インタビュー

GEZANマヒト声明・前編。獣の姿で個が繋がる「新たなトライブ」

GEZANマヒト声明・前編。獣の姿で個が繋がる「新たなトライブ」

インタビュー・テキスト
大石始
撮影:山谷佑介 編集:矢島大地(CINRA.NET編集部)、山元翔一(CINRA.NET編集部)

2019年9月と10月の『全感覚祭』で何かが変わった。GEZANとその仲間たちによるあの祭りが何を変えたのか、今はまだはっきりとはしていないけれど、あれ以降で都市の風景が一変してしまったように感じる。入場料は投げ銭制、フードフリーを実現した9月の『全感覚祭』大阪編。満身創痍のなか挑んだ千葉・印旛医大前での『全感覚祭』東京編は台風19号の直撃により中止に。だが、その翌日には渋谷各所のライブハウスで『全感覚祭』渋谷編を緊急開催。あの混乱と熱狂の夜、確かに何かが変わったのだ。

その一方で、GEZANの4人は内田直之をレコーディングエンジニアに迎え、密かに新作の制作を進めていた。完成したアルバム『狂(KLUE)』には、ここ2年の混沌と怒りが渦巻いている。バリ島の男声合唱ケチャを思わせるプリミティブなコーラスが多用され、アボリジニの伝統楽器であるディジュリドゥがヘビーな低音を鳴り響かせるその音楽世界には、GEZANが世界に対峙することで掴み取った生々しい感覚が息づいている。

マヒトゥ・ザ・ピーポーはこう歌っている――<前半ではこの世界の破綻の詳細と奮起を、後半では希望という癌について、反抗に対する再定義について>(“狂”)。だが、このアルバムはそうした言葉を凌駕するほどの広大な世界観を持ち、私たちに「何か」を叩きつける。一体それは何なのだろうか。大石始(ライター)による前半、矢島大地(CINRA.NET編集部)による後半と、2回のインタビューによって2020年最初の問題作に迫る。

無菌の部屋みたいなところで「研ぎ澄まされた風のもの」だけを扱っているような今の東京に違和感がある。

―前作『Silence Will Speak』から、ここ2年ほどのGEZANの活動はかなりハードでしたよね。バンド内のテンションはどんな感じだったのでしょうか。

マヒト:自分の生活にすべてが侵食してきちゃってる感じでしたね。モードを切り替えることができないというか。『全感覚祭』に向けてWEB上などで書いてきた言葉も、自分より少し前を走っている誰かの言葉という感覚で。本当だったらもっと綺麗に整理して進めることもできたんだろうけど、そんなに器用じゃなかった。

―台風直撃による中止を受けて渋谷で急遽行われた『全感覚祭'19』(10月12日に開催予定だった『全感覚祭』の中止を受け、急ピッチで渋谷7会場での開催に振り替え。10月13日の深夜に『SHIBUYA全感覚祭 –Human Rebellion−』が行われた)をやってみて、どんなことを感じました?

マヒト:台風という自分たちがコントロールのできないものによって渋谷でやることになるというのも、自分たちらしいなと思いましたね。今後は気候の変化も世界的にどんどん加速していくだろうし、フェスをやる意味も変わってくると思う。夏フェスっていうと雲ひとつない晴天のイメージに直結するかもしれないけど、考えてみると、今まで『全感覚祭』をやってきて晴天だったことって一回もなくて。

マヒトゥ・ザ・ピーポー<br>GEZAN<br>2009年、大阪にて結成。自主レーベル「十三月」を主宰する。2018年に『Silence Will Speak』をリリースし、2019年6月には、同作のレコーディングのために訪れたアメリカでのツアーを追ったドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』が公開された。2019年10月に開催予定だった主宰フェス『全感覚祭』東京編は台風直撃の影響で中止となったが、中止発表から3日というスピードで渋谷での開催に振り替えられた。そして、1月29日に『狂(KLUE)』をリリースする。
マヒトゥ・ザ・ピーポー
GEZAN
2009年、大阪にて結成。自主レーベル「十三月」を主宰する。2018年に『Silence Will Speak』をリリースし、2019年6月には、同作のレコーディングのために訪れたアメリカでのツアーを追ったドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』が公開された。2019年10月に開催予定だった主宰フェス『全感覚祭』東京編は台風直撃の影響で中止となったが、中止発表から3日というスピードで渋谷での開催に振り替えられた。そして、1月29日に『狂(KLUE)』をリリースする。

マヒト:そういうことも引き受けていくのが2020年のあり方なんじゃないかなって気がしてるんです。人ができることの限界もあるけど、人間の創造力も捨てたもんじゃない。『全感覚祭』をやってみて、そういうことを実感しましたね。それに、普段から渋谷にはいますけど、今はより渋谷を自分の街って呼べるような景色に変わった感覚があって。それは自分でも驚きなんですけど、そういう意味で、前と違うかもしれないですね。

―以前CINRA.NETのインタビューでマヒトさんは「政治とか活動家みたいな人って『構造』を変えることはできるんだけど、芸術や音楽は、そういう問題を体験に変えられる可能性を持っている」と話してましたよね(参考記事:GEZANマヒトが我々に問う。新しい世界の入り口で社会を見つめる)。『全感覚祭』は各地の農家の協力のもとフードフリーを実現したわけですが、食の問題に取り組むというのは、「社会の構造を変える」試みでもあったんじゃないかと思うんです。

マヒト:自分たちからはあんまり訴えたくないんだけど、確かにそういう面はあったと思いますね。でも、自分は活動家という意識はまったくなくて。かつては海で魚を捕ってくる人がいて、着るものを編んでる人がいて、それぞれに得意なことで生きてきたはずですよね。でも、今はお金が真ん中にあって、あらゆることが均一化されている。

その均一化が、音楽みたいに自由であるべきものの中にも侵食してきている感覚があるんですね。だけど俺の場合はーーこれは単純に人に触れて生きることや『全感覚祭』への道にも通じている感覚だと思うんですけど、ちゃんとそのものが生きていること・存在していることを尊重してくれる音や人や場所にすごく心地よさを感じるんです。だからこそ、完全に無菌の部屋みたいなところで「研ぎ澄まされた風のもの」だけを扱っているような今の東京にはすごく違和感がある。人も、そのベルトコンベアに乗せられているだけみたいな感じがして。

―はい。

マヒト:お金によって社会を縛ろうとする人たちにとっては100人がひとつの答えでまとまっていたらすごく便利だけど、そういう人たちや資本主義的な流れにとっては、オリジナルな価値観で生きている人たちってすごく面倒な存在だと思うんですよ。もちろん自分もベルトコンベアに乗せられて生きてる部分もあると自覚してるし、ファストフードを食べることももちろんあるんだけど、そういう状況に対する問題提起という感覚はあったかもしれない。

マヒトゥ・ザ・ピーポー

―「構造を変える」といっても、あくまでも日々の暮らしのなかで何を考え、何を実践していくか。そういう地道な感覚が根底にある?

マヒト:そうですね。自分たちの場合、あくまで生活という軸からは逸脱しないでやっていきたいんです。切り取り方によっては『全感覚祭』の活動も政治的と取れるだろうし、アクティビストがやってることとも共通しているのかもしれないけど、あくまでもひとりぼっちの人間が生活しているときに見える景色や、聴こえてくる音の話をしたい。

それぞれに役割があっていいのですが、自分の場合、政治というひとつのジャンルで語ると連帯は強くなるけど、それは同時に何かを拒絶することにもなりかねないと思うんです。だからこそ、一つひとつの体験が大切なんじゃないかって。そういう意味でいえば、台風というのも圧倒的な体験だったし、環境問題が生活のレベルまで侵食してきたことを実感させられましたね。

『全感覚祭'19』大阪編より。2019年10月10日に『全感覚祭』東京編の中止をアナウンスしたが、この曲で歌われる通りの想像力と創造力でもって、10月13日に『SHIBUYA全感覚祭 ―Human Rebellion―』を急遽開催した。

―今回のアルバムには、そういった実感や気づきが反映されていると思うんですが、一聴して感じたのは、ディジュリドゥやケチャ的なコーラスが多用されていたりと、今までにないプリミティブな匂いが充満してますよね。こういった要素はどこから出てきたものなんでしょうか。

マヒト:自分のなかでは「生きている音・呼吸している音」を求めているところがずっとあって。アルバムに入っている音にしたって、究極的にいえば、MPCに全部入れてボタンを押せば鳴らすことはできるんですよ。でも音楽の作り方がそうなっていけばなっていくほど、むしろ呼吸している音の価値が高まっている気がするんです。体温のある音というかね。今回のアルバムにはそういう音が多くなったと思う。

Page 1
次へ

リリース情報

GEZAN『狂(KLUE)』
GEZAN
『狂(KLUE)』(CD)

2019年1月29日(水)発売
価格:3,080円(税込)
JSGM-34

1. 狂
2. EXTACY
3. replicant
4. Human Rebellion
5. AGEHA
6. Soul Material
7. 訓告
8. Tired Of Love
9. 赤曜日
10. Free Refugees
11. 東京
12. Playground
13. I

イベント情報

『十三月presents GEZAN 5th ALBUM「狂(KLUE)」release tour 2020』

2020年2月13日(木)
会場:北海道 札幌 BESSIE HALL

2020年2月17日(月)
会場:青森県 弘前 Mag-Net w / 踊ってばかりの国

2020年2月19日(水)
会場:山形県 酒田 hope

2020年2月20日(木)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

2020年3月18日(水)
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO

2020年3月19日(木)
会場:愛知県 名古屋 APOLLO BASE

2020年4月1日(水)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

プロフィール

GEZAN
GEZAN(げざん)

2009年、大阪にて結成。自主レーベル「十三月」を主宰する。2018年に『Silence Will Speak』をリリースし、2019年6月には、同作のレコーディングのために訪れたアメリカでのツアーを追ったドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』が公開された。2019年10月に開催予定だった主宰フェス『全感覚祭』東京編は台風直撃の影響で中止となったが、中止発表から3日というスピードで渋谷での開催に振り替えられた。そして、1月29日に『狂(KLUE)』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で