特集 PR

ゆずが模索した現状打破。今こそファンに寄り添い丁寧に届けたい

ゆずが模索した現状打破。今こそファンに寄り添い丁寧に届けたい

ゆず『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:関信行 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)
2020/09/16

曲を作っているときだけは唯一「俺、この世界にいてもいいのかもな」って感じられた。(北川)

―“そのときには”は、その後5月25日に配信リリースされましたけど、すごく抜けのいい軽やかな1曲になりましたよね。

北川:そうですね。ただ、レコーディングはやっぱり大変で。スタッフも最小限に絞って、マイクも同じものは使わないようにしたり、岩沢とも一緒にスタジオに入らないようにしました。

岩沢:このホームスタジオで録ったんですけど、僕がきても北川はいないんですよ(笑)。「お先に」みたいな形で、書き置きだけが残っていて。だから、ほとんど接触せずに曲を作っていきました。緊急事態宣言下のことではあったので、そこは細心の注意を払いながら、マメに換気しながら作業していって。春の風が、ちょっと寒かったことを覚えています(笑)。

岩沢厚治
岩沢厚治

―(笑)。

北川:そんな感じで、結構厳しい制作状況ではあったんですけど、やっぱりものづくりをする人間の「性」っていうんですかね。厳しい状況だからこそ、今しかできないものができるはずだっていう気持ちが湧いてきて。この曲は、ファンのみなさんと一緒に作っていったものだし、最終的にはみなさんに届けるために作っていった曲ではあるんですけど、どこかで自分自身を鼓舞するような、自分を支える柱のようになってくれたところがあるんですよね。

北川:その頃って、誰かに会うこともできないし、オンラインでミーティングするぐらいしかできず、いろいろ立ち止まらざるを得ない状況だった。でも、曲を作っているときだけは、唯一、ちょっとだけ前に進んでいるような気がしたんですよね。

もっと言うと「俺、この世界にいてもいいのかもな」って感じられた。藁にもすがるような思いはあったのかもしれないです。それぐらい、八方塞がりでした。僕たちはこれまでずっと走り続けてきて、止まることがまったくなかったから、正直何をしたらいいのかわからないところもあって。その中で唯一できることは曲を書くことだった。そこに対する集中力とスピード感は、ものすごくあったような気がします。

自粛期間の中で悶々とした気持ちがあったんですけど、“公私混同”を作っているときは、今の状況を忘れられたんです。(北川)

―8月17日に配信リリースされた、ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)の主題歌“公私混同”も、その頃に作った曲だったんですよね。

北川:そうなんですよ。最初に主題歌の話をいただいたのは2月頃だったんですけど、そのあと自粛期間に入って、ドラマの放送自体もどうなるかわからない状況になってしまって。ひとまず、ドラマの制作チームも僕らも、進められることはそれぞれ進めていきましょうっていう話になって、曲作りに入りました。

―“公私混同”は、かなりポップな感じの明るい曲に仕上がっていますが、そのアイデアはどんなところから生まれていったのでしょう?

岩沢:やっぱり、ドラマの台本ですよね。初回の台本とか全体のザックリしたイメージをあらかじめいただいて。ドラマを見てくださっている方はきっとわかると思いますけど、もう底抜けに明るいコメディなんですよね。その主題歌なんだから、落ち込んでいる場合じゃないなと、すぐにそっち側に引っ張られていった感じでしたね(笑)。

―なるほど。「コメディドラマの主題歌である」というのが、まずは大前提だったわけですね。

岩沢:しかも福田雄一さんの作品ですから。これはもう相当愉快なドラマになると思ったので、僕らの曲もそれに負けないぐらい愉快なものにしたいと思いました。

北川:そういう意味では、ちょっと助かったところがありましたよね。自粛期間で、僕らの中にも悶々とした気持ちがあったんですけど、このドラマはそういった状況とは関係なく、「青春ドラマ」であり、なおかつ「コメディ」で、しかも「親バカ」っていう(笑)。この曲を作っているときは、今の状況を忘れられたんですよね。

北川悠仁

―とはいえ、冒頭の<時代がそっぽ向いてら>というフレーズをはじめ、歌詞の端々に「今」を感じさせる言葉が入っているような気もしました。

北川:歌詞にはそういうものがにじみ出てしまうところもありつつ、そうやって、今の状況をちょっと達観視しながら曲と向き合う作業は楽しかったですね。

―まあ、最終的には<これでいいのだ>って歌っていますしね(笑)。でも、こういうタイミングで、こういう底抜けに明るい曲を出すとところが、ゆずらしいですよね。

北川:そうですね。2011年の東日本大震災のあとに、僕らは“LOVE & PEACH”っていう底抜けに明るい曲を作ったんですけど、自分の中で悶々としていたものを、ぶち抜いていけた感じがあって。それが正解だったのかはわからないですけど、少なくともあの曲を作ったことによって、僕らはその状況を打破できたんです。だから、このタイミングでこういう曲を出せるのは、すごくありがたいことでした。

北川:そうやって曲作りをしていく一方で、通常のライブとは違うやり方で、ライブを見せることはできないかっていうのも、その頃から模索し始めていて。それでまずは、ライブの映像作品を出そうっていう話になったんです。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007』(2DVD)
ゆず
『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007』(2DVD)

2020年9月16日(水)発売
価格:7,370円(税込)
SNBQ-18936
封入特典:歴代映像作品アートワークポストカード(12枚セット)

1. 大バカ者(from「LIVE FILMS ふたり」)
2. 四時五分(from「LIVE FILMS ふたり」)
3. 月曜日の週末(from「LIVE FILMS ふたり」)
4. 境界線(from「LIVE FILMS ふたり」)
5. 遊園地(from「LIVE FILMS ふたり」)
6. 傍観者(from「LIVE FILMS ふたり 秋味」)
7. 気になる木(from「LIVE FILMS TOBIRA TOUR 2000~2001」)
8. 飛べない鳥(from「LIVE FILMS TOBIRA TOUR 2000~2001」)
9. 嗚呼、青春の日々(from「LIVE FILMS TOBIRA TOUR 2000~2001」)
10. シュビドゥバー(from「LIVE FILMS ふたりのビッグ(エッグ)ショー」)
11. てっぺん(from「LIVE FILMS ふたりのビッグ(エッグ)ショー」)
12. ジャニス(from「LIVE FILMS 満員音(楽)礼~熱闘!Bomb踊り~」)
13. 向日葵ガ咲ク時(from「LIVE FILMS 満員音(楽)礼~熱闘!Bomb踊り~」)
14. ぼくの漫画の主人公(from「LIVE FILMSユズモラス完全版」)
15. 3カウント(from「LIVE FILMSユズモラス完全版」)
16. ユーモラス(from「LIVE FILMSユズモラス完全版」)
17. 青(from「LIVE FILMSすみれ」)
18. 呼吸(from「LIVE FILMSすみれ」)
19. 始まりの場所(from「LIVE FILMS夢の地図」)
20. 心の音(from「LIVE FILMS夢の地図」)
21. 夢の地図(from「LIVE FILMS夢の地図」)
22. 1(from「LIVE FILMS 1~ONE~」)
23. ウソっぱち(from「LIVE FILMS 1~ONE~」)
24. いつか(from「LIVE FILMS 1~ONE~」)
25. 栄光の架橋(from「LIVE FILMS 1~ONE~」)
26. センチメンタル(from「LIVE FILMS GO HOME」)
27. 心のままに(from「LIVE FILMS GO HOME」)
28. 夏色(from「LIVE FILMS GO HOME」)
29. 少年(from「LIVE FILMS GO HOME」)
30. 超特急(from「LIVE FILMS リボン」)
31. リアル(from「LIVE FILMS リボン」)
32. もうすぐ30才(from「LIVE FILMS リボン」)
33. 贈る詩(from「LIVE FILMS ゆずのね」)
34. 灰皿の上から(from「LIVE FILMS ゆずのね」)
35. 春風(from「LIVE FILMS ゆずのね」)

『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 2008-2020』(2DVD)
ゆず
『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 2008-2020』(2DVD)

2020年9月16日(水)発売
価格:7,370円(税込)
SNBQ-18937
封入特典:歴代映像作品アートワークポストカード(15枚セット)

1. 眼差し(from「LIVE FILMS WONDERFUL WORLD」)
2. うまく言えない(from「LIVE FILMS WONDERFUL WORLD」)
3. ワンダフルワールド(from「LIVE FILMS WONDERFUL WORLD」)
4. 桜木町(from「LIVE FILMS FURUSATO」)
5. 逢いたい(from「LIVE FILMS FURUSATO」)
6. 虹(from「LIVE FILMS FURUSATO」)
7. from(from「LIVE FILMS 2-NI-」)
8. 彼方(from「LIVE FILMS 2-NI-」)
9. 陽はまた昇る(from「LIVE FILMS 2-NI-」)
10. HAMO(from「LIVE FILMS 2-NI-」)
11. スミレ(from「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY 1」)
12. 月影(from「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY 1」)
13. いちご(from「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY 2」)
14. with you(from「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY 2」)
15. 地下街(from「LIVE FILMS YUZU YOU ARENA~みんなと、どこまでも~」)
16. REASON(from「LIVE FILMS GO LAND」)
17. LOVE & PEACH(from「LIVE FILMS GO LAND」)
18. 友~旅立ちの時~(from「LIVE FILMS GO LAND」)
19. 表裏一体(from「LIVE FILMS 新世界」)
20. ヒカレ(from「LIVE FILMS 新世界」)
21. 雨のち晴レルヤ(from「LIVE FILMS 新世界」)
22. 友達の唄(from「ゆず 弾き語りライブ2015 二人参客 in 横浜スタジアム」)
23. OLA!!(from「LIVE FILMS TOWA-episode zero-」)
24. 栄光の架橋(from「LIVE FILMS ゆずのみ」)
25. イロトリドリ(from「LIVE FILMS ゆずイロハ」)
26. アゲイン2(from「LIVE FILMS ゆずイロハ」)
27. カナリア(from「LIVE FILMS ゆずイロハ」)
28. 愛こそ(from「LIVE FILMS BIG YELL」)
29. マスカット(from「LIVE FILMS BIG YELL」)
30. うたエール(from「LIVE FILMS BIG YELL」)
31. 雨と泪(from「YUZU SPECIAL LIVE 2018 BIG YELL×FUTARI in 広島」)
32. マボロシ(from「LIVE FILMS ゆずのみ~拍手喝祭~」)
33. タッタ(from「LIVE FILMS ゆずのみ~拍手喝祭~」)

『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007』(Blu-ray)
ゆず
『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007』(Blu-ray)

2020年9月16日(水)発売
価格:8,470円(税込)
SNXQ-78913
封入特典:歴代映像作品アートワークポストカード(12枚セット)

1. 大バカ者(from「LIVE FILMS ふたり」)
2. 四時五分(from「LIVE FILMS ふたり」)
3. 月曜日の週末(from「LIVE FILMS ふたり」)
4. 境界線(from「LIVE FILMS ふたり」)
5. 遊園地(from「LIVE FILMS ふたり」)
6. 傍観者(from「LIVE FILMS ふたり 秋味」)
7. 気になる木(from「LIVE FILMS TOBIRA TOUR 2000~2001」)
8. 飛べない鳥(from「LIVE FILMS TOBIRA TOUR 2000~2001」)
9. 嗚呼、青春の日々(from「LIVE FILMS TOBIRA TOUR 2000~2001」)
10. シュビドゥバー(from「LIVE FILMS ふたりのビッグ(エッグ)ショー」)
11. てっぺん(from「LIVE FILMS ふたりのビッグ(エッグ)ショー」)
12. ジャニス(from「LIVE FILMS 満員音(楽)礼~熱闘!Bomb踊り~」)
13. 向日葵ガ咲ク時(from「LIVE FILMS 満員音(楽)礼~熱闘!Bomb踊り~」)
14. ぼくの漫画の主人公(from「LIVE FILMSユズモラス完全版」)
15. 3カウント(from「LIVE FILMSユズモラス完全版」)
16. ユーモラス(from「LIVE FILMSユズモラス完全版」)
17. 青(from「LIVE FILMSすみれ」)
18. 呼吸(from「LIVE FILMSすみれ」)
19. 始まりの場所(from「LIVE FILMS夢の地図」)
20. 心の音(from「LIVE FILMS夢の地図」)
21. 夢の地図(from「LIVE FILMS夢の地図」)
22. 1(from「LIVE FILMS 1~ONE~」)
23. ウソっぱち(from「LIVE FILMS 1~ONE~」)
24. いつか(from「LIVE FILMS 1~ONE~」)
25. 栄光の架橋(from「LIVE FILMS 1~ONE~」)
26. センチメンタル(from「LIVE FILMS GO HOME」)
27. 心のままに(from「LIVE FILMS GO HOME」)
28. 夏色(from「LIVE FILMS GO HOME」)
29. 少年(from「LIVE FILMS GO HOME」)
30. 超特急(from「LIVE FILMS リボン」)
31. リアル(from「LIVE FILMS リボン」)
32. もうすぐ30才(from「LIVE FILMS リボン」)
33. 贈る詩(from「LIVE FILMS ゆずのね」)
34. 灰皿の上から(from「LIVE FILMS ゆずのね」)
35. 春風(from「LIVE FILMS ゆずのね」)

『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 2008-2020』(Blu-ray)
ゆず
『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 2008-2020』(Blu-ray)

2020年9月16日(水)発売
価格:8,470円(税込)
SNXQ-78914
封入特典:歴代映像作品アートワークポストカード(15枚セット)

1. 眼差し(from「LIVE FILMS WONDERFUL WORLD」)
2. うまく言えない(from「LIVE FILMS WONDERFUL WORLD」)
3. ワンダフルワールド(from「LIVE FILMS WONDERFUL WORLD」)
4. 桜木町(from「LIVE FILMS FURUSATO」)
5. 逢いたい(from「LIVE FILMS FURUSATO」)
6. 虹(from「LIVE FILMS FURUSATO」)
7. from(from「LIVE FILMS 2-NI-」)
8. 彼方(from「LIVE FILMS 2-NI-」)
9. 陽はまた昇る(from「LIVE FILMS 2-NI-」)
10. HAMO(from「LIVE FILMS 2-NI-」)
11. スミレ(from「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY 1」)
12. 月影(from「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY 1」)
13. いちご(from「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY 2」)
14. with you(from「LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY 2」)
15. 地下街(from「LIVE FILMS YUZU YOU ARENA~みんなと、どこまでも~」)
16. REASON(from「LIVE FILMS GO LAND」)
17. LOVE & PEACH(from「LIVE FILMS GO LAND」)
18. 友~旅立ちの時~(from「LIVE FILMS GO LAND」)
19. 表裏一体(from「LIVE FILMS 新世界」)
20. ヒカレ(from「LIVE FILMS 新世界」)
21. 雨のち晴レルヤ(from「LIVE FILMS 新世界」)
22. 友達の唄(from「ゆず 弾き語りライブ2015 二人参客 in 横浜スタジアム」)
23. OLA!!(from「LIVE FILMS TOWA-episode zero-」)
24. 栄光の架橋(from「LIVE FILMS ゆずのみ」)
25. イロトリドリ(from「LIVE FILMS ゆずイロハ」)
26. アゲイン2(from「LIVE FILMS ゆずイロハ」)
27. カナリア(from「LIVE FILMS ゆずイロハ」)
28. 愛こそ(from「LIVE FILMS BIG YELL」)
29. マスカット(from「LIVE FILMS BIG YELL」)
30. うたエール(from「LIVE FILMS BIG YELL」)
31. 雨と泪(from「YUZU SPECIAL LIVE 2018 BIG YELL×FUTARI in 広島」)
32. マボロシ(from「LIVE FILMS ゆずのみ~拍手喝祭~」)
33. タッタ(from「LIVE FILMS ゆずのみ~拍手喝祭~」)

『公私混同』
ゆず
『公私混同』

2020年8月17日(月)配信

イベント情報

『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』

DAY1 出発点
2020年9月27日(日)21:00開演

DAY2 思春期
2020年10月4日(日)21:00開演

DAY3 新天地
2020年10月11日(日)21:00開演

DAY4 青写真
2020年10月18日(日)21:00開演

DAY5 未来図
2020年10月25日(日)21:00開演

※各配信日より10日間アーカイブの視聴が可能
※公演時間は約1時間20分を予定

プロフィール

ゆず
ゆず

北川悠仁、岩沢厚治により1996年3月結成。横浜・伊勢佐木町での路上ライブで話題を呼び、1997年10月、1st Mini Album『ゆずの素』でCDデビュー。翌98年6月にリリースした1st Single『夏色』で脚光を浴びると、その後『栄光の架橋』『虹』『雨のち晴レルヤ』などヒット曲を多数世に送り出す。ドラマタイアップ曲となる新曲『公私混同』が8月17日より配信開始。オンラインツアー開催直前の9月16日には、初となる“ライブ映像ベスト”『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN』を2作品同時リリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会