特集 PR

遥海、その歌声は人々の心を震わせる。稀有な人生から溢れ出る歌

遥海、その歌声は人々の心を震わせる。稀有な人生から溢れ出る歌

遥海『Pride』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
2020/05/22

私、こう見えてネガティブなんです(笑)。ただ、ポジティブと優しさって作れるんですよ。

―今日はリモートでの取材になりましたが、コロナ禍の中で遥海さんは日々どんなことを考えていますか?

遥海:こういう状況の中で、どれだけポジティブなことを考えられるかが大切なのかなと思っています。夜中についつい考えすぎてしまったり、気持ちが焦ってしまったりしがちですけど、そうやっていろんな感情になっている自分を受け入れてあげようって。

アーティストとしては、自分の発する言葉の影響力を自覚することも大切だなと。ライブがなくてみんなと会えないけど、「でも私はここにいるよ?」ということを伝えたいし、そのためにInstagramで「質問箱」を作ったり、誰かとコラボしてそれを発信するための企画を練ったり。今はネットがあるから、いつでも繋がれるじゃないですか。日本だけじゃなくて、海外も巻き込んで色々できたらいいなとか、そんなことを考えていますね。

人気YouTuber・しらスタとのコラボ動画

―ついネガティブに物事を考えてしまいがちですが、いろんな視点に切り替えてみるのは、閉塞感から脱却するひとつの方法かもしれないですね。

遥海:たまには外に出ないと苦しくなっちゃいますよね。なるべく人のいないときを見計らって散歩すると、空気ってこんなにも美味しいんだとか、太陽ってこんなにも気持ちいいんだって、当たり前のことに気づかされます。

コロナによって、人として変わることができているというか。誰かと会えることが、どんなにありがたかったのかを実感すると同時に、自分にとって本当に大切な人は誰なのかも、こういう状況になってよりクリアになってきましたね。

―今日、お話を聞いていて、紆余曲折がありながらも遥海さんは常に周りの人に恵まれているのだなと思いました。それはもちろん、遥海さんの人柄がそういった人たちを惹き付けるし、遥海さんの姿勢が、周りの人を明るくしているんだろうなと。

遥海:ありがとうございます。私、人間観察がすごく好きなんですよね。「あ、この人は今こういう気分なんだな」とか「この人はこれがしたいんだな」とか、表情を見てすぐ察するというか。男女問わずつい面倒をみたくなっちゃうんです(笑)。

あと、常に正直に向き合うようにもしていますね。例えば誰か落ち込んでいる人がいたときに、その人が欲しがっている言葉よりも、その人にとって必要な言葉をかけることが絆を強くするんじゃないかなと思っているんです。大丈夫じゃないときに「大丈夫じゃないよ?」って言える正直さ、「honesty」も心がけています。

遥海

―常にポジティブでいるために、なにか心がけていることはありますか?

遥海:あ、でも私、こう見えてネガティブなんです(笑)。「ああ、できなかったらどうしよう」「大丈夫かな」とか常に考えてしまいがちなんですね。

ただ、ポジティブって作れるんですよ。優しさも同じで、作れるもの、選び取れる選択肢のひとつだと思うんです。大切なのは、惑わされないこと。自分の敵は自分で、ネガティブになっている自分に対しては、「私の感情は、自分で選び取るんだ、コントロールするんだ」って思うようにしています。「ポジティブと優しさは、作れる」と思えば気持ちも楽になりますよ。

―今後は、ご自身で歌詞をもっと書いていきたいとも思いますか? 今日話してくださったような遥海さんの価値観やメッセージが、遥海さんの手で歌詞に昇華された楽曲をぜひもっと聴いてみたいです。

遥海:自分でも歌詞を書きたいです。言いたいこと、伝えたいメッセージはたくさんあるのに、今はまだボキャブラリーも足りないし浅いし、ちゃんと伝えきれなくて悲しくなることが多くて。でも必ず書きます!

遥海『Pride』通常盤ジャケット
遥海『Pride』通常盤ジャケット(Amazonで見る
Page 4
前へ

リリース情報

遥海『Pride』初回生産限定盤
遥海
『Pride』初回生産限定盤(CD+DVD)

2020年5月20日(水)発売
価格:1,980円(税込)
BVCL-1080~1

[CD]
1. Pride
2. answer
3. Hearts Don’t Lie
4. Fever Dream
5. Pride instrumental

[DVD]
1. Pride MUSIC VIDEO
2. 記憶の海 another ver. MUSIC VIDEO
3. Don’t Break My Heart MUSIC VIDEO

遥海『Pride』期間生産限定盤
遥海
『Pride』期間生産限定盤(CD+DVD)

2020年5月20日(水)発売
価格:1,760円(税込)
BVCL-1083~4

[CD]
1. Pride
2. answer
3. Hearts Don’t Lie
4. Fever Dream
5. Pride instrumental

[DVD]
1. 『波よ聞いてくれ』ノンクレジット ED MOVIE

遥海『Pride』通常盤
遥海
『Pride』通常盤(CD)

2020年5月20日(水)発売
価格:1,430円(税込)
BVCL-1082

1. Pride
2. answer
3. Hearts Don’t Lie
4. Fever Dream
5. Pride instrumental

プロフィール

遥海
遥海(はるみ)

日本とフィリピンでの生活で培った様々な音楽的バックグラウンドと、喜怒哀楽の豊かな感情を声にのせ、日本語、英語を使ってハイブリッドに表現するシンガー。3歳よりクワイヤに参加して自然と音楽の道へ。13歳の時に日本語が分からないままフィリピンより日本へ移住。言葉の壁に躓きながら葛藤し、必死で言葉を伝えようとするうちに「言葉を歌で伝える」アーティストへと成長していく。その過程で、世界的オーディション番組の日本版『X Factor Okinawa Japan』にチャレンジして注目を集めると、その後様々なメディアで、その歌声はもちろんのこと、「心から歌っている」と表現力の高さを評価される。2018年4月には、クラウドファンディングにてZepp Divercity Tokyoでのライブを支援するプログラム『Road to Zepp』の第1弾アーティストに選出。予想より早く目標額を達成し、満員の観客の前でパフォーマンスを披露。同年8月、自分の歌がどこまで通用するのかを確かめるべく、自ら応募し、単身で本場の『The X Factor (UK)』に挑戦。ウェンブリー・アリーナでパフォーマンスを披露し、3000人観客からスタンディングオベーション。サイモンコーウェルも絶賛したが、惜しくもステージ4で涙を飲んだ。この経験をバネに、2019年には自身初の東名阪ワンマンライブツアーを開催し、配信限定EP『MAKE A DIFFERENCE EP』、CD『CLARITY』をリリース。2020年5月、シングル『Pride』でメジャーデビュー決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄