特集 PR

結城萌子と冨田明宏が対談。音楽家が惚れる彼女の魅力を紐解く

結城萌子と冨田明宏が対談。音楽家が惚れる彼女の魅力を紐解く

結城萌子『innocent moon』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:前田立 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
結城萌子

ひさびさに、菅野さんの横綱相撲を見たような気がします(笑)。(冨田)

―曲についてお伺いすると、まず最初に“散々花嫁”が公開されました。この曲はTom-H@ckさんのアレンジです。

結城萌子“散々花嫁”を聴く(Apple Musicはこちら

結城:最初は……「なにこのタイトル?」って思いました(笑)。

―ですよね(笑)。

結城:全然悪い意味じゃないんですけど、聞いたことのないタイトルだと思って、最初は「ドロドロした曲なのかな?」と思いました。でも曲自体は明るいし、歌詞に出てくる女の人も強い女性だったから、そんなに「散々感」は感じなかったです。ただ、強さもありつつ、<1人にしないで>とも言っているから、弱さや脆さも持っている人なんだろうと思いました。

冨田:Tom-H@ckは音の情報量が多い、隙間を作らないアレンジをすることが多いんですけど、川谷さんの曲って、メロディーと歌詞自体に本当の意味で情報量が詰まっているから、それと萌子さんの声を生かすために、彼にしてはすごくシンプルなアレンジになったと思います。

もともとは、もっと密度の濃いアレンジでリズムももっと複雑だったけど、引き算をして、核の部分を残したらこうなった感じ。ストリングスのリフはTom-H@ckの提案だったりして、キャッチーさに関しては、アニメを主戦場にやってきた彼のサービス精神がいい形で生きたと思うし、パンチがありつつ聴きやすい曲になったと思います。

―もう1曲、“さよなら私の青春”も公開されました。

結城:めっちゃいい曲ですよね。川谷さんがこういう、甘酸っぱい歌詞を書かれるのは驚きでした。

―先生への恋心ですもんね。

結城:川谷さんは、もっと複雑な大人の事情や要素が多い歌詞を書かれるイメージだったんですけど、この曲はストレートな歌詞だと思うから、こういうこともできちゃうんだなって。

―“散々花嫁”みたいなちょっとシュールな世界観の一方で、“さよなら私の青春”みたいなタイプの曲も川谷くんらしいと思います。

結城:これは直接川谷さんから聞いたわけではないんですけど、「“さよなら私の青春”が私のイメージに一番近い」とおっしゃっていたみたいで。もちろん、私はこんな学生生活は送ってないんですけど(笑)、こういう風に見てくれているんだなって。

冨田:わからなくはないですよ。超簡単に言うと、この歌詞に出てくる子って、クラスに1人いる、なにを考えているのかわからない子だと思うんですよ。あんまり口数も多くない。実際のところは置いておいて、客観的な目線で見ると、萌子さんと近いところがあるんじゃないかなって。

左から:結城萌子、冨田明宏

―そして、この曲のアレンジを担当しているのが菅野よう子さんというのもすごい。

冨田:菅野さんに関しては、川谷さんだからこそ受けてくれたんだと思います。川谷さんのクリエイティブに惚れて、「川谷さんだったらやります」というお話だったと思っています。

―アレンジに関してはどんな印象をお持ちですか?

冨田:菅野さんの1番コマーシャルなアレンジだと思います。「菅野よう子ってこうですよね」っていうのを、あえてやってくれた感じがする。たとえば、坂本真綾さんでいう“プラチナ”みたいな。

ストリングスの華やかさ、駆け抜ける疾走感、それを川谷さんのメロディーと萌子さんの歌声と併せたら、ものすごくイノセントな曲になったなって。最近こういうアレンジはあんまりされてなかったと思うんですよね。

―それも、川谷くんだからこそ、だったのかもしれないですね。

冨田:ひさびさに、菅野さんの横綱相撲を見たような気がします(笑)。

生きづらさに対する抗いから音楽が生まれているように思う。(冨田)

―『innocent moon』というタイトルはどなたが付けたのでしょうか?

結城:これは私が付けたんですけど、この言葉をいつか自分の作品で使いたいって、歌手になる前からずっと妄想していたんです。今回「EPのタイトルつけていいよ」って言われたので、「『innocent moon』の出番だ!」と思って。何年も温めてきた私の妄想が遂に現実になりました。

結城萌子

―意味合いに関してはいかがですか?

結城:「純潔な、真っ新な月」みたいな意味ですね。月っていろんな種類があるじゃないですか? これから私は歌や声優以外の表現もするかもしれないし、月みたいにいろんな見え方をするかもしれないけど、でもそれも全部「結城萌子」であることには変わりないので、「moon=私」というか。

初めての作品なので、「まだ色が塗られてない状態の、真っ新なEPです」という意味と、「きっとこれからいろんな私が見られると思います」という意味も込めていますね。

―では最後に、結城さんの今後の活動に対して、冨田さんから一言いただけますか?

冨田:途中でも言いましたけど、生きづらさに対する抗いから音楽が生まれているように思うので、これが多くの人たちにとっての希望になるといいなって思います。

萌子さんの歌は可愛らしいんだけど虚無感も感じる。そこも魅力だと思っていて、非常に末恐ろしい作品になったと思いますし、ここからどう変化して、どうやっていろんな人に影響を与えていくのか、とても楽しみです。頑張って生きてください。

結城:はい、頑張って呼吸します。私と同じように、生きるのがしんどいと思ってる人の支えになりたい……とまでは正直思ってないんですけど、「こいつができるなら、俺も / 私ももうちょっと頑張ってみるか」って、少しでも思ってもらえるようになりたいです。

結城萌子
Page 4
前へ

リリース情報

結城萌子『innocent moon』
結城萌子
『innocent moon』

2019年8月28日(水)発売
価格:1,620円(税込)
WPCL-13091

1. さよなら私の青春
2. 散々花嫁
3. 幸福雨
4. 元恋人よ

プロフィール

結城萌子
結城萌子(ゆうき もえこ)

3月31日、千葉県生まれ。幼少期よりアニメや漫画、ゲームに親しみながら育ち、物心ついた時には将来は声優か漫画家になりたいという志をもっていた。2019年8月28日に『innocent moon』でワーナーミュージックよりデビュー。

冨田明宏(とみた あきひろ)

ロンドン留学から帰国後、大手レコード店に入社。バイヤーを勤めながら音楽ライターとして洋楽ロックやJ-POP、アニソンの分野で活動。2010年創刊のアニメ音楽専門誌『リスアニ!』のスーパーバイザーを担当。日本武道館で開催されている『リスアニ!LIVE』総合MC。現在は音楽プロデューサーとして黒崎真音、ClariSの発掘 / プロデュースを手がける。また声優・内田真礼、飯田里穂ほかの音楽プロデュースを担当。Hifumi,inc所属。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために