fun Park』を通して追求している。2012年、富邦藝術基金會は、台湾の芸術への貢献から台北文化賞を受賞。『Very Fun Park』に関連した、台湾のメディアへの出演やトークイベント、講座への登壇多数。

富邦藝術基金會Fubonart(ふーぼんあーと)

金融や通信を手掛ける台湾企業「富邦集団」が運営する現代アートを支援 / 展開する財団。「アートを生活に、生活をアートに」をテーマに、アートにまつわるイべント、講座、展覧会などを多数開催している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド 1

    現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

  2. ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真 2

    ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真

  3. 池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ 3

    池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

  4. 岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから 4

    岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから

  5. 中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も 5

    中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も

  6. ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材 6

    ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材

  7. 星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も 7

    星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も

  8. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 8

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  9. 欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる” 9

    欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

  10. 星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど 10

    星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど