特集 PR

ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

ビッケブランカ『Ca Va?』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:山川哲矢(Showcase) 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

現在SpotifyのCMソングとして大量にオンエアされているビッケブランカの新曲“Ca Va?”。ドラマ『獣になれない私たち』の挿入歌として話題を呼んだ“まっしろ”からは一転、「Queen meets ジェームス・ブラウン」といった感じのストレンジかつポップなナンバーであり、ビッケブランカが自らの音楽に対して常日頃口にしている「多様性」の真骨頂のような1曲に仕上がっている。

そんなビッケブランカと「Zoff」のサングラスコレクションのビジュアルモデルとして共演しているのが、佐藤千亜妃。昨年きのこ帝国が10周年を迎える中、初のソロ作を発表し、4月にもシングル『Lovin' You』を発表していたが、5月にきのこ帝国が突然の活動休止を発表したのは多くの人が驚いたに違いない。その際に活動休止理由を伝えるコメントは出されていたものの、ソロについて語る機会はこれまでほぼなかったという。

よって、今回のビッケブランカと佐藤の対談は、急速に注目を集めるビッケブランカと、新たな道を歩み始めた佐藤の現在のスタンスを改めて確認するものに。そして、ビッケブランカは「音」、佐藤は「歌」というそれぞれの軸を握りしめながら、どこにも寄りかかることなく、「生涯の1曲」を目指そうとする、そんな精神性のリンクが印象的な対談となった。

二人の根底はすごく似てると思うんです。「自分の持ってるもので世界征服したい」みたいな。(佐藤)

左から:ビッケブランカ、佐藤千亜妃
左から:ビッケブランカ、佐藤千亜妃 

―お二人は「Zoff」のサングラスコレクションの撮影がほぼ初めましてだったそうですね。

ビッケ:一言目に「でかいっすね」って言われました(笑)。会ったことない人からは小柄で繊細な人だと思われがちなんですけど、実際は全然違うので、ドン引きする人もいれば、逆に面白がってくれる人もいて……千亜妃さんはどっちでした?(笑)

佐藤:豪快な人だと思いました。現場でも、スタッフさんに声をかけて盛り上げてくれたおかげですごく雰囲気がよくて、私も入っていきやすかったです。

―逆に、ビッケさんから見た佐藤さんの印象は?

ビッケ:小さい人だなと思いました(笑)。写真を撮るときに横並びだとすごく差が出ちゃうから、Mottyさん(アートディレクターの丸井“Motty”元子)があらかじめ考えてくれていて、僕は後ろに立って……。

佐藤:そう、実は横じゃなくて、ビッケさんが後ろに立ってるんですよね。遠近法を使って(笑)。

「Zoff SUNGLASSES 2019」ビジュアル
「Zoff SUNGLASSES 2019」ビジュアル

―お互いの音楽に対してはどんな印象ですか?

佐藤:言い方悪いかもしれないですけど……ビッケさんワールドがすごいから、フェスとかでも「浮いてる」というか。でも、それって揺るがない軸があるということだから、アーティストとしてすごくいいと思うんです。自由にいろんな音楽をやってるけど、そこにちゃんと「ビッケさん」という主人公がいる感じがして、安心して表現を楽しめる。

ビッケ:べた褒めやん!

佐藤:あんまりいないタイプのアーティストさんだと思っていて、たぶん……おかしい人なんだろうなって(笑)。

ビッケ:なんすか!(笑)

左から:ビッケブランカ、佐藤千亜妃

佐藤:器用さと豪快さをどっちも持ってる方だなって。なんらかのスタンダードに乗っかってるわけじゃないのがすごいし、そこに揺らぎがないように見えます。

―佐藤さんが言う「主人公っぽさ」は、わかる気がします。

ビッケ:逆に俺は千亜妃さんに対してきのこ帝国の印象が抜けなくて。あのブワーッとリバーブかかって、ゆっくりした空気感がある感じ。でも、しゃべるとハキハキしていて、頭の回転が速い人なので、あの音楽は狙ってやってるのか……不思議だなって。

ビッケブランカ“まっしろ”を聴く(Apple Musicはこちら

きのこ帝国“クロノスタシス”を聴く(Apple Musicはこちら

佐藤:そこはもう一種の性癖ですね(笑)。コントロールして音楽やるのも、性癖をそのまま出すのも、どっちも好きなんですけど。今はその綱引きを頑張ってる感じです。でも、その感覚ってきっとビッケさんも持っていらっしゃると思ってて。だって……おかしいじゃないですか?(笑)

ビッケ:褒められてると思ってたけど、ディスですか!(笑)

佐藤:いやいや(笑)。「これお前らにはわかんないだろ? でも、わかったらちょっと世の中面白くなるよな」ということをずっとやってるように見える。ちょっとツンデレみたいな。

ビッケ:へー、僕はみんなにわかってもらえることしかやってないつもりなんですけどね。

佐藤:って言いながら、全員が「ビッケさん最高」って言い出したら、また軌道修正して、「俺は今これがいいと思うけど、どう?」っていうのをやり続けるんじゃないかなって。

だから、二人の根底はすごく似てると思うんです。「自分の持ってるもので世界征服したい」みたいな。なので、いかにキャッチーに見せようが、根底はちょっとおかしい人なんじゃないかって……褒めてますよ、これ(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

ビッケブランカ『Ca Va?』
ビッケブランカ
『Ca Va?』(CD+DVD)

2019年6月12日(水)発売
価格:2,700円(税込)
AVCD-94432/B

[CD]
1. Ca Va?
2. Lucky Ending
3. ウララ(acoustic ver.)
4. Ca Va?(Karaoke)
5. Lucky Ending(Karaoke)

[DVD]
『WIZARD TOUR 2019 at Zepp Tokyo』
・ウララ
・Moon Ride
・Buntline Special
・Black Rover
・SPEECH
・Lights Out
・まっしろ
・夏の夢 remix
・Smash(Right This Way)
・キロン
・Winter Beat

ビッケブランカ『Ca Va?』
ビッケブランカ
『Ca Va?』(CD)

2019年6月12日(水)発売
価格:1,296円(税込)
AVCD-94433

1. Ca Va?
2. Lucky Ending
3. ウララ(acoustic ver.)
4. Ca Va?(Karaoke)
5. Lucky Ending(Karaoke)

イベント情報

ビッケブランカ
『Voom Voom Room』

2019年6月14日(金)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

リリース情報

佐藤千亜妃『Lovin' You』
佐藤千亜妃
『Lovin' You』

2019年4月4日(木)配信

プロフィール

ビッケブランカ
ビッケブランカ

2016年ミニアルバム『Slave of Love』でメジャーデビュー。2018年2ndアルバム『wizard』収録曲“まっしろ”がドラマの挿入歌に抜擢され、同アルバムツアーを全国7都市開催し、各地SOLD OUTを記録。独創的なピアノスタイルとジャンルレスな作風が魅力のシンガーソングライター。2019年夏の「Zoff」サングラスコレクションのビジュアルモデルに抜擢されるなど、音楽以外の分野での活躍も目覚ましい。テレビアニメ『フルーツバスケット』エンディングテーマ“Lucky Ending”が好評配信中。3rdシングルを6月12日にリリースし、14日には『ONE MAN SHOW “Voom Voom Room”』を新木場STUDIO COASTにて開催!

佐藤千亜妃
佐藤千亜妃(さとう ちあき)

4人組バンド「きのこ帝国」(2019年5月27日活動休止を発表)のVo / Gt / 作詞作曲を担当。その類まれな表現力を纏った唯一無二の歌声は、音楽ファンのみならず数々のミュージシャン、タレント、俳優等からも支持されている。2017年12月には「佐藤千亜妃と金子ノブアキと小林武史」名義による「太陽に背いて」が、「東京メトロ」キャンペーンの第三弾CM「日比谷 歴史と文化が色づく」篇のCMソングとしてオンエアされ、話題に。その後ソロ活動も本格化し、2018年7月には砂原良徳との共同プロデュースによる1st EP『SickSickSickSick』をリリース。『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』や『BAY CAMP 2019』への出演も決まるなどライブ活動も精力的に行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル