特集 PR

西太志の止まらない創作。互いに結びつき伸びる絵画、立体、映像

西太志の止まらない創作。互いに結びつき伸びる絵画、立体、映像

shiseido art egg
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:前田立 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

資生堂が主催し、毎年3名の新進作家を紹介する展覧会『shiseido art egg』。今年は春から開催される予定だったが、コロナ禍の影響で開催が延期され、この秋からのスタートとなった。しかし、あらゆるものがウイルスの影響にさらされる時代のなかで、若い作家たちが何を考え、どのような表現を生み出すのかを知るには絶好の機会であるとも言えよう。

さて、今年度の最初に登場するのは、画家の西太志だ。虚構と現実の境界や匿名性をテーマに、絵画での経験を立体作品へも連続させるような活動を続ける彼は、『GHOST DEMO』という名の個展で、『shiseido art egg』に挑戦する。コロナ禍に限らず、今年は世界のあらゆる場所で社会運動や大きな転換が起きた一年となった。その時代状況ともどこかで照応するような個展は、彼にとってどのような経験になるのだろうか? 静岡で新たなスタジオを設えたばかりの西に話を聞いた。

「SNSやテレビを通して、情報としてはすごいことが起きているんですが、総じてリアリティが沸いてこない」

―今回の個展は当初4月3日の開催でしたが、コロナウイルス拡大のために延期となり10月2日からになりました。その影響による変化はありましたか?

西:気持ちとして「4月にやるぞ!」というのがあったので、だいぶ変化がありましたね。いまは静岡で暮らしていますが、当時は京都に住んでいて、スタジオにある道具や資材をすべて資生堂ギャラリーに持っていって大型の絵16枚と一緒に展示するプランを組んでいたんですよ。

京都で使っていたスタジオは古い小屋と倉庫を改装して作った廃墟……お化け屋敷みたいな雰囲気のあるところで。その感じをそっくり資生堂ギャラリーに持っていきたいなと思っていたんです。

結果的にそのプランは実現できませんでしたが、静岡に来て新たに出た資材や作品もかなりあるので、トラックで大量に搬入する、というアイデアはそのまま活用する予定でいます。

西太志<br>1983年、大阪府生まれ。2015年、京都市立芸術大学大学院 美術研究科修士課程 絵画専攻油画修了。静岡県在住。主な活動として、2020年『月の裏側をみる』FINCH ARTS(京都)、2018年『NIGHT SEA JOURNEY』GALLERY ZERO(大阪)個展や、2016年『シェル美術賞展2016』国立新美術館(東京)などがある。
西太志
1983年、大阪府生まれ。2015年、京都市立芸術大学大学院 美術研究科修士課程 絵画専攻油画修了。静岡県在住。主な活動として、2020年『月の裏側をみる』FINCH ARTS(京都)、2018年『NIGHT SEA JOURNEY』GALLERY ZERO(大阪)個展や、2016年『シェル美術賞展2016』国立新美術館(東京)などがある。

―「お化け屋敷」というと、個展のタイトルが『GHOST DEMO』ですが、それとも関係が?

西:直接的には関係ないです。どちらかというと絵に描かれているものとか、最近自分が考えていることから出てきた言葉が「GHOST DEMO」なんですね。

海外だけじゃなく同じ日本であっても、ちょっと遠いところで起きている出来事にリアリティを感じられなくなっている自分がいるなあ、と思ったのがきっかけです。SNSやテレビを通して、情報としてはすごいことが起きていて、それに悲しくなったり、ときに楽しくなったりすることもあるんですが、総じてリアリティというものが沸いてこない。その感じられない自分のリアリティを、身近にあるものや自分の体験とうまく融合させて絵に変換する、というのが最近の関心なんです。

制作中の作品『旅の果て』キャンバスに水性アルキド樹脂塗料、油絵具、木炭 / 2270×1620mm / 2020年
制作中の作品『旅の果て』キャンバスに水性アルキド樹脂塗料、油絵具、木炭 / 2270×1620mm / 2020年
スタジオ内には『shiseido art egg』で展示する搬入前の作品が並んでいる
スタジオ内には『shiseido art egg』で展示する搬入前の作品が並んでいる
スタジオ内には『shiseido art egg』で展示する搬入前の作品が並んでいる

―「デモ」というと政治的な出来事を思い浮かべますし、Black Lives Matterや強権的な政治に対するデモはまさにいま世界中で起きていることですね。しかし、そのリアリティが掴めずに、幽霊(ゴースト)っぽくも思えてしまうという感覚は理解できます。

西:作品を作っているときはそこまで社会的なことを考えているわけではなくて、自分のなかから出てくる私的な感覚に動かされることのほうが多いんですけど。ただ、身近な出来事や風景の中から、そのような出来事とリンクするものを見つけたりすると、社会的なことについて考えたりすることはあります。

ビルの解体工事の現場とかを見ると、まるで爆撃にあったようにも見えるし、大きな災害の後のようにも見えたり。モノクロに近い色彩は、自分の好きな深夜から明け方の空気の澄んだ薄ぼけたような空気感から出てきていて、物質に近い色彩であるところが気にいって使っています。荒々しい筆致の物質感についても、絵画的な要素だけでなく生活の機微から出てくる変化も多くて、そういった私的なところから出たものと、さっき言った「実際の出来事との遠さ」みたいなものをつなげたいなと。

あと、「GHOST DEMO」の和訳はたしか「亡者の行進」としていて、自分のなかでは「幽霊」って感じでもない気がしています。漠然と……自分には見えない、感じにくいものが行進しているイメージ。

ただ、コロナウイルスも、目に見えないものが猛威をふるっているじゃないですか。そのことも観る人にとってはつながってしまうかもしれないと思いますし、展示が始まって鑑賞者がみんなマスクをつけてやってくるような状況とも結びつくかもしれません。これまで感覚的に自分が思っていたことが、コロナウイルスを経て周囲に現れ始めるようになった気がしています。

窯で焼かれる前の陶の立体(タイトル未定)
窯で焼かれる前の陶の立体(タイトル未定)
Page 1
次へ

イベント情報

『shiseido art egg 14th』
西太志展

2020年10月2日(金)~10月25日(日)
会場:東京都 資生堂ギャラリー
平日 11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00
毎週月曜休(祝日が月曜にあたる場合も休館)
入場無料
事前予約制

作家によるギャラリートーク
西太志展

作家本人が会場で自作について解説するギャラリートークを、各展覧会開始後に資生堂ギャラリーの公式サイトにてオンライン配信いたします。

プロフィール

西太志(にし たいし)

1983年、大阪府生まれ。2015年、京都市立芸術大学大学院 美術研究科修士課程 絵画専攻油画修了。静岡県在住。主な活動として、2020年『月の裏側をみる』FINCH ARTS(京都)、2018年『NIGHT SEA JOURNEY』GALLERY ZERO(大阪)個展や、2016年『シェル美術賞展2016』国立新美術館(東京)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察