特集 PR

上白石萌音が語る、歌う喜び。音楽と向き合い自分を取り戻す

上白石萌音が語る、歌う喜び。音楽と向き合い自分を取り戻す

上白石萌音『i』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:豊島望 編集:中田光貴(CINRA.NET編集部)

「上白石さんは、いつも前向きですね」とか、そういうことをよく言われるんですけど、全然そんなことはなくて、むしろ超ネガティブ人間なんです(笑)。

―そして、「片思いの恋」をイメージした“ひとりごと”は、上白石さんが自ら歌詞を書いていて。前回の『and...』でも何曲か歌詞を書いていましたが、やはり歌詞を書くというのは特別なことですか?

上白石:そうですね。映画やドラマの場合、基本的に台本があって、それに対して自分を寄せていくことが多いので、ゼロからクリエイトする機会はあまりないんですよね。だから歌詞を書くのは、毎回本当に苦しんでいて、今回もめちゃくちゃ悩みました(笑)。

―(笑)。でも、そこがひとつ、音楽活動の醍醐味でもあるんじゃないですか?

上白石:そうなんですよね。生みの苦しみもあるんですけど、だからこその愛着みたいなものもあって。一度、言葉が出てき始めると、めちゃくちゃ楽しいんです。

特にこの曲に関しては、一応「恋の歌」ってなってますけど、恋だけじゃない歌にしたくて。それこそ、言いたいことが言えないっていう歌詞にしようと思って……。

上白石萌音
上白石萌音“ひとりごと”を聴く(Apple Musicはこちら

―そこでまた、さっきの話が繋がってくるわけですね。

上白石:そうですね(笑)。この曲の歌詞は、別にそれは悪いことじゃなくて、ゆっくりでいいから、本当のことを言いたいよねっていう感じになっているんです。それは、常々私が思っていることで。情報や文字が溢れている世界で、すぐになにかを返さないといけないことって多いじゃないですか。

でも、そのときには適切なことが言えなくて、「ああ言えばよかったな」って思ったり。そういう心のモヤモヤを入れつつ、別にゆっくりでいいじゃないっていう、自己肯定みたいなものが書けたらいいなって思って。だからこの曲は、いまの私が本当に思っていることを書いた歌詞になっていると思います。

―自身の作詞だけに、この曲の歌詞が普段の上白石さんにいちばん近い感じですか?

上白石:そうかもしれないです。この曲の歌詞は、なにも飾らずに書いたので。でもそうすると、自分の弱いところばっかり書いちゃうんですよね(笑)。

よく取材で、「上白石さんは、いつも前向きですね」とか、そういうことをよく言われるんですけど、全然そんなことはなくて、むしろ超ネガティブ人間なんです(笑)。そういうところがやっぱり、作詞をするときには出ちゃうのかなって思いますね。

上白石萌音

―ひと口に「恋の歌」と言っても、その振り幅が本作の面白いところであり、聴きどころのひとつですよね。

上白石:それぞれの曲に主人公を立てた感じというか、その曲に合った子が歌っているような感じにしたいなっていうのは、最初から思っていたんですよね。で、その最後に、私自身が混ざっているという(笑)。

まあ、自分のことは、いまだによくわからないんですけどね。わからないけど、自分がいま思っていることは書けたという実感があるので、いまの自分、21歳の上白石が、そこに出ているのかなって思います。

―そんな本作には『i』というタイトルがつけられていますが、これは「愛」であり、ローマ数字の「1」であり、なおかつ自分を意味する「I」でもあるという……。

上白石:そうですね。今回のミニアルバムを作る上で、私はなにが好きで、それをどういうふうにやりたくて、どうしたらそれを伝えられるんだろうとか、改めて自己発掘をたくさんやったので、「私」という意味での「I」でもあるなって思ったんですよね。

上白石萌音

―今回の作業を通じて、改めて上白石さんにとって音楽活動とは?

上白石:そうですね……音楽活動をしていると、心がグワングワン動くんです。もちろん、お芝居をしているときも心は動くんですけど、それ以上に私としての気持ちがすごく大きく揺れるというか。「あ、嬉しい」とか「違う、こうじゃない」とか、そういう気持ちが……普段私は、わりと省エネで生きたいタイプなんですよ(笑)。気分の浮き沈みもあまりないという自己分析なんですけど、音楽活動をしているときは、それがすごいあるんです。

―普段よりも、エモくなっちゃう?

上白石:そう、エモくなっちゃう(笑)。すごく刺激されるし、「これが表現するっていうことなのか」とも思います。普段役者としていろんな役に染まっているなかで、音楽活動をやっているときだけは、ちゃんと自分に戻れるというか。音楽に向き合う時間は、私にとってとても大事なものかなって、今回改めて思いました。

上白石萌音
上白石萌音『i』を聴く(Apple Musicはこちら

Page 4
前へ

リリース情報

上白石萌音『i』初回限定盤
上白石萌音
『i』初回限定盤(CD+DVD)

2019年7月10日(水)発売
価格:2,300円(税込)
UPCH-7503

[CD]
1. 永遠はきらい
2. Ao
3. ハッピーエンド(上白石萌音×内澤崇仁(androp))
4. 巡る
5. ひとりごと
<ボーナス・トラック>
6.ハッピーエンド(studio live ver.)

[DVD]
“永遠はきらい”ミュージックビデオ

上白石萌音『i』通常盤
上白石萌音
『i』通常盤(CD)

2019年7月10日(水)発売
価格:1,800円(税込)
UPCH-2188

1. 永遠はきらい
2. Ao
3. ハッピーエンド(上白石萌音×内澤崇仁(androp))
4. 巡る
5. ひとりごと

プロフィール

XXX
上白石萌音(かみしらいし もね)

1998年1月27日生まれ。2011年に第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞。初主演映画『舞妓はレディ』では、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞など、多くの賞を受賞。『君の名は。』でヒロイン:三葉の声を演じ話題に。2018年は映画『ちはやふる-結び-』や『羊と鋼の森』のほか、舞台、ミュージカルなど幅広く活躍。今後も主演映画『スタートアップ・ガールズ』の公開や、井上ひさし最後の戯曲『組曲虐殺』の公演を控えている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催