特集 PR

藤巻亮太が語る、大人の「挑戦」の姿勢 新たな可能性に賭けた理由

藤巻亮太が語る、大人の「挑戦」の姿勢 新たな可能性に賭けた理由

Eggs
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:中村ナリコ 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部) 衣装協力:EGO TRIPPING

9月29日、山梨県・山中湖交流プラザ きららにて、自身が主催する野外音楽フェス『Mt.FUJIMAKI 2019』を開催する藤巻亮太。2018年5月にそれまで所属していた事務所からの独立を発表して以降、自らフェスをオーガナイズするなど、ミュージシャンとして、また30代後半の一人の人間として、新たなフェーズに入っているように見える彼は今、どんなことを考えながら音楽と人生に向き合っているのだろうか。

トータス松本、曽我部恵一、岸田繁など、『Mt.FUJIMAKI 2019』の出演者を含む他のミュージシャンたちから受けた影響や、あえてリスクのある新しい道を選んだことで手にした楽しさなど、40歳を目前にした藤巻亮太の現在の心境を大いに語ってもらった。

多くの人が20代で味わうような、物事を達成していくことの難しさ、社会人としての大変さを、僕は30代で感じながら生きてきた。

藤巻亮太

―CINRA.NETとしては、3rdアルバム『北極星』(2017年9月発売)リリース時以来、約2年ぶりのインタビューとなります(インタビュー記事:藤巻亮太が語る、心境変化。5年間のソロ活動を経て見えたこと)。特にこの1年ちょっとのあいだに、独立、そして自身が主催するフェスの開催など、藤巻さんのキャリア的にも、かなり大きな出来事がありました。まずは独立の経緯から、改めてお話いただけますか?

藤巻:そもそも、2017年9月に『北極星』を出しましたが、あのアルバムに入っている“北極星”という曲は、僕の地元である山梨の公民館で作った曲なんですね。

公民館の窓の外に広がる甲府盆地とかを眺めながら作っていて、そのときに「あ、これが自分の原風景だな」と思ったんです。僕は18歳まで山梨で育って、それから山梨の外に出て音楽活動をしてきたんですけど、やっぱり自分の歌の原風景にはこの景色があるし、そこで人と触れ合ったり、そのなかで感じたりしたことが、自分の感性に織り込まれているんだろうなって。

藤巻:そのアルバムを出したあと、そこから自分がどんなふうに立って、どう歩いていくのかということを、すごく悩んだ時期がありました。そのまま、ある程度決められたレールの上を歩いていく生き方もあるだろうけど、そのレールというか道そのものを、自分自身で問い続けるような生き方もある。これからのことを、40歳手前にして改めて考えましたね。

レミオロメンって、そんなに下積み時代がなく、わりと早い段階でブレイクさせていただいたバンドだと思うんです。それはもちろんすごくありがたいことだったんですけど、その分、いろんな意味で誰もが20代のときに味わうような下積みを僕はやってこなかった。それを僕の場合は、30代で一気に経験しました。

藤巻亮太(ふじまき りょうた)<br>1980年生まれ。山梨県笛吹市出身。2003年にレミオロメンの一員としてメジャーデビュー。2012年、レミオロメンが活動休止を発表、ソロ活動を開始。2019年9月29日、自身主催の野外音楽フェス『Mt.FUJIMAKI 2019』を、山中湖交流プラザきららにて開催する。
藤巻亮太(ふじまき りょうた)
1980年生まれ。山梨県笛吹市出身。2003年にレミオロメンの一員としてメジャーデビュー。2012年、レミオロメンが活動休止を発表、ソロ活動を開始。2019年9月29日、自身主催の野外音楽フェス『Mt.FUJIMAKI 2019』を、山中湖交流プラザきららにて開催する。

―つまり、バンドが休止して、ソロになってからということですよね。

藤巻:そう。多くの人が20代で味わうような、物事を達成していくことの難しさ、いわゆる社会人としての大変さみたいなものを、僕は30代で感じながら生きてきて。30代の後半になったときに、ようやくそのバランスが取れたようなところがありました。20代にバンドで得た経験と、30代にソロで得てきた経験──その両方を含めて、今の自分がいる。

そうなったときに、これは自分自身の可能性に挑戦していくようなフェーズに、いよいよ入ってきているのかなと思って。そこでひとつ大きな決断として、所属事務所からの独立がありました。

藤巻亮太
Page 1
次へ

イベント情報

『Mt.FUJIMAKI 2019』
『Mt.FUJIMAKI 2019』

2019年9月29日(日)
会場:山梨県 山中湖交流プラザ きらら

出演:
藤巻亮太 with the BAND
トータス松本(ウルフルズ)
曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
岸田繁(くるり)
ORANGE RANGE
大塚愛
teto
料金:前売6,500円 当日7,000円

リリース情報

藤巻亮太『Summer Swing』
藤巻亮太
『Summer Swing』

2019年9月11日(水)配信

プロフィール

藤巻亮太
藤巻亮太(ふじまき りょうた)

1980年生まれ。山梨県笛吹市出身。2003年にレミオロメンの一員としてメジャーデビューし、“3月9日”“粉雪”など数々のヒット曲を世に送り出す。2012年、レミオロメンが活動休止を発表、ソロ活動を開始する。同年、1stソロアルバム『オオカミ青年』を発表。以降も精力的にソロ活動を展開し、2016年、2ndアルバム『日日是好日』をリリース。2017年には3rdアルバム『北極星』を発表。2019年4月、レミオロメン時代の曲を、アコースティック中心のアレンジでセルフカバーしたアルバム『RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010』をリリースし、弾き語り全国ツアー『“In the beginning”』を開催。2019年9月29日、自身主催の野外音楽フェス『Mt.FUJIMAKI 2019』を、山中湖交流プラザきららにて開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る