特集 PR

半田悠人は「内輪」を壊す。スターじゃない建築家の姿を模索して

半田悠人は「内輪」を壊す。スターじゃない建築家の姿を模索して

LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」
インタビュー・テキスト
松井友里
撮影:寺内暁 編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)

総合芸術制作会社デリシャスカンパニーを率いる建築家・半田悠人は「建築に親近感を持ってほしい」と話す。かつて『テラスハウス』に出演し、多くの人々に注目される立場になったからこそ感じた「エンターテイメント」の持つ力強さが、自らが建築家として進む方向を照らしたのだという彼が、建築の仕事に感じる「光」とはどのようなものなのだろうか。

空間を豊かにするLIXILの壁材商品「エコカラット」の新プロジェクトLIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」とCINRA.NETがコラボレーションし、空間と人との関係にフォーカスし、インタビューを行っていくこの連載。第二回目となる今回は、1991年に閉業した映画館をデリシャスカンパニーが改装したスペース「元映画館」で取材を実施。壁に対してもユニークな発想とこだわりを持ち、利用する人それぞれにとって心地よい空間作りを目指す半田が、思い描く理想の建築家の姿を聞いた。

建築って縁がない人からは興味を持たれないものになってしまう。僕がやるべきことは、そういうことじゃないなと思ったんです。

半田悠人(はんだ ゆうと)<br>幼少のころに見た大工さんに憧れ、挫折と紆余曲折を経た後、建築の道へ進む。総合芸術制作会社デリシャスカンパニー主宰。現在も建築家として数々のプロジェクトを手がける。
半田悠人(はんだ ゆうと)
幼少のころに見た大工さんに憧れ、挫折と紆余曲折を経た後、建築の道へ進む。総合芸術制作会社デリシャスカンパニー主宰。現在も建築家として数々のプロジェクトを手がける。

―半田さんは幼い頃、大工さんに憧れていたそうですね。

半田:子どもの頃、工作が好きで。きれいなダンボールやお菓子の蓋を使ってビー玉の迷路を作ったり、レゴを説明書通りじゃなく自由に作って楽しんでいました。あれが僕の原体験だったと思います。それと今やってることは大きく変わらないですね。

中学生の頃には建築家になりたいと思っていたんですけど、当時は建築家がどういうことをするのか実はあまりわかっていなくて。「家を建てる人」くらいのイメージしかなかったし、「画数が多いからかっこいい」くらいの理由で建築家になりたいと思っていました(笑)。

―デリシャスカンパニーはどのように立ち上げられたのでしょうか。

半田:もともとは東京藝術大学時代の仲間たちと「アーティストユニットになろう」という軽いノリで始めたんです。藝大にはグループで活躍している人たちがいて、先輩である藤元明さんたちがやっている「REBIRTH PROJECT」を見て、それぞれの能力がグループの中で発揮されているのって面白いなと思ったし、SIDE CORE(2012年、高須咲恵と松下徹が発足し活動を開始したアーティスト)とも仲がよくて影響を受けました。

だから、立ち上げ時には会社にするつもりはなかったんですけど、最初からなぜか「デリシャスカンパニー」という名前だったんですよね。覚えやすいし、かっこつけてないからという理由だったんですけど、今思えば会社化するという伏線でしたね(笑)。

半田悠人

―当初はどのような活動をされていたのですか。

半田:まず展示をしたんですよ。僕が『テラスハウス』に出た直後だったこともあってか、いろいろな人が会場に来てくれて。でもそこで世間とのアートに対するギャップをすごく感じました。

―それはどうしてでしょう。

半田:会場に来ても作品をまったく見てくれなくて。もちろん買ってもくれません。言ってしまえば、「僕とちょっと話してみたい」という人が多かったんです。もちろんありがたいことではあるけれど、残念でもありました。

一方で、僕はそれからエンタメってすごく大事だなと思うようになったんです。建築って結構内輪なところがあるんですよ。堅くて難しい言葉もたくさん使われるし、建築に縁がない人からはどんどん興味を持たれないものになってしまう。僕がやるべきことは、そういうことじゃないなと思ったんです。だからこういう企画の取材にも出ますし、もっと親近感を持ってほしいんです。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」

壁は間取りを作るためのものだけではなく、空間を作り、空気感を彩る大切な存在。その中でインテリアや照明が溶け込み、人へのインスピレーションを与えてくれる。
LIXIL「PEOPLE & WALLS MAGAZINE」は、LIXILとCINRA.NETがコラボし、7名のアーティストにインタビューを行う連載企画。その人の価値観を反映する空間とクリエイティビティについてお話を伺います。

プロフィール

半田悠人(はんだ ゆうと)

幼少のころに見た大工さんに憧れ、挫折と紆余曲折を経た後、建築の道へ進む。総合芸術制作会社デリシャスカンパニー主宰。現在も建築家として数々のプロジェクトを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側