特集 PR

竹内唯人×Novel Coreの19歳対談 これから社会を背負う世代として

竹内唯人×Novel Coreの19歳対談 これから社会を背負う世代として

竹内唯人『From Now On feat. Novel Core』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

昨年10月にシングル“Only Me”でデビューし、LINE MUSICランキング2位を獲得したシンガーソングライター竹内唯人が、新世代アーティストのNovel Coreをフィーチャリングした通算4枚目のシングル“From Now On feat. Novel Core”をリリースした。

本作は、竹内にとって初のコラボレーション楽曲。インターネット番組出演や、積極的なSNS発信によって急速に注目を集めている彼が、朋友のNovel Coreとともに「過去」と「未来」を対比させながら、加速する「今」を鮮やかに描いている。サウンドプロデューサーは前作に引き続きsooogood!が手掛けており、竹内の持つ切なくもどこか懐かしいメロディセンスや、Novel Coreの卓越したリズム感をバランスよく引き出した。

竹内もNovel Coreも同じ19歳。奇しくも10代最後の年、これまでの道のりを振り返る楽曲を書き上げた彼らは今、どのような展望を抱いているのだろうか。誰をも惹きつける天真爛漫な竹内と、人望も厚くリーダー肌のNovel Core。全く違う個性を持ちながらプライベートでも親交の深い2人に、お互いの胸の内を語り合ってもらった。

※この取材は東京都の外出自粛要請が発表される前に実施しました。

もともと惹かれあっていた2人の、友情から始まったコラボレーション

―もともとおふたりは仲が良いそうですね。

Novel Core:そうなんです。気づいたら会ってたよね?

竹内:だね。でも俺は『(BAZOOKA!!!)高校生RAP選手権』(BSスカパー!のバラエティー番組『BAZOOKA!!!』内の企画)を見ていたからCoreのことはずっと知ってた。「Rude-αの弟子みたいなヤツが出てきたぞ」って(笑)。とにかく熱くて真っ直ぐな男なので。

Novel Core:あははは、嬉しいな。唯人は俺からすると、「ザ・二枚目」って感じ(笑)。自分とは対極にいる男のイメージ。純粋に「かっこいいなあ」と思うことが多いし、近くにいていろいろ吸収したくなるっていうか。

竹内:「一緒に曲作らない?」という話も自然の流れだったよね。

左から:Novel Core、竹内唯人
左から:Novel Core、竹内唯人

―友情から始まったコラボなのですね。具体的にはどうやって作業を進めていったのですか?

竹内:まずは2人でテーマを決めました。いろいろアイデアを出した結果、「未来とか過去を対比させたようなリリックにしよう」と。

Novel Core:僕も唯人も、インターネット番組に出演したことがきっかけで、世間の人たちから急激に注目されるようになったんです。そのおかげもあって、本来は出会わなかったかもしれない人たちと仕事をする機会も増えたし、そこでまた新しい出会いもあって。今までのことを振り返ったり、これから先のことを考えたりすることが、すごく増えてきたタイミングだったんですよね。

竹内:テーマが決まってからは早かったよね?

Novel Core:一瞬だったね。それまでは結構こまめにLINEでやり取りして。お互いラップミュージックが好きといっても微妙に好きなポイントが違うし、やっている音楽性も違うので、そこを喧嘩しないように上手く融合して、いいところに落ち着かせたいなと思っていました。

竹内:名義は「feat. Novel Core」になってますけど、トラックの部分は彼に任せましたね。俺よりもアーティストとしての活動が長いから、いろいろ勉強させてもらいました。

竹内唯人“From Now On feat. Novel Core”(LINE MUSICで聴く

Novel Core:僕が好きなのはポスト・マローン辺りの世代のアーティストで、そういうミュージシャンに刺激を受けて作っていて。ロックからの影響をヒップホップに還元したようなスタイルの楽曲が多いので、そこにさらにポップテイストを加えて「いい曲」にしたいなと。

サビは唯人がある程度メロディを作ってくれて、「歌詞をどうしよう?」という感じになったときに「今から10分間でお互いに1案ずつ出そう」みたいなこともしたよね。

竹内:あの時は、Coreがリリックを書くスピードにとにかく驚いた。俺は家でしっかり考えてスタジオに持って行ったんですけど、Coreはその場でトラックを聴いて、あっという間に歌い始めてOKテイク出してるんですよ。

左から:竹内唯人、Novel Core

Novel Core:最近そういうスタイルになってきました。昔は僕も、家でゆっくりリリックを考えて、スタジオでレコーディングしてみて、プレイバックして「ちょっと違うな」と思ったらまた書き直して……ということをよくやっていたんですけど、その場で考えた方が「作業感」が少なくなるというか、自分の中から素直に言葉が出てくる気がするんです。

竹内:俺はメロディがないと意味の通じないリリックしか書けないんだけどさ、Coreみたいにそのまま読んでも意味が分かるような、真っ直ぐなリリックってどうやって書くの?

Novel Core:そこは結構、意識的にやっているかもしれない。音楽をやり始めてからずっと思っていたのは、これから書くリリックをまとめたらそのまま一冊の本になるような、時系列で並べたら俺の人生が全てわかるようなリリックを目指したいなってことなんだよね。

竹内:めちゃくちゃ先のこと見据えてるんだな。俺、そんなこと考えた試しがないわ……。

左から:竹内唯人、Novel Core
Page 1
次へ

リリース情報

竹内唯人『From Now On feat. Novel Core』
竹内唯人
『From Now On feat. Novel Core』

2020年3月23日(月)配信

プロフィール

竹内唯人(たけうち ゆいと)

2001年1月9日生まれの19歳。AbemaTV『オオカミちゃんには騙されない』に出演し、スタイリッシュなビジュアルと気さくなキャラクターとのギャップが同世代から人気を集める。2019年10月にアーティストデビューを果たし、活躍の場を広げている。

Novel Core(のべるこあ)

2001年1月18日生まれ、東京都出身の19歳。『BAZOOKA!!! 第12回高校生RAP選手権』での優勝、Zeebra主宰のレーベル「GRAND MASTER」との契約、SKY-HIのミックステープ“FREE TOKYO”への参加など、着実に結果を残し続け、その名を全国へと広げていく。その活躍は今や音楽シーンだけに留まらず、様々なシーンで注目を浴び続ける。2020年4月、自身が総合プロデュースを務めた1st Album『WCMTW』をリリース。今後の動きに大きな期待が集まる最注目のアーティスト。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄