特集 PR

雨のパレードの上京前夜と現在。人生を変えるのは「街」じゃない

雨のパレードの上京前夜と現在。人生を変えるのは「街」じゃない

Honda
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:ヤオタケシ 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

雨のパレードは常に聴き手に寄り添い、その人の心を救うような歌を歌い続けてきたバンドだ。最新アルバムのタイトル曲“BORDERLESS”では<愛した人 歩んだ道 何もかも全部間違いじゃない>と呼びかけているように、その目線は優しくも力強い。前に進む10~20代の若者を応援するプロジェクト「Honda×Music バイクに乗っちゃう? MUSIC FES.」に、マカロニえんぴつ、CHAI、the peggiesらとともに雨のパレードが参加しているのは、非常にしっくりくる。

Hondaとのスペシャルコラボでミュージックビデオが制作されたのは、最新アルバムに収録されている“Walk on”。インディーズ時代の名曲“Tokyo”が起点となっているこの曲で、彼らは<憧れていたこの街に 理想の自分が待っていると思っていた>と、都市の理想と現実のギャップを歌う。そこで今回は、地元の鹿児島から上京してきた当時を振り返ってもらい、環境の変化に伴う不安や迷いといかにして向き合ってきたかを語ってもらった。新たな生活をスタートさせたあなたが、確かな一歩を踏み出せますように。

鹿児島を離れることを、簡単に決断できたわけではない。三者三様だった想い

雨のパレード(あめのぱれーど)<br>左から:大澤実音穂、福永浩平、山﨑康介<br>2016年メジャーデビュー。ジャンルや洋邦の枠を超えた音楽性と、アナログシンセやサンプラー、ドラムマシーンなどを取り入れた、バンドという形態に拘らないサウンドメイクを武器に新世代のポップスを提唱する。2019年より現在の3人編成となる。その枠にとらわれないボーダレスな音楽性に、アジアを中心に海外からの注目度も高まっている。2020年1月22日には4枚目のオリジナルアルバム『BORDERLESS』をリリース、2月から全国ツアー『TOUR 2020“BORDERLESS”』を開催。
雨のパレード(あめのぱれーど)
左から:大澤実音穂、福永浩平、山﨑康介
2016年メジャーデビュー。ジャンルや洋邦の枠を超えた音楽性と、アナログシンセやサンプラー、ドラムマシーンなどを取り入れた、バンドという形態に拘らないサウンドメイクを武器に新世代のポップスを提唱する。2019年より現在の3人編成となる。その枠にとらわれないボーダレスな音楽性に、アジアを中心に海外からの注目度も高まっている。2020年1月22日には4枚目のオリジナルアルバム『BORDERLESS』をリリース、2月から全国ツアー『TOUR 2020“BORDERLESS”』を開催。
“Walk on”ミュージックビデオ

―今回は“Walk on”の歌詞になぞらえて、上京当時にどんな不安や迷いを感じていて、いかにしてそれを乗り越えていったのかをお伺いしたいと思います。そもそもは鹿児島時代に活動していた別のバンドが解散して、その後に上京したんですよね?

福永(Vo):そうですね。僕は当時から「音楽で生計を立てていきたい」という夢を持っていたので、その鹿児島で組んでたバンドでそれができるなら、行けるところまで行きたいと思ってやってたんですけど、結局は解散することになってしまって。ただ、もともと上京することを考えていたので、メンバーに声をかけて、二人も来てくれたという感じです。

―福永くんは地元の音楽の専門学校を1年でやめたそうですね。

福永:1年でやめて、1年間お金を貯めて、上京しました。高校もその専門学校と同じ系列の学校だったので、高校から打ち込みやコード理論の授業を受けていたんです。でも、専門学校に上がったら、そこから学び始める人の方が多くて、授業の内容もほぼ高校と一緒だし、あんまり意味を見出せなくて。もちろん、その中ではいい出会いもあって、(大澤)実音穂もそうだし、いい先生ともいっぱい出会えたんですけど、思ってた感じとは違ったんですよね。だったら、1年でやめて、もう1年分の学費は上京資金に充てた方がいいなって。

―学校をやめることや上京に対する不安や迷いはありませんでしたか?

福永:好奇心の方が勝っていたと思います。環境を変えることに対する恐れみたいなものはあんまり感じないタイプで、むしろ変化を求めてた気がしますね。どちらかというと、(福永以外の)二人が渋ってた(笑)。

大澤(Dr):渋ってたというか……悩みはしたけどね。

福永:(山﨑)康介さんは僕よりだいぶ歳が上だったしね。

山﨑(Gt):僕も音楽をやってる以上、漠然と「これで食っていけたらな」っていうのはあったんですけど、自分でなにか本格的に行動に移すことはなく、鹿児島でバイトしながらなんとなく音楽活動をしている感じだったんです。なので、(福永)浩平くんから「上京しよう」って言われたときは、これが自分のターニングポイントだと思ったというか、「このきっかけを逃したら、俺はこのまま腐っていく」と思ったので、「俺も行かせてくれ」って。だから、サルベージしてもらったような感じですね。

左から:大澤実音穂、福永浩平、山﨑康介

―大澤さんも、福永くんと同じ専門学校を1年でやめてるんですよね?

大澤:私もドラムでご飯を食べることをずっと考えていて、そのために学校に入ったんですけど……周りの人たちを見て、「みんな本気で音楽やってるのかな?」って感じだったので、これだったら意味がないんじゃないかって。

でも、福永が「東京でやろう」って誘ってくれたとき、私はめっちゃ不安で。レーベルの人から誘われたわけでもないし、東京に知り合いがいっぱいいたわけでもないし、親も「女の子が一人で大丈夫なの?」みたいな感じだったから、不安要素の方が大きくて。

ただ、私も康介さんと一緒で、このきっかけを逃したら東京に行く機会はないと思ったし、なにより「みんなと一緒にバンドをやりたい」という想いが強かったので、一緒に行くことにしました。不安より期待の方が勝ったということですかね。「やってみなきゃわかんない」ともすごく思ったし。

左から:大澤実音穂、福永浩平、山﨑康介

福永:康介さんに関しては、家もあらかじめ僕が決めてましたからね(笑)。

山﨑:僕だけちょっと上京のタイミングがずれて。先に二人が家を確保してくれていて、僕はそこに入り込めばよかったので、それだけでもかなり気が楽でした(笑)。でもやっぱり一番の決め手は「ここで行かないと後悔する」と思ったからですね。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

「Honda×Music バイクに乗っちゃう? MUSIC FES.」
「Honda×Music バイクに乗っちゃう? MUSIC FES.」

今を全力で走るアーティストとHondaでスペシャルコラボミュージックビデオを制作し、前に進むみんなを応援するプロジェクト。雨のパレードの他、マカロニえんぴつ、CHAI、the peggiesが登場。

リリース情報

雨のパレード『BORDERLESS』通常盤
雨のパレード
『BORDERLESS』通常盤(CD)

2020年1月22日(水)発売
価格:3,300円(税込)
VICL-65265

1. BORDERLESS
2. Summer Time Magic
3. Story
4. Walk on
5. Trust
6. 惑星STRaNdING (ft.Dos Monos)
7. Hallelujah!!
8. EXIT
9. Gullfoss
10. Material
11. Ahead Ahead (new mix)

イベント情報

『ame_no_parade TOUR 2020 “BORDERLESS”』

2020年4月24日(金)
会場:福岡県 BEAT STATION

2020年5月1日(金)
会場:大阪府 なんばHatch

2020年5月6日(水・祝)
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

2020年5月20日(水)
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI

プロフィール

雨のパレード
雨のパレード(あめのぱれーど)

福永浩平(Vo)、山﨑康介(Gt)、大澤実音穂(Dr)。2013年に結成、2016年メジャーデビュー。80'sPOP、インディR&B、エレクトロハウス、アンビエントなど様々なジャンルと洋邦の枠を超えた音楽性と、アナログシンセやサンプラー、ドラムマシーンなどを取り入れた、バンドという形態に拘らないサウンドメイクを武器に新世代のポップスを提唱する。2019年に入り現在の3人編成となり、シングル『Ahead Ahead』を携えて雨のパレード第二章の幕を開けた。続けて7月に『Summer Time Magic』、9月に『Story』を配信シングルとしてリリース。その枠にとらわれないボーダレスな音楽性に、アジアを中心に海外からの注目度も高まっている。2020年1月22日には4枚目のオリジナルアルバム『BORDERLESS』をリリース、2月から全国ツアー『TOUR 2020“BORDERLESS”』を開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材