特集 PR

レルエが考える、世界に響く日本の音、日本人にしかできない表現

レルエが考える、世界に響く日本の音、日本人にしかできない表現

レルエ『Eureka』
インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

3ピースバンド・レルエが、メジャーデビュー作『Eureka』を3月4日にリリースする。「Eureka」とは、なにかを発見したときの感動を表現する際に使う、ギリシャ語由来の感嘆詞だという。その言葉をタイトルに関した本作は、より広い世界に、自らが「発見される」ことを求めるバンドのパッションが力強く刻まれた作品だ。

アニメ「モンスターストライク」最終章『エンド・オブ・ザ・ワールド』の主題歌にもなった“キミソラ”をはじめ、バンドが本質的に持つスケール感の大きさを存分に感じさせる楽曲たちが並んでいる。そもそも、EDMを昇華したダンサブルなサウンドを得意とするバンドでもあったが、本作には、よりゆっくりと流れるようなメロウネスとダイナミクスを持つ楽曲たちが収められているところにも、今よりも先へ先へと進んでいこうとするバンドの強い意志を感じさせる。

3ピースバンドといえど、ドラムレスでバイオリンも含むという、一風変わった編成によってバンドアンサンブルを構築する、レルエ。彼らが目指すのは、日本のカルチャーを背負い、世界のフェスの舞台に立つことだという。その大きな野心の根っこにある想いと衝動を、メンバー全員インタビューで聞いた。

僕らの目指すものはずっと一貫している。『コーチェラ』みたいな世界的フェスを目指してやってきた。(櫻井)

―新作『Eureka』はメジャーデビュー作となりますけど、心境としてはいかがですか。

櫻井(Vo,Gt):僕らは根本として、多くの人に自分たちの音楽を届けていきたいという気持ちがあるので、モチベーションは上がっています。もっと広いリスナーさんに届けたいという意識が強くなっていますね。

―レルエの音楽を広く届けていった先に目指す場所は、どこにありますか?

櫻井:僕らの目指すものはずっと一貫していて、『コーチェラ』みたいな、世界的なフェスを目指してやってきたんです。

saya(Violin,Synth):今までもずっと、「将来的には世界に出たい」という意識でやってきていて。世界に出たうえで、「日本の音楽」として認知されたいという気持ちが強いですね。

レルエ<br>左から:saya、櫻井健太郎、エンドウリョウ<br>2013年8月、櫻井健太郎(Vo,Gt)、エンドウリョウ(Ba)、saya(Violin,Syn)の3人で結成。透きとおるようなハイトーンボイスとエレクトロサウンド、ギター、バイオリンによる、個性的なメロディーが特徴の3人組バンド。『METROCK 2019』『JOIN ALIVE 2019』『PIA MUSIC COMPLEX』等の大型フェスへ相次いで出演。アニメ「モンスターストライク」最終章『エンド・オブ・ザ・ワールド』主題歌へ書き下ろした“キミソラ”を収録した1st EP『Eureka』を2020年3月4日にビクターエンタテインメントよりリリースすることが決定。
レルエ
左から:saya、櫻井健太郎、エンドウリョウ
2013年8月、櫻井健太郎(Vo,Gt)、エンドウリョウ(Ba)、saya(Violin,Syn)の3人で結成。透きとおるようなハイトーンボイスとエレクトロサウンド、ギター、バイオリンによる、個性的なメロディーが特徴の3人組バンド。『METROCK 2019』『JOIN ALIVE 2019』『PIA MUSIC COMPLEX』等の大型フェスへ相次いで出演。アニメ「モンスターストライク」最終章『エンド・オブ・ザ・ワールド』主題歌へ書き下ろした“キミソラ”を収録した1st EP『Eureka』を2020年3月4日にビクターエンタテインメントよりリリースすることが決定。

―世界で認知されている日本の音楽というと、たとえばPerfumeやBABYMETAL、あるいは初音ミクなどがあると思うんですけど、そういうところまでレルエという存在を持っていきたい?

saya:そうですね。「日本の音楽といえば、レルエっているよね」って、海外の人たちの会話に名前が出てくるような状況を作りたいと思っています。

櫻井:カルチャーの一種として、レルエが認知されればいいよね。

―自分たちの音楽のどのような部分が、世界的に見たうえでの「日本の音楽」としての面白さにつながると思いますか?

櫻井:メロディですね。具体的には「ペンタを多用している」とか、いろいろあるんですけど、旋律の部分が大きいかなと思います。

僕らの音楽はEDMとかインディーロックとか、海外の音楽の要素も取り入れているし、サウンド自体はどんな場所の人にも受け入れられるようにワールドスタンダードなものを意識しているんですけど、そのうえで「日本っぽさ」を残しているのは、メロディの作り方や音の構成に依るところが大きいと思います。

saya:日本の音楽のメロディには独特の哀愁があると思うんですけど、そういう独特さって、きっと世界の人たちにとっては、民族音楽みたいに聴こえるのかもしれないなって思うんですよ。

―確かに、すごく土着的なものとして受け取られている可能性は高いですよね。

saya:今はSpotifyとかで、海外のチャートも見ることができるじゃないですか。たまにインドのチャートとかを見てみたりするんですけど、やっぱり、日本人の視点から見ると独特なチャートなんですよね。で、実際に曲を聴いてみると、旋律も独特だったりする。

その国ではそれがメインとして受け入れられているけど、外から見ると独特に感じる……そういう状況って、日本も同じだと思うんですよ。特に日本のチャートは他の国のチャートと比べると特殊だったりするし、レルエの音楽もきっと、海外の人たちからすると、すごく独特なものに聴こえると思うんです。

―僕も、国ごとのSpotifyのチャートをたまに見比べてみたりするんですけど、日本のチャートは本当に特殊ですよね。

saya:そうなんですよね(笑)。

saya
saya

―そういう部分は「ガラパゴス的」とも言われますけど、「文化が鎖国的なんじゃないか?」という疑問と共に、ネガティブに捉えられることもあると思うんです。そういう意見に対しては、どう思いますか?

エンドウ(Ba):ガラパゴス的だからといって悪い、ということはないと思います。そこから新しいものが生まれるかもしれないし。「いい / 悪い」以前に、もうそういう前提があるのであれば、それを突き詰めていくことで見えるものもあると思う。

saya:そうだね。それに、チャートの違いでいったら、インドも違いますからね……って、さっきからインドは例として挙げているだけなんですけど(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

『Eureka』初回限定盤(CD+DVD)
レルエ
『Eureka』初回限定盤(CD+DVD)

2020年3月4日(水)発売
価格:2,530円(税込)
VIZL-1733

[CD]
1. あふれる
2. キミソラ
3. 深海
4. pulse
5. 白

[DVD]
・キミソラ Music Video
『LELLE live tour 2019 “Alice” at Shibuya WWW』
・Stockholm
・時鳴りの街
・クローバー
・火花

『Eureka』通常盤(CD)
レルエ
『Eureka』通常盤(CD)

2020年3月4日(水)発売
価格:1,650円(税込)
VICL-65330

1. あふれる
2. キミソラ
3. 深海
4. pulse
5. 白

イベント情報

『インストアツアー「LELLE acoustic in-store tour “Eureka”」』

2020年3月28日(土)
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース

2020年4月4日(土)
会場:東京都 タワーレコード渋谷店 5F イベントスペース

プロフィール

レルエ
レルエ

2013年8月、櫻井健太郎(Vo,Gt)、エンドウリョウ(Ba)、saya(Violin,Syn)の3人で「レルエ」結成。透きとおるようなハイトーンボイスとエレクトロサウンド、ギター、バイオリンによる、個性的なメロディーが特徴の3人組バンド。『METROCK 2019』『JOIN ALIVE 2019』、2年連続となる『PIA MUSIC COMPLEX』等の大型フェスへ相次いで出演。2019年9月18日に初のフルアルバム『Alice』をリリース。収録曲“時鳴りの街”がTBS系テレビ『CDTV』9月度エンディングテーマへ抜擢。アニメ「モンスターストライク」最終章『エンド・オブ・ザ・ワールド』主題歌へ書き下ろした“キミソラ”を収録した1st EP『Eureka』を2020年3月4日にビクターエンタテインメントよりリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催