特集 PR

仲野太賀×中川龍太郎 同世代が選んだ、生きづらい時代での闘い方

仲野太賀×中川龍太郎 同世代が選んだ、生きづらい時代での闘い方

『静かな雨』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:寺内暁 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

2015年の映画『走れ、絶望に追いつかれない速さで』でタッグを組んで以来、俳優と監督という立場は異なれど、同世代の表現者として互いに意識しつづけてきたという仲野太賀と中川龍太郎。そのふたりが再びタッグを組んで生み出した映画『静かな雨』が、2月7日より公開される。

パチンコ屋の駐車場でたい焼き屋を営むこよみと、生まれつき足の悪い行助の切なくも愛おしいラブストーリー──『羊と鋼の森』などで知られる作家・宮下奈都のデビュー作を、仲野太賀と元・乃木坂46で映画初出演となる衛藤美彩のW主演で映画化した本作。それは、『四月の永い夢』(2018年)、『わたしは光をにぎっている』(2019年)など、近年コンスタントに作品を作りつづけている中川監督にとっても、新たなチャレンジに満ちた一作であるという。

2019年11月に開催された『第20回東京フィルメックス』で観客賞を受賞するなど、大きな注目を集めているこの映画に、中川監督が込めた思いとは。そして、監督自身が「自らの分身的な存在」であると語る、仲野太賀との関係性とは。同世代の表現者として彼らが共有する「リアリティー」と「闘い方」の話も含めて、大いに語ってもらった。

太賀が主演してくれるのであれば、できるかもしれないって思ったんです。(中川)

―『走れ、絶望に追いつかれない速さで』以来懇意にしているというおふたりですが、改めてお互いはお互いにとってどんな存在なのでしょう?

仲野:初めて中川監督に会ったのは、その映画に出演する前だから、もう5年以上前になるんですかね。友人の紹介で渋谷の居酒屋で会ったんですけど、僕が知っている同世代の表現者というとだいたい俳優さんで、映画を作っている人に会うのはそのときがほとんど初めてだったんです。

映画監督って、20代で花を咲かせるのがなかなか難しい仕事だと思うんですけど、それでも中川監督は、当時から着実に存在感を示していて。もちろん、若い映画監督っていまはチラホラ出てきてはいるんですけど、中川監督はその中でも、ちょっと異質な存在だと思うんですよね。

―中川監督にとって太賀さんは?

中川:『走れ、絶望に追いつかれない速さで』という映画は、自分にとって、とても重要な位置づけの作品だと思っているので、その作品に主演で出てもらったというのは、やっぱり特別な存在です。

あと、当時は僕も太賀も、いま以上に将来がどうなるのか見えづらい状況で。そういう状況を共有しながら一緒に仕事をするのは、やっぱり得難い経験でした。その後ご一緒したどの役者さんとも違う濃密さがあったし、ある意味、僕の原体験みたいなものになっているような気がします。

左から:仲野太賀、中川龍太郎
左から:仲野太賀、中川龍太郎
仲野と中川監督が初めて共作した作品『走れ、絶望に追いつかれない速さで』

仲野:まあ、僕も当時はまだ22歳だったので……。

中川:若いよね(笑)。俺が24歳とかだもん。

仲野:あのときの経験は自分にとってもすごく濃密でしたし、とにかくいい時間でした。監督も若いし、映画を一緒に作っているTokyo New Cinemaの人たちもみんな若かったし、現場のスタッフも監督の昔からの知り合いだったりして、みんなで補い合いながら、ひとつの映画を作っていったような感じがありましたね。

―そんな太賀さんが、久しぶりに中川監督の映画に戻ってきたわけですが、そもそもこの『静かな雨』という映画は、どのような経緯で生まれたのでしょう?

中川:『四月の永い夢』『わたしは光をにぎっている』と、僕の映画をずっとプロデュースしてくれているWIT STUDIOの和田丈嗣さんが「次は原作ものに挑戦してみないか?」と、宮下奈都さんの小説『静かな雨』を僕に渡してくれたんです。

最初に読んだときは、非常に美しい小説だと思ったと同時に、ある意味抽象度が高い内容なので、これを映画にするのはなかなか難しそうだとも感じました。その後、いろいろと考えていく中で、太賀が主演してくれるのであれば、できるかもしれないって思ったんです。僕は僕なりに、この作品の中にテーマを見出すべきですし、そのテーマを表現できるのは太賀なのかなって。

仲野太賀(なかの たいが)<br>1993年2月7日生まれ。東京都出身。2007年の『風林火山』を皮切りに、2009年には『天地人』、2011年『江~姫たちの戦国~』、2013年『八重の桜』、2019年『いだてん』と過去に4作のNHK大河ドラマに出演。このほかのドラマ出演作に『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)、『仰げば尊し』(TBS系)、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)など。主な出演映画に『走れ、絶望に追いつかれない速さで』『南瓜とマヨネーズ』『タロウのバカ』など。
仲野太賀(なかの たいが)
1993年2月7日生まれ。東京都出身。2007年の『風林火山』を皮切りに、2009年には『天地人』、2011年『江~姫たちの戦国~』、2013年『八重の桜』、2019年『いだてん』と過去に4作のNHK大河ドラマに出演。このほかのドラマ出演作に『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)、『仰げば尊し』(TBS系)、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)など。主な出演映画に『走れ、絶望に追いつかれない速さで』『南瓜とマヨネーズ』『タロウのバカ』など。
中川龍太郎(なかがわ りゅうたろう)<br>1990年神奈川県生まれ。詩人としても活動し、17歳のときに詩集「詩集 雪に至る都」(2007年)を出版。初監督作品『Calling』(2012年)が『ボストン国際映画祭』で最優秀撮影賞受賞。『東京国際映画祭』日本映画スプラッシュ部門では『愛の小さな歴史』(2014年)につづき、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(2015年)と2年連続の出品を最年少にして果たす。ほかに『四月の永い夢』(2018年)、『私は光をにぎっている』(2019年)など。
中川龍太郎(なかがわ りゅうたろう)
1990年神奈川県生まれ。詩人としても活動し、17歳のときに詩集「詩集 雪に至る都」(2007年)を出版。初監督作品『Calling』(2012年)が『ボストン国際映画祭』で最優秀撮影賞受賞。『東京国際映画祭』日本映画スプラッシュ部門では『愛の小さな歴史』(2014年)につづき、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(2015年)と2年連続の出品を最年少にして果たす。ほかに『四月の永い夢』(2018年)、『私は光をにぎっている』(2019年)など。

―ここ最近は、朝倉あきさん(『四月の永い夢』)、松本穂香さん(『わたしは光をにぎっている』)と、女性が主人公の映画が多かった印象ですが、今回は実質的には男性が主人公であり、しかもその役を満を持して太賀さんが演じるという。

中川:そうですね。初めての原作ものだったし、今回の作品はスタッフもけっこう変わったので、やっぱりちょっと不安もあったんです。だからこそ、主演は気心の知れている人間であり、なおかつ自分がいまの時代に必要だと思う「誠実さ」を表現できる人にやってもらいたいなと思いました。

Page 1
次へ

作品情報

『静かな雨』
『静かな雨』

2020年2月7日(金)からシネマート新宿ほか全国で順次公開

監督・脚本:中川龍太郎
原作:宮下奈都『静かな雨』(文春文庫、2016年)
音楽:高木正勝
出演:
仲野太賀
衛藤美彩
上映時間:99分
配給:キグー

プロフィール

仲野太賀(なかの たいが)

1993年2月7日生まれ。東京都出身。2006年、俳優デビュー。2007年の『風林火山』を皮切りに、2009年には『天地人』、2011年『江~姫たちの戦国~』、2013年『八重の桜』、2019年『いだてん』と過去に4作のNHK大河ドラマに出演。このほかのドラマ出演作にNHK連続テレビ小説『あまちゃん』、『恋仲』(フジテレビ系)、『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)、『仰げば尊し』(TBS系)、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)など。主な出演映画に『走れ、絶望に追いつかれない速さで』『南瓜とマヨネーズ』『タロウのバカ』など。

中川龍太郎(なかがわ りゅうたろう)

1990年神奈川県生まれ。詩人としても活動し、17歳のときに詩集「詩集 雪に至る都」(2007年)を出版。やなせたかし主催「詩とファンタジー」年間優秀賞受賞(2010年)。国内の数々のインディペンデント映画祭にて受賞を果たす。初監督作品『Calling』(2012年)がボストン国際映画祭で最優秀撮影賞受賞。『雨粒の小さな歴史』(2012年)がニューヨーク市国際映画祭に入選。東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門では『愛の小さな歴史』(2014年)に続き、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(2015年)と2年連続の出品を最年少にして果たす。『四月の永い夢』(2018年)が、世界四大映画祭のひとつである第39回モスクワ国際映画祭コンペディション部門に正式出品、国際映画批評家連盟賞、ロシア映画批評家連盟特別表彰をダブルで受賞。第19回台北映画祭、第10回バンガロール国際映画祭にも正式出品された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信