特集 PR

地球家電という発想が生む、誰でも関与できる環境へのアクション

地球家電という発想が生む、誰でも関与できる環境へのアクション

パナソニック「Game Changer Catapult」
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:伊藤信 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

パナソニックが推進する「Game Changer Catapult(ゲームチェンジャー・カタパルト)」とは、企業のなかでイノベーションを起こすための種を探し事業開発に結びつける、実験室とアクセラレーターを兼ねたような場所だ。これまでに、食や健康、美容などに関わるさまざまなプロジェクトが発信されてきたが、ここで、また新たな試みが産声をあげようとしている。

「AiryTail」とは、周囲の空気も綺麗にするパーソナル空気清浄マスク。マスクを使用する個人のための防塵や空気清浄の役割を果たすだけでなく、周囲の環境にも清浄な空気をもたらすという、ユニークなアイデアが詰まっている。

PM2.5や排気ガスによる大気汚染が国際的な問題になるなかで、AiryTailは個人でもできる環境へのコミットを促進するものとして構想されたという。このアイデアを着想し、チームメンバーと共にかたちにした山中香苗に話を聞いた。

環境への意識と、科学や文明を両立させて働くことに葛藤しはじめるようになって、この10年間ぐらいずっと悩んでいました。

―「AiryTail」とは、どんな事業アイデアなのでしょうか?

山中:これは、東南アジアのバイクライダーさん、特に女性を想定して開発されたパーソナル空気清浄マスクなんです。大きな特徴として、着用する個人がきれいな空気を吸えるようになるだけじゃなく、走行中の風が内蔵されたフィルターを通り、電気なしで周囲の空気もきれいにしていきます。

バイク移動することで清浄な空気が「しっぽ」のように街に広がっていく。それで「AiryTail(空気の尾)」という名前なんです。

山中香苗<br>1976年、大阪府生まれ。幼少期より環境問題に関心を持ちつつも先端技術に憧れ大阪大学理学部に進学し高分子科学を修了。もっと世の中に役立つ開発をしたいという理由で2006年パナソニックに転職。2010年発売のエネチャージエアコン(廃熱利用)では、蓄熱材の開発や防食を担当し商品化を担当。その頃から、環境問題と家電の在り方に強い葛藤を抱き、「家電メーカーにいるからこそできること」を模索し始め、2016年「地球家電」の構想に行き着き現在に至る。
山中香苗
1976年、大阪府生まれ。幼少期より環境問題に関心を持ちつつも先端技術に憧れ大阪大学理学部に進学し高分子科学を修了。もっと世の中に役立つ開発をしたいという理由で2006年パナソニックに転職。2010年発売のエネチャージエアコン(廃熱利用)では、蓄熱材の開発や防食を担当し商品化を担当。その頃から、環境問題と家電の在り方に強い葛藤を抱き、「家電メーカーにいるからこそできること」を模索し始め、2016年「地球家電」の構想に行き着き現在に至る。
AiryTailのイメージ画像。粉塵などにより空気が汚染されている交通量の多い道路上で、AiryTailはバイクライダーとその周囲の人々、双方のために空気を浄化する
AiryTailのイメージ画像。粉塵などにより空気が汚染されている交通量の多い道路上で、AiryTailはバイクライダーとその周囲の人々、双方のために空気を浄化する

―東南アジアの国ではバイクが広く普及していますし、PM2.5や黄砂などが原因の大気汚染が問題になっていますね。

山中:そうですね。もともと私自身、小さい頃から環境問題に関心があったんです。大学では理学部に進み、卒業して家電業界に就職したものの、環境への意識と、科学や文明を両立させて働くことに葛藤しはじめるようになって、この10年間ぐらいずっと悩んでいました。もう、いったん会社を辞めてしまって、環境関係のNPOに入ろうかなんて本気で考えたりもしたんです。

でも先端的な技術も自分は好きだし、なんとか会社のなかで状況を変えていきたいとも思っていて……。それで2016年の秋ぐらいから「地球家電」という、環境問題の対策に特化した機能を持つ家電を企画しはじめて、ことあるごとに上司に提案することを始めたんです。

―反応はいかがでしたか?

山中:当時は技術本部にいたんですけど「そんなん買わへん!」「誰がお金払うねん!」と、コテンパンに言われていました(苦笑)。確かにその時点のアイデアは、まだまだ粗削りだったので、当然なんですけどね。

ふつふつとした気持ちを抱えたまま、その後エアコン事業部に異動することになりました。改めて考えてみると私が当時構想していた地球家電はエアコンのカテゴリーに入りますから、これは「しめた!」と。

―異動をチャンスと捉えたんですね。

山中:異動先のエアコン事業部の上司は、地球家電という環境に対するアプローチに共感してくれました。エアコンは、室内を冷やしたり暖かくしたりするために外に排気する必要のある家電ですから、製品開発をする上では環境への意識を持たざるをえないことも理由だったかもしれません。

それで、業務時間の30%を地球家電の開発に割いてもいいという許可をもらったんです。ただ異動先のエアコン事業部で全く専門外の制御を使った機能開発を手掛けることになって、なかなかそれ以外のことにまで手が回らないのが現実でした……。

結局、日々の業務に忙殺されてあっという間に2年間が過ぎてしまったんです。そんなタイミングで知ったのが、「Game Changer Catapult(ゲームチェンジャー・カタパルト、以下GCカタパルト)」の取り組みでした。

山中香苗
Page 1
次へ

プロジェクト情報

Game Changer Catapult

パナソニック アプライアンス社による企業内アクセラレーター。より新しい生活文化や心躍る体験を実現する、未来の「カデン」を生み出すため、今までとは違うスピード感で、ゲームチェンジャーたちの挑戦が始まっています。

AiryTail

交通量の多い道路上では、粉塵などにより空気が汚染されています。外気に直接さらされるバイクライダーや歩行者、近隣住民は、粉塵などの微粒子を吸引している可能性があります。AiryTailは、バイクライダーとその周囲の人々、双方のために空気を浄化します。

プロフィール

山中香苗(やまなか かなえ)

1976年、大阪府生まれ。幼少期より環境問題に関心を持ちつつも先端技術に憧れ大阪大学理学部に進学し高分子科学を修了。その後、「電化製品がどのように世の中に提供され、消費社会がどのように回っているのか」に興味が湧き、2002年ディスプレイ機器メーカーに入社。液晶の新技術開発や、24時間対応の生産技術、ライン立ち上げを担当しモノづくりの仕組みを学ぶ。もっと世の中に役立つ開発をしたいという理由で2006年パナソニックに転職。2010年発売のエネチャージエアコン(廃熱利用)では、蓄熱材の開発や防食を担当し商品化を担当。その頃から、環境問題と家電の在り方に強い葛藤を抱き、「家電メーカーにいるからこそできること」を模索し始め、2016年「地球家電」の構想に行き着き現在に至る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開 1

    Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開

  2. 「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開 2

    「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開

  3. 東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開 3

    東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開

  4. 山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開 4

    山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開

  5. KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表 5

    KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表

  6. カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案 6

    カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案

  7. 小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売 7

    小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売

  8. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 8

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  9. 杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質 9

    杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

  10. 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る 10

    世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る