特集 PR

踊ってばかりの国・下津が歌う、愛と自由と怒り 陰る時代の渦中で

踊ってばかりの国・下津が歌う、愛と自由と怒り 陰る時代の渦中で

踊ってばかりの国『私は月には行かないだろう』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:木村篤史 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

踊ってばかりの国が前作『光の中に』(2019年)から8か月という短いスパンで完成させた新作『私は月には行かないだろう』。このインパクトのあるタイトルは、ZOZO創業者の前澤友作を巡る一連の騒動を皮肉ったものでありつつ、1960年代から活躍するフォークシンガーで、「フォーライフ・レコード」の初代社長としても知られる小室等の同名作へのオマージュでもあり、彼らが日本のフォーク / ポップスの系譜に連なる存在であることを改めて印象づけている。

小室等は1978年に『プロテストソング』というアルバムを発表。この作品は、数多くの作品を共作した谷川俊太郎の詞を用いた、彼らなりの「プロテスト」であり、2017年には続編もリリースされている。

下津光史は谷川俊太郎に特別な想い入れはないそうだが、「空」「海」「宇宙」といった言葉を多用し、「自由」や「可能性」を歌った『私は月には行かないだろう』は、現代における「プロテストソング」として響き、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)や小山田壮平(AL、ex.andymori)、あるいは復活したJAGATARAの江戸アケミとの連帯を示すかのように聴こえる。下津は今日も、自由に踊り続けるために歌う。

下津光史(しもつ こうじ)<br>東京で活動する5人組のサイケデリックロックンロールバンド・踊ってばかりの国のギターボーカル。音楽に愛されてしまった5人が奏でる爆音でかつ繊細な楽曲は、古い米国の田舎町や英国の路地裏、日本の四季の美しさをも想起させ、眩しいほどの光で聴くものを包み込む、正しくアップデートされたロックンロールの形。2020年1月、7thアルバム『私は月には行かないだろう』をリリース。活動10年を超えた現在、最も理想郷に近い形で活動中。
下津光史(しもつ こうじ)
東京で活動する5人組のサイケデリックロックンロールバンド・踊ってばかりの国のギターボーカル。音楽に愛されてしまった5人が奏でる爆音でかつ繊細な楽曲は、古い米国の田舎町や英国の路地裏、日本の四季の美しさをも想起させ、眩しいほどの光で聴くものを包み込む、正しくアップデートされたロックンロールの形。2020年1月、7thアルバム『私は月には行かないだろう』をリリース。活動10年を超えた現在、最も理想郷に近い形で活動中。

「時代も時代だし、大人に飼われてる時間はなさそうだなと」

―前作から8か月という速いペースでの新作リリースは、バンドの状態のよさの表れと言えますか?

下津:このアルバム、今のメンバーになって3作目なんです。それぞれ自分のポジションがわかりはじめたというか、曲に対して自分が何をしなければならないのか、サッと察知してくれるようになったこともあって、このペースで出せるようになりました。

前作で今のメンバーでのスタイルを形にできて、今回はそのフォーマットに当て込んで作った1作目のアルバムという感じで。

踊ってばかりの国 アーティスト写真
踊ってばかりの国 アーティスト写真

―前作から自主レーベル(「FIVELATER」)を立ち上げて、フットワークも軽くなった?

下津:というより、時代も時代だし、大人に飼われてる時間はなさそうだなと。決別を経て、2019年は自分たちがやりたかった活動が初めてできた1年だったなと思います。

前作のリリースツアーは完全に自分らだけで回ったんですけど、お客さんの顔をちゃんと見れるようになったんですよね。「こんな顔でこの曲聴いてんのや」とか思って。だから、今回の歌詞は他人のことも書いた内容になってるかも。

―たしかに、前回取材した『君のために生きていくね』(2017年)のときはメンバーや家族だったり、自分たちの周りにいる人のことをメインに書いていて(参考記事:踊ってばかりの国は10年かけて理想の姿へ。下津&谷山が語る)。今回もそういった側面はありつつ、より外側を向いてるような印象を受けました。

下津:隣人は守れたから、ちょっと手を広げて、目線を広くしようぜって感じっすね。

下津光史
踊ってばかりの国『君のために生きていくね』を聴く(Apple Musicはこちら

Page 1
次へ

リリース情報

踊ってばかりの国『私は月には行かないだろう』初回限定盤
踊ってばかりの国
『私は月には行かないだろう』初回限定盤

2020年1月22日(水)発売
価格:3,800円(税抜)
FL-1002

[CD]
1. バナナフィッシュ
2. タイムワープ
3. クロール
4. サリンジャー
5. 群鳥
6. In your eyes
7. 青いピアス
8. Hell hole
9. ペット
10. 秋の黄昏
11. アルビノのコウモリ
12. Right now
13. 君が愛したあの空へ

[DVD]
『「踊ってばかりの国がやって来る!サラダ!サラダ!サラダ!リターンズ」at 恵比寿リキッドルーム』
1. ghost
2. weekender
3. 光の中に
4. heaven
5. いややこやや
※DVDは初回限定盤に付属

踊ってばかりの国『私は月には行かないだろう』通常盤
踊ってばかりの国
『私は月には行かないだろう』通常盤(CD)

2020年1月22日(水)発売
価格:3,000円(税抜)
FL-1004

1. バナナフィッシュ
2. タイムワープ
3. クロール
4. サリンジャー
5. 群鳥
6. In your eyes
7. 青いピアス
8. Hell hole
9. ペット
10. 秋の黄昏
11. アルビノのコウモリ
12. Right now
13. 君が愛したあの空へ

イベント情報

『踊ってばかりの国リリースワンマンツアー2020「潜伏」』

2020年2月19日(水)
会場:宮城県 仙台LIVE HOUSE enn 2nd

2020年2月22日(土)
会場:沖縄県 那覇output

2020年3月14日(土)
会場:北海道 札幌SOUND CRUE

2020年3月26日(木)
会場:広島県 広島4.14

2020年3月27日(金)
会場:大阪府 大阪Shangri-La

2020年4月9日(木)
会場:福岡県 福岡voodoo lounge

2020年4月11日(土)
会場:愛知県 名古屋TOKUZO

2020年4月18日(土)
会場:東京都 恵比寿LIQUIDROOM

プロフィール

踊ってばかりの国
踊ってばかりの国(おどってばかりのくに)

うたと3本のギター、ベース、ドラムで構成された東京で活動する5人組のサイケデリックロックンロールバンド。幾度かのメンバーチェンジを挟みながらこれまでに7枚のフルアルバム、3枚のミニアルバムをリリースし、『FUJI ROCK FESTIVAL』などの大型フェスにも出演。音楽に愛されてしまった5人が奏でる爆音でかつ繊細な楽曲は、古い米国の田舎町や英国の路地裏、日本の四季の美しさをも想起させ、眩しいほどの光で聴くものを包み込む、正しくアップデートされたロックンロールの形。2018年より『大和言葉』という対バン形式の自主企画もスタートさせ、活動10年を超えた現在、最も理想郷に近い形で活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」