特集 PR

エレ片が14年続けてこられたわけ。アートのように作られるコント

エレ片が14年続けてこられたわけ。アートのように作られるコント

エレ片『光光☆コントの人』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

エレキコミックのやついいちろう&今立進と片桐仁がタッグを組んだ「エレ片(えれかた)」は今年で結成14年。ラジオの担当番組『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』も同じ年月を重ね、コントライブも2020年で13回を数える。さらに、それぞれ別の大学の落語研究会で出会ってから約25年間つきあいを続けているというのだから、3人は本当にラブラブだ。

そんな彼らのライブDVD『光光☆コントの人』が1月29日にリリースされた。「だんだん飽きてきた」という理由で、これまでとは違うロジックで作った6本のコントは、不思議な感触で始まり、不思議な感触で終わる。異色の作品に至った理由を、DVDリリースと新作ライブを控えた3人に聞いた。

なぜ、エレ片は14年も活動を続けてこれたのか?

―今日はもうすぐリリースされる『光光☆コントの人(以下、ピカピカ)』について主に聞きに来たのですが、どのくらいネタバレOKなのかなと。中身を楽しみにしてる人もいますよね?

今立:あ、ぜんぜん大丈夫です。

やつい:全部大丈夫。

片桐:いまはネタバレ云々言ってられる時代じゃないですからね!

今立:いっそオチも全文掲載しましょう。

やつい:あの意味のわからないオチを(笑)。

エレ片(えれかた)<br>上:片桐仁、左下:やついいちろう(エレキコミック)、右下:今立進(エレキコミック)<br>エレキコミックのやついいちろう・今立進、片桐仁からなるお笑いユニット。2006年からラジオ番組『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』(TBSラジオ)を放送、ライブ活動も精力的に行なう。
エレ片(えれかた)
上:片桐仁、左下:やついいちろう(エレキコミック)、右下:今立進(エレキコミック)
エレキコミックのやついいちろう・今立進、片桐仁からなるお笑いユニット。2006年からラジオ番組『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』(TBSラジオ)を放送、ライブ活動も精力的に行なう。

―まず、エレ片自体についてから話を始めたいのですが、活動を開始されてから14年ですよね。エレキコミックのおふたりと片桐さんっていう変則的なユニットであるにもかかわらず、これだけ長く続いたっていうのはなかなかすごいことだと思うんです。仲良くやってこれた秘訣はなんでしょう?

片桐:ラジオが終わらず、これまで続けさせてもらえたからですよね。もちろんライブありきだけれども。

やつい:ずいぶんやってきたよなー。『ピカピカ』で12回目だけど、10回目の区切りで1stシーズンを終えて、11回目からは新しいことをやろうぜ、これまでにやってないことをやろうぜ、っていうのがコンセプトになるくらいだし。

得意だった笑いの手法を全部やめたのが「新コントの人」シリーズで、それをもう一段階進めたのが『ピカピカ』です。

エレ片『光光☆コントの人』メインビジュアル
エレ片『光光☆コントの人』メインビジュアル

―エレ片やエレキのコントは、やついさんの実体験から生まれることが多いと聞いたのですが、今回の大きなストーリーになっている「三姉妹」の設定もそう?

『光光☆コントの人』場面写真
『光光☆コントの人』場面写真
『光光☆コントの人』場面写真

やつい:三姉妹そのものは後付けだけど、大友康平さんが相撲を見にきているっていうのもテレビで見た実話です。実体験は、けっこう使ってます。

―じゃあ三姉妹ネタが最初にあったわけじゃないんですね。

今立:それは、全体がけっこう出揃ってからのアイデアです。

やつい:もともと、全部別のネタのつもりで作っていたんですけど、今回やたらと女子ネタが多いことに気づいて。じゃあ、これ全部同じ女の子たちの話でもいけるぞ、ってなって三姉妹の話にしてみました。

―最初のネタの「光猪(ひかりいのしし)」を見ているときは「はて、これは一体何の話?」となりました。

『光光☆コントの人』場面写真
『光光☆コントの人』場面写真
『光光☆コントの人』場面写真

今立:なりますよね(笑)。

―それで第2章以降に進むと、どうやらさっきと同じ人物の話らしいと理解できてきて、次第に手塚治虫の漫画を見ている気持ちになるという。

片桐:スターシステムね(特定のキャラクターが、他の作品にも登場する描き方のこと)!

やつい:猪を出したのも、公演の年が「亥(いのしし)」だったからでした。そんなこと、1年経ったいまとなっては全員が忘れ去った設定で。というか、ライブのときも伝わらなくて「今年の干支はなんだったでしょう?」という説明が必要だったくらい伝わらないネタ(笑)。そんな猪がピカピカ光ると。それで『光光☆コントの人』なんです。

やついいちろう(エレキコミック)
やついいちろう(エレキコミック)

今立:わかんないよ! だいたい2019年の2月っていう、もはや新年感も薄れている時期のライブで(笑)。

片桐:いいじゃないですか。コントなんだから。自由があるんだから。

―そうですね。最初のぐにゃっとねじれたような感覚が、徐々に設定が明かされていって堂々たる「サーガ」感を生むという。

片桐:よく「サーガ」なんて言葉を使ってくれますよね。ありがとうございます。

Page 1
次へ

リリース情報

『光光☆コントの人』
『光光☆コントの人』

2020年1月29日(水)発売
価格:3,666円(税込)
PCBE-56333

本編:
光猪 / オープニング / 三姉妹 / 夕陽の詩人 / カフェ女子ババア / 三兄弟 / UFO / エンディング

特典映像:
片桐催眠キックボクシング
エレ片3人による副音声コメンタリー

出演:やついいちろう(エレキコミック)、今立進(エレキコミック)、片桐仁

プロフィール

エレ片
エレ片(えれかた)

エレキコミックのやついいちろう・今立進、片桐仁からなるお笑いユニット。2006年から放送しているラジオ番組『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』(TBSラジオ)を放送、ライブ活動も精力的に行なう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」