特集 PR

人の優しい言葉に救われた。BOY・奥冨直人が語るコロナと街

人の優しい言葉に救われた。BOY・奥冨直人が語るコロナと街

YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング
インタビュー・テキスト・撮影・編集
黒田隆憲
編集:柏井万作(CINRA.NET編集長)

古着のみならず、オリジナルグッズやCD、カセット・テープなどが所狭しと並ぶコンセプトショップ「BOY」。オーナーの奥冨直人さんは、DJやTV番組のパーソナリティなどを務めつつ、渋谷を中心にライブハウスやクラブに足繁く通い、お気に入りのアーティストには直接交渉しながら店頭に置くアイテムを増やしていった。もともと「ヴィンテージショップ」として始めた「BOY」は、もはや「奥冨ワールド」とも呼べるような、カテゴライズ不要のショップへと進化。その確かな審美眼にはミュージシャンや俳優、モデル、デザイナーといった人たちも厚い信頼を寄せている。

ストリートと音楽とファッションを繋ぐ「BOY」のコンセプトは、様々なカルチャーが交差する「渋谷」そのもの。今年で11年目に突入した「BOY」の店頭に、今なお立ち続ける奥冨さんは、コロナ禍で変わりゆくこの街で、どのような「覚悟」を定めたのだろうか。

YOU MAKE SHIBUYA連載企画「渋谷のこれまでとこれから」

新型コロナウイルスの影響で激動する2020年の視点から、「渋谷のこれまでとこれから」を考え、ドキュメントする連載企画。YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディングとCINRA.NETが、様々な立場や視点をお持ちの方々に取材を行い、改めて渋谷の魅力や価値を語っていただくと共に、コロナ以降の渋谷について考え、その想いを発信していきます。

YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング

渋谷でお店が続いたのは「たくさんの人が、たくさんの目的で来る街」という、交差する地であることが大きかったと思います。

―奥冨さんがオーナーを務める「BOY」は、どのような思いでスタートしたのでしょうか。

奥冨:僕が少年期から多大な影響と感動を受け続けてきたファッションと音楽が、厄介な「くくり」無くお客さまそれぞれの人生や世の中に広がっていってほしいという気持ちでスタートしました。もともとは、古着屋を数店舗運営する会社が渋谷に新店舗を出す際に、その会社の系列店舗によくたむろしていた僕が立ち上げから参加させてもらったのがきっかけです。

当時はファッション誌のストリートスナップ文化が盛んな頃で、高校生だった僕も色々と載せてもらう機会が増え、なんとなく目立っていた部分もあったと思いますね。お誘いをいただき、店長としてオープンしたのが10代の頃だからもう11年前になります。独立してからは、最初の思いはより加速していきました。

奥冨直人(おくとみ なおと)<br>渋谷宇田川町にあるファッションと音楽のコンセプトショップ「BOY」ショップオーナー。DJとして年間100本程のイベントに出演。スペースシャワーTVにて配信番組『スペトミ!』のVJを担当。他、やりたいようにやりながら日々活動中。
奥冨直人(おくとみ なおと)
渋谷宇田川町にあるファッションと音楽のコンセプトショップ「BOY」ショップオーナー。DJとして年間100本程のイベントに出演。スペースシャワーTVにて配信番組『スペトミ!』のVJを担当。他、やりたいようにやりながら日々活動中。

―オープン当初はどんなコンセプトのお店だったのですか?

奥冨:大枠のコンセプト自体は先に述べた想いの通りで大きく変わった訳ではないんですが、紆余曲折あり今現在はある意味ノーコンセプトというか(笑)。楽しければそれで。独立オープン後は、当然まだサブスクの波も訪れていない頃だったので、CDやカセットテープの取り扱いから始めました。今もそうですが、特に独立後の3年間は、面識のないレーベルやアーティストに直談判させてもらうことが基本でした。右も左もわからない状況で見切り発車のなか、本当に沢山の方によくしていただきました。

―お店を周知させていくために、どのような工夫をされたのでしょうか。

奥冨:周辺にはアパレル店も全然なかったし、知ってもらうのは一苦労でしたね。系列店舗にも救われました。ただ、ライヴハウスやクラブが多いエリアだったので、遊びに行っているうちにハコのスタッフが「BOY」にも立ち寄ってくれたり、リハ後本番までの間にミュージシャンが来てくれたりという事も多かったです。

それと、独立後は音楽イベントなど積極的に行ないながら、店頭と外の現場を往復して遊べるようなイメージを思い描いていました。中には内輪っぽくしてお客さんの世界を囲ってしまうお店も多いと思うのですが、そういった顧客化よりも「BOYに関わる事でそれぞれの日常や考えに広がりがあったらな」というシンプルな気持ちでコミュニケーションしていました。

ここまでやってこられた事には沢山の理由が重なっていますが、渋谷で続いたのは「たくさんの人が、たくさんの目的で来る街」という、交差する地であることが大きかったと思います。

BOYの店内風景(住所:東京都渋谷区宇田川町36-2ノア渋谷302)
BOYの店内風景(住所:東京都渋谷区宇田川町36-2ノア渋谷302 / オフィシャルサイトを見る

世間がイメージする渋谷とは、BOYや自分の存在って少し異なると思うんです。その違和感に、不思議と安心する。

―この10年間でお店の「あり方」みたいなものも変わってきましたか?

奥冨:昨年開催した「10周年パーティー」の頃から思っていることなのですが、「ヴィンテージショップ」という紹介にも違和感があって。いっそ「店」や「場所」、「多目的室」とかでいいのかなあって(笑)。僕自身も、例えば音楽イベントを個人案件でなく、企業案件のプロデュースで携わることもあったり、高校生の頃からDJはずっと続けていたり。最近はテレビのレギュラーや、ラジオのMCなども務めていますし、スタイリングやキャスティング業を振っていただくこともあって。小売店というだけでなく、様々な出会いやきっかけの始まりを意識しています。

―「BOY」の定義も、奥冨さんの活動も広がり続けているのですね。

奥冨:BOYも僕の活動も、言葉では目茶目茶説明しづらい。なので人が紹介してくれるときに、それぞれの解釈が出て面白いです。「たこ焼きが上手」みたいな紹介の時もあったり(笑)。

BOYの店内風景

―11年前、奥冨さんが働き始めた頃の渋谷はどんなイメージの街でしたか?(当時のBOYは松濤~円山町エリアにあった)

奥冨:道玄坂……特に円山町あたりは率直に怖かったですね。昼間から暴れて捕まっている人とか何十人も見てますし。松濤も今ほど道が拓けてなくて、当時は路面だったのでなかなか怖い目にもあっています。今の道玄坂エリアとはかなり違う雰囲気でした。

思えば小一で初めて渋谷へ行ったときは、まだ宮益坂に露店販売とかがあって。その頃のセンター街とか、子供だったのもあるけどめちゃめちゃ怖かったな。

―今はどんな雰囲気だと感じます?

奥冨:まとまりがない状態のまま、奇跡的なバランスで成り立っている街。例えば神南、宇田川町、神山町、道玄坂など数100メートル単位で隣接しているエリアが、それぞれ全く異なる雰囲気を持っている。さらに東や猿楽町みたいな静かなエリアに広がっていくわけじゃないですか。冷静に考えるとなかなかワケ分からないですよね(笑)。

銀行へ行く時は毎回センター街を通るんですけど、歩いてるとふと自分の身が街で浮いているような感覚があって。世間の多くがイメージする渋谷とは、BOYや自分の存在って少し異なると思うんです。その違和感に、不思議と安心する。今はもう極端な「刺激」みたいなものはあまり感じないのですが、コツコツと影響が積み重なって今があると思います。その影響は主に、人からが多いですね。

BOYの店内風景

―渋谷で好きなスポットというと?

奥冨:BOYは最高の居心地で(笑)、近辺ならライブハウスのWWW。コロナ前は、多い時は週5で通っていました。スタッフさんそれぞれの音楽愛を感じるし、単純に気になる公演が多いので。PARCOも仲良しなので、しょっちゅう行きます。SUPER DOMMUNEも出来たし、BOYとしてもまだまだ色々関わっていけるんだろうなと勝手に思っていますね。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

サイト情報

『YOU MAKE SHIBUYAクラウドファンディング』
『YOU MAKE SHIBUYAクラウドファンディング』

23万人の渋谷区民と日々訪れる300万人もの人たちが支えてきた渋谷の経済は“自粛”で大きなダメージを受けました。ウィズコロナ時代にも渋谷のカルチャーをつなぎとめるため、エンタメ・ファッション・飲食・理美容業界を支援するプロジェクトです。

プロフィール

奥冨直人(おくとみ なおと)

渋谷宇田川町にあるファッションと音楽のコンセプトショップ“BOY”ショップオーナー。DJとして年間100本程のイベントに出演。スペースシャワーTVにて配信番組“スペトミ!”のVJを担当。他、やりたいようにやりながら日々活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る