特集 PR

上白石萌音が語る、歌う喜び。音楽と向き合い自分を取り戻す

上白石萌音が語る、歌う喜び。音楽と向き合い自分を取り戻す

上白石萌音『i』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

「上白石さんは、いつも前向きですね」とか、そういうことをよく言われるんですけど、全然そんなことはなくて、むしろ超ネガティブ人間なんです(笑)。

―そして、「片思いの恋」をイメージした“ひとりごと”は、上白石さんが自ら歌詞を書いていて。前回の『and...』でも何曲か歌詞を書いていましたが、やはり歌詞を書くというのは特別なことですか?

上白石:そうですね。映画やドラマの場合、基本的に台本があって、それに対して自分を寄せていくことが多いので、ゼロからクリエイトする機会はあまりないんですよね。だから歌詞を書くのは、毎回本当に苦しんでいて、今回もめちゃくちゃ悩みました(笑)。

―(笑)。でも、そこがひとつ、音楽活動の醍醐味でもあるんじゃないですか?

上白石:そうなんですよね。生みの苦しみもあるんですけど、だからこその愛着みたいなものもあって。一度、言葉が出てき始めると、めちゃくちゃ楽しいんです。

特にこの曲に関しては、一応「恋の歌」ってなってますけど、恋だけじゃない歌にしたくて。それこそ、言いたいことが言えないっていう歌詞にしようと思って……。

上白石萌音
上白石萌音“ひとりごと”を聴く(Apple Musicはこちら

―そこでまた、さっきの話が繋がってくるわけですね。

上白石:そうですね(笑)。この曲の歌詞は、別にそれは悪いことじゃなくて、ゆっくりでいいから、本当のことを言いたいよねっていう感じになっているんです。それは、常々私が思っていることで。情報や文字が溢れている世界で、すぐになにかを返さないといけないことって多いじゃないですか。

でも、そのときには適切なことが言えなくて、「ああ言えばよかったな」って思ったり。そういう心のモヤモヤを入れつつ、別にゆっくりでいいじゃないっていう、自己肯定みたいなものが書けたらいいなって思って。だからこの曲は、いまの私が本当に思っていることを書いた歌詞になっていると思います。

―自身の作詞だけに、この曲の歌詞が普段の上白石さんにいちばん近い感じですか?

上白石:そうかもしれないです。この曲の歌詞は、なにも飾らずに書いたので。でもそうすると、自分の弱いところばっかり書いちゃうんですよね(笑)。

よく取材で、「上白石さんは、いつも前向きですね」とか、そういうことをよく言われるんですけど、全然そんなことはなくて、むしろ超ネガティブ人間なんです(笑)。そういうところがやっぱり、作詞をするときには出ちゃうのかなって思いますね。

上白石萌音

―ひと口に「恋の歌」と言っても、その振り幅が本作の面白いところであり、聴きどころのひとつですよね。

上白石:それぞれの曲に主人公を立てた感じというか、その曲に合った子が歌っているような感じにしたいなっていうのは、最初から思っていたんですよね。で、その最後に、私自身が混ざっているという(笑)。

まあ、自分のことは、いまだによくわからないんですけどね。わからないけど、自分がいま思っていることは書けたという実感があるので、いまの自分、21歳の上白石が、そこに出ているのかなって思います。

―そんな本作には『i』というタイトルがつけられていますが、これは「愛」であり、ローマ数字の「1」であり、なおかつ自分を意味する「I」でもあるという……。

上白石:そうですね。今回のミニアルバムを作る上で、私はなにが好きで、それをどういうふうにやりたくて、どうしたらそれを伝えられるんだろうとか、改めて自己発掘をたくさんやったので、「私」という意味での「I」でもあるなって思ったんですよね。

上白石萌音

―今回の作業を通じて、改めて上白石さんにとって音楽活動とは?

上白石:そうですね……音楽活動をしていると、心がグワングワン動くんです。もちろん、お芝居をしているときも心は動くんですけど、それ以上に私としての気持ちがすごく大きく揺れるというか。「あ、嬉しい」とか「違う、こうじゃない」とか、そういう気持ちが……普段私は、わりと省エネで生きたいタイプなんですよ(笑)。気分の浮き沈みもあまりないという自己分析なんですけど、音楽活動をしているときは、それがすごいあるんです。

―普段よりも、エモくなっちゃう?

上白石:そう、エモくなっちゃう(笑)。すごく刺激されるし、「これが表現するっていうことなのか」とも思います。普段役者としていろんな役に染まっているなかで、音楽活動をやっているときだけは、ちゃんと自分に戻れるというか。音楽に向き合う時間は、私にとってとても大事なものかなって、今回改めて思いました。

上白石萌音
上白石萌音『i』を聴く(Apple Musicはこちら

Page 4
前へ

リリース情報

上白石萌音『i』初回限定盤
上白石萌音
『i』初回限定盤(CD+DVD)

2019年7月10日(水)発売
価格:2,300円(税込)
UPCH-7503

[CD]
1. 永遠はきらい
2. Ao
3. ハッピーエンド(上白石萌音×内澤崇仁(androp))
4. 巡る
5. ひとりごと
<ボーナス・トラック>
6.ハッピーエンド(studio live ver.)

[DVD]
“永遠はきらい”ミュージックビデオ

上白石萌音『i』通常盤
上白石萌音
『i』通常盤(CD)

2019年7月10日(水)発売
価格:1,800円(税込)
UPCH-2188

1. 永遠はきらい
2. Ao
3. ハッピーエンド(上白石萌音×内澤崇仁(androp))
4. 巡る
5. ひとりごと

プロフィール

XXX
上白石萌音(かみしらいし もね)

1998年1月27日生まれ。2011年に第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞。初主演映画『舞妓はレディ』では、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞など、多くの賞を受賞。『君の名は。』でヒロイン:三葉の声を演じ話題に。2018年は映画『ちはやふる-結び-』や『羊と鋼の森』のほか、舞台、ミュージカルなど幅広く活躍。今後も主演映画『スタートアップ・ガールズ』の公開や、井上ひさし最後の戯曲『組曲虐殺』の公演を控えている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を