特集 PR

M/M(Paris)のアート 想像力を刺激する「あなた」の物語作り

M/M(Paris)のアート 想像力を刺激する「あなた」の物語作り

渋谷PARCO
インタビュー・テキスト
長嶋太陽
撮影:黒羽政士 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

二人の考える成功、それは作品の背後に宿る物語を届けること

左から:マティアス・オグスティニアック、ミカエル・アムザラグ

―心は見えないものですが、お二人が手掛けたビジュアルには、形がないはずの「感情」に直接触れられるような感覚がありました。そこに、意図や狙いはありますか?

マティアス:そういってもらえてとても嬉しいです。いつも見る人の心に触れるということを試みているんですよ。率直な会話がしたい、と願いながら、長い間作品を作り続けてきたんです。このビジュアルは伝統的な村を想像させますよね。これは日本の村かも知れないし、どこか遠い国の村かも知れない。それぞれの起源を思い起こすような感覚を持たせるということが、個人的な内面・感情の領域に通じると思っているんです。

ミカエル:今回のプロジェクトは、理性主義的な文化の豊かさを、「理想郷」という場所によって表現しようという意図を持っています。そこにあるのはファンタジーの空間であり、自分たちをも驚かせるような新しいなにかが生み出される場所です。視覚言語は遊び道具のようなもので、一度「理想郷」のアウトラインを作れば、そこにディテールを当てはめていくことができます。その過程はとても楽しいものですよ。日本での作品づくりは、こういう実験が完璧に上手くいくんですよね。

M/M(Paris)のミカエル・アムザラグ
M/M(Paris)のミカエル・アムザラグ
M/M(Paris)が手掛けた渋谷PARCOのポスター
M/M(Paris)が手掛けた渋谷PARCOのポスター

―「理想郷をつくる」というのは、ただ一枚の絵ではなく、そこに奥行きのある「物語」を立ち上げるということですよね。

マティアス:理想郷というのは、夢であると同時に現実でもあり、それはおっしゃる通り物語そのものです。私たちの考える成功とは、この理想郷を信じることのできる物語として成立させる、ということにあります。それができるのは、パルコがある種の理想郷だからだと思います。パルコが始まる前は、「物があって、買えて、さらに夢を見られる」、そんなお店は他になかったんですよ。このことを芸術的な手段でたくさんの人に伝えたいと最初に思いました。

ミカエル:あなたはここに来る。それは現実世界で起きている。けれど、ただただ現実の中で終始するわけではない。パルコという現代のショッピングビルが与えてくれるのは、具体的な物質以上のものなのです。それは、スマートフォンを経由しては決して得られないもの。今ここで語っているのは、あなたの人生についての物語です。

 

世代も人種も性差も超えて。私たち人間が共有する「感情」を改めて見つめ直したい

―私自身の実感ですが、物語を信じるという力、つまり「想像力」が弱まっている人が増えているように感じます。

マティアス:興味深い話ですね。いくつもの要因が重なっていると思います。私たちが活動をはじめた頃、人が触れる情報の量は今よりもっと少なかった。なので、たくさんの余白があり、そこでは想像力が求められていました。消費と生産が加熱していく中で、私たちは常にあらゆる選択に疑問を抱き続けてきたんです。たとえばこのジュースを飲むときにも、「なぜ?」と問わないといけない。マーケティングによって仕組まれた選択について自覚的になるということです。そうすることで想像力を刺激し続けてきたんだと思います。

また、ここ最近、芸術をただの「物」として見る傾向があって、私たちはこの考えを強く否定しています。アートはあなたになにかを考えさせるために存在します。私自身も、自分の持っているアート作品はアイデアを思いつく大きな手がかりになったりします。そして私が描いた作品を通して、あなたに新しい想像力が生まれ、なにかが生まれることを願っています。これはなによりも素晴らしいこと。人生の再創造といえるでしょう。私たちはそれをずっと信じています。

インタビュー中、マティアスは手元のノートにデッサンをしていた
インタビュー中、マティアスは手元のノートにデッサンをしていた

ミカエル:社会の問題は増えていて、どんどん難しくなってきてはいますが。それでもこの方法を信じているんですよ。今の世の中では、誰かを騙すことはとても難しくなってきているけれど、逆にもし騙されるとしたら、それはすごく巧妙な方法です。だからこそ、私たちは常に想像を巡らせなければなりません。

―そういった思想が、人種や文化を超えて心に触れるようなビジュアルの根幹を生むんですね。

マティアス:私とあなたは、同じ世代ではないし、国籍や人種も違いますよね。似ている部分もあるけれど、考え方は違うと思います。私たちは若い世代とも仕事をしますし、子どももいて、彼らを見ていると自分とは異なる星の人間なのかもしれないとすら思います(笑)。

だけどつながっている部分もあります。誰とでも共有できるのは「感情」です。だから感情は重要なんです。私たち自身を構成しているものがどんどん複雑になっているからこそ、人間らしい感情を見つめ、コミュニケーションすることの重要性を改めて知る必要があります。より直感的であろうとする、ということですね。それが自分を自分たらしめてくれるのです。アルゴリズムやAIが社会の根幹に入り込み、私たちの生活にコミットメントしてきている今だからこそ、宗教や神話とのつながりや、自分がなにを選べば素晴らしい時間を過ごせるのか、なにが不快なものなのか、ちゃんと自覚しなければなりません。それは、誰かに教わることではなく、自分で見つけ出すものです。

―このインタビューを通して、お二人のその温かい姿勢を、強く感じました。

マティアス:どんな壁があっても、感情は同じですよ。あなたがどんな人だっていい。黒人でも白人でもアジア人でも、女性でも男性でもトランスジェンダーでも。さまざまなものを超えて、自然な感情について対話したいんです。

左から:マティアス・オグスティニアック、ミカエル・アムザラグ
左から:マティアス・オグスティニアック、ミカエル・アムザラグ

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 2
前へ

店舗情報

渋谷PARCO
渋谷PARCO

東京都渋谷区宇田川町15-1
営業時間:10:00~21:00 ※一部店舗異なります

プロフィール

M/M(Paris)(えむえむ ぱりす)

ミカエル・アムザラグとマティアス・オグスティニアックによって1992年に結成された、パリを拠点に活動するクリエイティブユニット。20年以上にわたりファッション、アート、音楽、デザインと多分野において活躍し、象徴的かつ影響力の強いデザイン&アートで世界中の人々を魅了させている。彼らの手掛ける多くの作品でオリジナルのタイポグラフィを用いられることがあり、表現方法の一つとしてタイポグラフィの重要性の高さが窺え、2003、2004、2012年度の東京TDC賞(タイポディレクターズクラブ)も受賞。また、ファッション、音楽関係の仕事が顕著で、これまでのコラボレーションワークとして、A.P.C.、Balenciaga、Calvin Klein、Dior Homme、Givenchy、Jil Sander、Loewe、Louis Vuitton、Missoni、Sonia Rykiel、Stella McCartney、Yohji Yamamoto、Yves Saint Laurentなどのビックメゾンやデザイナーが連なる。音楽の分野でも、2013年にグラミー賞の最優秀レコーディング・パッケージ賞を受賞したビョークの『Biophilia』を代表に、ヴァネッサ・パラディ、カニエ・ウェスト、マドンナといった著名アーティストのアルバムアートワークやミュージックビデオを手掛ける他、『Vogue Paris』、『Purple Fashion Magazine』、『Arena Homme+』、『Interview Magazine』等の雑誌のアートディレクションも手掛ける。また、2012年には、活動20周年記念として500ページを越える作品集を出版した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察