特集 PR

YOSHIROTTEN×山口はるみ 40年前から、世は自由な女に憧れてる

YOSHIROTTEN×山口はるみ 40年前から、世は自由な女に憧れてる

パルコ「50年目の、新しいパルコ。」
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:山川哲矢(Showcase) 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部) 取材協力:BLOODY ANGLE

2019年に50周年を迎えるパルコ。1969年の池袋パルコ開業以来、多様なジャンルのさまざまなクリエイターがパルコに関わり、そして多くの新進作家たちがここから登場してきた。そんな歴史を振り返り、これからのカルチャーの未来を見つけるために、話を聞くことにした。

インタビューしたのは、パルコ草創期のイメージを形作ったイラストレーター山口はるみと、彼女と親交の厚いアートディレクターのYOSHIROTTENだ。エアブラシという、1970年代当時、最先端の画材をいち早く取り込んで先進的な女性像を描いてきた山口と、CGやウェブなどの新たな表現・メディアを使って未来的なデザインを発表してきたYOSHIROTTENの対話から、次のクリエイティブを考えてみる。

1970~80年代の広告は圧倒的なインパクトがある。(YOSHIROTTEN)

―パルコの歴史を紐解くと、草創期から女性クリエイターが活躍してきたのがわかります。特に1970年代はアートディレクションに石岡瑛子さん、キャッチコピーを小池一子さん、そしてイラストレーションを山口はるみさんが担当されて、時代のイメージを作ってきました。今日は、そういった話もお伺いできればと思っています。

山口:よろしくお願いします。いろんな幸運と周囲の人たちに恵まれたのが大きいと思います。おかげで、というか、先日読んだパルコの新聞記事で美輪明宏さんが私のことを話してらっしゃって、こんな素晴らしい方が私のことをご存知だなんて、びっくりしました。

―外野が言うのもアレですけど、山口さんの存在はとんでもないですよ(苦笑)。美輪さん、絶対に知っていると思います。日本でカルチャーやアートに触れて育った人なら、誰もが山口さんのイラストレーションを目にしているはずです。

山口:いえいえ。私、学生時代にシャンソンが大好きだったんですよ。アルバイトのお金が入ると銀巴里(銀座にあった伝説的なシャンソン喫茶)に友達と通っていたんです。そうしたら、20歳そこそこの美輪さんが歌っていらして、ものすごく美しかった。

YOSHIROTTEN:直接お話されたことはなかったんですか?

山口:私は一方的に見る側で、美輪さんは憧れの人なんです。

左から:YOSHIROTTEN、山口はるみ。YOSHIROTTENがデザインしたレコードバー「BLOODY ANGLE」にて取材を実施した。
左から:YOSHIROTTEN、山口はるみ。YOSHIROTTENがデザインしたレコードバー「BLOODY ANGLE」にて取材を実施した。
山口はるみがイラストを描き下ろした、パルコの広告。1976年
山口はるみがイラストを描き下ろした、パルコの広告。1976年

―お二人は昨年の山口さんの個展『HARUMI YAMAGUCHI×YOSHIROTTEN Harumi's Summer』(銀座グラフィックギャラリー、2018年)でコラボレーションされていますが、それ以前から交流はあったのでしょうか?

山口:1回だけお仕事でご一緒したんです。8年前くらいかな?

YOSHIROTTEN:あるレコードジャケットの仕事の依頼を僕がいただいたんですが、その楽曲を聴いていたら、はるみさんが描かれたイラストレーションをジャケットにしたい気持ちが湧いてきたんです。もちろん当時は面識がなかったので、連絡先を調べて依頼のメールをお送りして、それで打ち合わせにはるみさんがお一人でいらっしゃった……というのが最初の出会いでした。『Harumi's Summer』展の会場には、その際に作ったレコードが置かれているっていうストーリーを潜ませましたね。

『HARUMI YAMAGUCHI×YOSHIROTTEN Harumi's Summer』にて
『HARUMI YAMAGUCHI×YOSHIROTTEN Harumi's Summer』にて

―YOSHIROTTENさんは1983年生まれですよね。山口さんがパルコの広告で活躍されていた時代はリアルタイムで経験されていないとは思うのですが、はるみさんの存在をどのように知ったのでしょうか?

YOSHIROTTEN:僕は現在デザイン会社をやってるぐらいなので根っからのデザイン好きなんですが、1970~80年代の広告や、それを作ったアートディレクターの先輩たちに影響を受けているところが大きいんです。なので、はるみさんの作品も18歳の頃から知っていました。

たぶんパルコの広告で知ったのが最初で、石岡(瑛子)さんたちと同時に自分のなかにインプットされていきました。1970~80年代の広告は圧倒的なインパクトがあるなと。

山口:ふふふ(笑)。個展のとき、過去の作品をどさっとお渡しして、あとは自由にやってくださいね、とお伝えしたじゃないですか? どう思いました? 「僕が生まれる前の絵だな」なんて思ったんじゃないの?

山口はるみ(やまぐち はるみ)<br>イラストレーター。松江市生まれ、東京藝術大学油絵科卒業、西武百貨店宣伝部デザインルームを経て、フリーランスのイラストレーターとして、劇場、映画館、ミュージアム、レストラン、そしてアパレル店舗を融合した PARCO の広告制作に参加。1972 年よりエアブラシを用いた女性像を描き、一躍時代を象徴するアーティストとなる。
山口はるみ(やまぐち はるみ)
イラストレーター。松江市生まれ、東京藝術大学油絵科卒業、西武百貨店宣伝部デザインルームを経て、フリーランスのイラストレーターとして、劇場、映画館、ミュージアム、レストラン、そしてアパレル店舗を融合した PARCO の広告制作に参加。1972 年よりエアブラシを用いた女性像を描き、一躍時代を象徴するアーティストとなる。
YOSHIROTTEN(よしろっとん)<br>1983年生まれ魚座。東京をベースに活動するグラフィックアーティスト。グラフィック、映像、立体、インスタレーション、音楽など、ジャンルを超えた様々な表現方法での作品制作を行う。また国内外問わず著名ミュージシャンのアートワーク制作、ファッションブランドへのグラフィック提供、広告ビジュアル制作、店舗空間デザインなど、アートディレクター、デザイナーとしても活動している。
YOSHIROTTEN(よしろっとん)
1983年生まれ魚座。東京をベースに活動するグラフィックアーティスト。グラフィック、映像、立体、インスタレーション、音楽など、ジャンルを超えた様々な表現方法での作品制作を行う。また国内外問わず著名ミュージシャンのアートワーク制作、ファッションブランドへのグラフィック提供、広告ビジュアル制作、店舗空間デザインなど、アートディレクター、デザイナーとしても活動している。

YOSHIROTTEN:いや、すごく興奮しましたよ! そもそも最初のジャケットの仕事で、はるみさんのマンションに訪ねましたよね。そこで当時の原画を何枚も肉眼で見たときは、かなり嬉しかったです。

なので個展のときにお題や内容もなく、「好きにして。めちゃくちゃにして」というありがたい言葉をいただいたのも本当に光栄でした。そこで僕なりに、はるみさんの作品・世界をインスタレーションで見せるにはどうしたらいいか、と考えた結果があれなんです。

『HARUMI YAMAGUCHI×YOSHIROTTEN Harumi's Summer』。ギャラリーのなかにプールを作って演出を施した
『HARUMI YAMAGUCHI×YOSHIROTTEN Harumi's Summer』。ギャラリーのなかにプールを作って演出を施した

Page 1
次へ

サイト情報

『パルコ50周年キャンぺーンサイト』
『パルコ50周年キャンぺーンサイト』

2019年1月1日からスタートしたパルコの50周年キャンペーン「50年目の、新しいパルコ。」の特設サイト。同サイトでは、インタビュー企画や謝恩企画など、随時情報が更新中。

プロフィール

山口はるみ(やまぐち はるみ)

イラストレーター。松江市生まれ、東京藝術大学油絵科卒業、西武百貨店宣伝部デザインルームを経て、フリーランスのイラストレーターとして、劇場、映画館、ミュージアム、レストラン、そしてアパレル店舗を融合したPARCOの広告制作に参加。1972年よりエアブラシを用いた女性像を描き、一躍時代を象徴するアーティストとなる。近年、山口の作品は、2018年Nottingham Contemporary(イギリス)『The House of Fame』、2017年Centre Pompidou ‒ Metz(フランス)『Japanorama. A new vision on art since 1970』、2016年PARCO MUSEUM個展『Hyper! HARUMI GALS!!』(東京)といった展覧会で国内外の美術館でも発表されている。パブリックコレクションとして、Museum of Modern Art(ニューヨーク)、CCGA現代グラフィックアートセンター(福島)などに作品を収蔵。

YOSHIROTTEN(よしろっとん)

1983年生まれ魚座。東京をベースに活動するグラフィックアーティスト。グラフィック、映像、立体、インスタレーション、音楽など、ジャンルを超えた様々な表現方法での作品制作を行う。また国内外問わず著名ミュージシャンのアートワーク制作、ファッションブランドへのグラフィック提供、広告ビジュアル制作、店舗空間デザインなど、アートディレクター、デザイナーとしても活動している。ロンドン、ベルリンでの個展を経て、2018年TOLOT heuristic SHINONOMEにて大規模個展『FUTURE NATURE』を開催。400坪に及ぶ空間を用いた巨大インスタレーション作品から立体、映像、グラフィック作品を制作し、過去最大規模の個展となった。また、GASBOOKより作品集『GASBOOK33 YOSHIROTTEN』を発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る