特集 PR

失われてしまった文化祭や街の催しを諦めない。行政×市民の挑戦

失われてしまった文化祭や街の催しを諦めない。行政×市民の挑戦

『みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭』
インタビュー・テキスト・編集
黒田隆憲
撮影:鈴木渉

新型コロナウイルスの感染拡大により、全国各地の学校行事や街のカルチャーイベントなどが軒並み中止となる中、来年で市制施行50周年を迎える東京都多摩市が、「次の50年に向けて、文化を引き継いでいこう」という思いのもと市民参加型のオンラインイベント『みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭』を開催する。

本イベントには、市内にある30以上の団体や小中学校が参加。音楽ライブや演劇、ダンスやトークなどが行われ、当日は多摩センター駅前で行われるイルミネーション点灯式の生配信や、画面越しでの参加など見る側も一緒に楽しめるコンテンツも用意されるという。さらに、DÉ DÉ MOUSEや眉村ちあきら、プロのアーティストも多数参加するなど、行政主導のイベントとしては画期的なものになること必至だ。

コロナ禍で「新しい日常」が続く中、地域にとっても市民一人ひとりにとっても「カルチャーを発揮する場所」があることは、かけがえのない重要なこと。そうした思いを胸に、前例のない取り組みに挑む多摩市企画政策部企画課の西村信哉が、多摩市を拠点に活動するTAMA-BASEの瀧口寿彦、カルチャーフェス『NEWTOWN』のノウハウを生かし本イベントに協力するCINRAの柏井万作とともに、開催に向けての意気込みを語ってくれた。

コロナ禍で、子供も大人も「居場所」を確保しにくい状態。そういう意味でも「コミュニティの場」が必要だなと痛感しました。(瀧口)

―皆さんは、普段どのようなお仕事をされているのですか?

西村:多摩市役所の企画課におりまして、現在は2021年に迎える「多摩市50周年」に向けたイベントや、多摩ニュータウンの再生、若者による「まちづくり」、市民自治の推進などが主な仕事です。

西村信哉(にしむら しんや)<br>1983年、福岡県生まれ。IT企業勤務を経て、移住した多摩市の市役所に2014年に転職。多摩市の将来都市像「みんなが笑顔 いのちにぎわうまち 多摩」の実現に向け、ICTの利活用推進や市制50周年、多摩ニュータウン再生検討会議、多摩市若者会議など市民参加の「まちづくり」の企画運営に従事。
西村信哉(にしむら しんや)
1983年、福岡県生まれ。IT企業勤務を経て、移住した多摩市の市役所に2014年に転職。多摩市の将来都市像「みんなが笑顔 いのちにぎわうまち 多摩」の実現に向け、ICTの利活用推進や市制50周年、多摩ニュータウン再生検討会議、多摩市若者会議など市民参加の「まちづくり」の企画運営に従事。

瀧口:僕の本業はテレビや映画、CMの監督業なのですが、今から5年ほど前に「自分が生まれ育った場所で子育てをしたい」との思いでここ多摩市に戻ってきました。そうした時に多摩市長から50周年のお話をお聞きして「市民代表として、市民の事業を築いて欲しい」とお声がけいただいたんです。

それまで僕は、街に対して特に興味を持っていたわけではなかったんですよ。でも、そのお話がきっかけで自分の故郷がどんなところなのか、どういう人が住んでいて、どういう思いで暮らしているのかを意識するようになって。自分がこの街で何が出来るのかを考えながら、いろんな方と積極的にコミットするようになっていったんです。現在は、この街に住むどんな人もコミットできる、そんな街づくりをテーマに多摩市の50周年に向けた活動を市の企画課と行っています。

瀧口寿彦(たきぐち としひこ)<br>東京都多摩市出身。映画、TV-CM、TV番組、舞台等の監督をする傍ら
地域活性化プロジェクトにも多数関わる。活動の様子はNHKにて数回特集され、来年の多摩市市制50周年に向けて実行委員会TAMA-BASEを結成し、様々な企画を展開中。
瀧口寿彦(たきぐち としひこ)
東京都多摩市出身。映画、TV-CM、TV番組、舞台等の監督をする傍ら
地域活性化プロジェクトにも多数関わる。活動の様子はNHKにて数回特集され、来年の多摩市市制50周年に向けて実行委員会TAMA-BASEを結成し、様々な企画を展開中。

柏井:僕も多摩ニュータウンで生まれて9歳まで住んでいたので、その時の記憶が頭の片隅にずっと残っていました。その後、CINRAの活動を通じて文化と深く関わっていく中、カルチャー全般を紹介できるような大きなイベントをやりたいと思うようになっていったんです。

そんな時に、僕が通っていた小学校の跡地をそのまま生かした「デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ」の存在を知り、そこを会場としてお借りできないかと思って最初に八王子市にお声がけさせていただき、2017年にカルチャーフェス『NEWTOWN』を開催しました。その時からずっと、多摩市に位置する多摩センターの駅前でも『NEWTOWN』をやりたいという思いはあったのですが、いきなりは難しいので2017年、2018年と実績を重ねて、西村さん、瀧口さんにもご協力いただき2019年にようやく駅前での開催が実現できたんです。

柏井万作(かしわい まんさく)<br>1981年、東京都生まれ。2006年に取締役として株式会社CINRA立ち上げに参加。創業時から現在までカルチャーメディア『CINRA.NET』の編集長・責任者としてサイトの運営を行いながら、イベントプロデューサーとして入場無料の音楽イベント『exPoP!!!!!』、カルチャーフェス『NEWTOWN』、音楽フェス『CROSSING CARNIVAL』などの立ち上げ&運営責任者を務める。
柏井万作(かしわい まんさく)
1981年、東京都生まれ。2006年に取締役として株式会社CINRA立ち上げに参加。創業時から現在までカルチャーメディア『CINRA.NET』の編集長・責任者としてサイトの運営を行いながら、イベントプロデューサーとして入場無料の音楽イベント『exPoP!!!!!』、カルチャーフェス『NEWTOWN』、音楽フェス『CROSSING CARNIVAL』などの立ち上げ&運営責任者を務める。

―『NEWTOWN』にはそんなストーリーがあったのですね。

柏井:これまでもメディアやイベントをずっとやってきましたが、『NEWTOWN』を始めたことでようやく「地域にコミットする」ことが出来たという実感がありました。例えば同級生のお母さんたちは今も元気に暮らしておられるのですが、皆さんそれぞれに課題や悩みを抱えていて。そういったものに対し「何か自分にできることはないか?」と考えるようになっていったんです。それに伴い『NEWTOWN』も、「カルチャーフェス」だけでなく、多摩ニュータウンに暮らす人にとって「自分の街のお祭り」としても楽しんでいただけるようにしていきたいという気持ちが強くなっていきましたね。

『NEWTOWN 2019』~みんなでつくる、新しい文化祭~ ダイジェスト動画

―今回、そんなお三方を中心に『みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭』が開催されることになったわけですが、その経緯についてお聞かせいただけますか?

西村:1971年に多摩ニュータウンができた多摩市は来年50周年を迎えます。それに向けて、瀧口さんとは一昨年から「どんなことをやりましょうか?」と盛り上がっていたんですね。今年そして来年とさらに多くの市民を巻き込んだ大きなイベントの企画を作っていこうと思っていました。ところが新型コロナウイルスの感染拡大により、地域のイベントや学校の行事などが、ほとんど中止になってしまって……。「次の50年に向けて、これまでの文化を引き継ぎ、新たな文化を興していこう」という文脈がプツンと途切れてしまったような気持ちだったんですよね。

瀧口:僕は市民の声を生で聞く機会が多いのですが、例えばある中学校の吹奏楽部では、行事や発表の場がなくなっただけでなく、「三密」を避けるために部員全員が教室に集まって演奏することが出来なくなってしまったんです。そこでどうするかというと、一人ひとり壁に向かった状態で黙々と練習する他ない。でもそれだと息が詰まってしまいますから、たまに人気のない公園などで練習をしていると、今度は近隣の住民から「うるさい」とクレームが来るらしいんです。

クレームを言う大人たちもきっと、慣れない在宅ワークをしながらストレスを抱え込んでいたりしているわけですよね。つまり子供も大人も「居場所」を確保しにくい状態。お互いの事情を少しでも知っていれば、もう少し歩み寄れるかも知れないのに、普段の交流が少ないものだからギスギスしてしまう。そういう意味でも「コミュニティの場」が必要だなと痛感しました。

―それにしても、発表の場がないのに練習を続けるのも辛いですよね。

西村:おっしゃる通りです。感染のリスクを考えて、学校の行事やイベントを「中止」にするのは簡単です。しかし、そんな中でどうやってモチベーションを保ったらいいのか。地域活動をしている人たちの中には、会員のモチベーションが保てず「会そのものが維持できなくなってしまうんじゃないか?」という不安を抱えている団体もあります。

それでCINRAさんとも昨年『NEWTOWN』をご一緒させていただいた経緯もあり、柏井さんに、このコロナ禍で学校文化祭や地域イベントの代わりにできることはないか、他の人たちはどのような取り組みをしているのかなど、オンラインでお尋ねしたところ、CINRAさんは5月に『CROSSING CARNIVAL'20』をオンラインで開催したという話をお聞きして(関連記事:『CROSSING CARNIVAL'20』中止判断とオンライン開催の想い)。自分たちでも色々とリサーチしていく中で、何かオンラインの文化イベントが出来るのではないかと思えるようになっていきました。

『CROSSING CARNIVAL'20 -online edition-』~ CINRA.NETのオンラインフェス ダイジェスト~

西村信哉

柏井:自分のことを振り返ってみると、文化祭って年に一度の特別な行事だったんですよね。高校でバンドを組んでも、まだライブハウスは敷居が高くて、文化祭で演奏できるのを楽しみにしていた。そういう学生たちの大切な機会が、コロナで失われてしまっていると西村さんから聞いた時に、何か協力したいと思ったんです。

僕らもオンラインイベントを色々やってみて、見ている人と出演している人の距離感がグッと近くなる感じがありました。リアルな場で大勢の観客の一人としてライブのステージを観ているよりも、ある意味オンラインライブの方が身近に感じるというか。例えばラジオって、自分だけに語りかけてくれるような親密な感じがあるじゃないですか。あの感覚に近いのかなと。みんなが「物理的」に距離を取らなきゃいけない時だからこそ、うまくその「近さ」みたいなものを、今回の『多摩市ONLINE文化祭』で活かせたらいいなと思っています。

Page 1
次へ

イベント情報

『みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭』
『みんなでつくる多摩市ONLINE文化祭』

2020年11月7日(土)12:00~19:00にTAMA-BASEのYouTubeチャンネルで配信

プログラム:
DÉ DÉ MOUSEとホナガヨウコ『オンライン盆踊り2020』
ザ・なつやすみバンド『TNB×落合中学校 吹奏楽部 スペシャルコラボ!〜』
眉村ちあき『眉村ちあきのオンライン文化祭ライブ』
バストリオ『縄文のはじまりとおわり』
永山フェスティバル実行委員会『永山ソング』
TAMA映画フォーラム実行委員会『第30回映画祭 TAMA CINEMA FORUM』
多摩センターイルミネーション『イルミネーション点灯式』
ほか市内小中学校、サンリオなど30団体以上を予定
料金:無料

プロフィール

西村信哉(にしむら しんや)

1983年、福岡県生まれ。IT企業勤務を経て、移住した多摩市の市役所に2014年に転職。多摩市の将来都市像「みんなが笑顔 いのちにぎわうまち 多摩」の実現に向け、ICTの利活用推進や市制50周年、多摩ニュータウン再生検討会議、多摩市若者会議など市民参加の「まちづくり」の企画運営に従事。

瀧口寿彦(たきぐち としひこ)

東京都多摩市出身。映画、TV-CM、TV番組、舞台等の監督をする傍ら
地域活性化プロジェクトにも多数関わる。活動様子はNHKにて数回特集され、来年の多摩市市制50周年に向けて実行委員会TAMA-BASEを結成し、様々な企画を展開中。

柏井万作(かしわい まんさく)

1981年、東京都生まれ。2006年に取締役として株式会社CINRA立ち上げに参加。創業時から現在までカルチャーメディア『CINRA.NET』の編集長・責任者としてサイトの運営を行いながら、イベントプロデューサーとして入場無料の音楽イベント『exPoP!!!!!』、カルチャーフェス『NEWTOWN』、音楽フェス『CROSSING CARNIVAL』などの立ち上げ&運営責任者を務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談