特集 PR

セカオワの海外進出「End of the World」がAmazon Musicと組むわけ

セカオワの海外進出「End of the World」がAmazon Musicと組むわけ

Amazon Music
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

SEKAI NO OWARIがグローバル展開を目的としたプロジェクト「End of the World」が1stアルバム『Chameleon』を発表。それに合わせ、Amazon Musicのサポートによってさまざまな展開が行われている。Twitch上のAmazon Musicチャンネルから世界に配信されたライブストリーミング、Alexaによるリリースまでのカウントダウン、アルバム発売日にあたる11月27日から1週間、ニューヨークのタイムズスクエアにあるビルボード広告にEnd of the Worldが起用されるなど、その展開は多岐に渡るものだ。

そこで今回はアマゾンジャパンのデジタル音楽事業本部アーティスト&レーベルリレーションズ本部長の島田和大と、End of the Worldの所属レーベルであるLANDの代表を務める和田直希による対談を実施した。28歳でジャカルタに移住し、家具のスタートアップを成功させ、ニューヨークのソーホーにショールームを出すなど、世界を舞台に活躍してきた和田は、Fukaseとの交流からEnd of the Worldへと参画。Fukaseと和田が共有し、『Chameleon』というタイトルにも表れている「変わらないために変わり続ける」という意識は、今後の日本人アーティストの海外進出においても、重要な考えであるように思う。

アーティストとファンを繋げたいAmazon Musicと、全世界にリーチしたいセカオワ

―まずは、Amazon Musicがアーティストのサポートに力を入れている理由を教えてください。

島田:Amazon Musicがミッションとして掲げていることは「アーティストとファンを繋げる」ということです。我々は主にデジタルミュージックという観点でそれをやっているわけですが、Amazon全体として考えれば、CDも売ってますし、マーチャンダイジングも扱っていますし、今はライブのストリーミングにも力を入れている。

ただ単に「CDを売ります」「ストリーミングで配信します」ということではなく、もっと多面的な形でアーティストとファンのブリッジになる。我々にはそれができると思っていますし、アーティストさんからも、そういったところに価値を見出していただけているのかなと思っています。

―なぜ今回、End of the WorldはAmazon Musicと組もうと思ったのでしょうか?

和田:End of the Worldという新しいプロジェクトを始めた一番の理由は、一言で言うと、全世界の人にリーチすることなんですよね。それが本当にヒットするかどうかは、僕はプロダクトそのものの力が重要だと思っていて、それは僕らが作る。それをフィジカルでもデジタルでも、全世界にしっかり届けられる環境を構築しようと思ったときに、Amazonさんのサポートは不可欠だったんです。

島田:おっしゃっていただいた通り、グローバル性というのが我々の大きな強みだと思っていて、音楽を世界に届けるということは、Amazon Musicとしてもやっていきたいことです。

左から:島田和大(アマゾンジャパン デジタル音楽事業本部アーティスト&レーベルリレーションズ本部長)、和田直希(LAND代表・クリエイティブディレクター)
左から:島田和大(アマゾンジャパン デジタル音楽事業本部アーティスト&レーベルリレーションズ本部長)、和田直希(LAND代表・クリエイティブディレクター)

―Amazon Musicはこれまでにもさまざまなアーティストのサポートをされてきたということなので、具体的な実績を教えてください。

島田:遡れば長い歴史があるのですが、例えば、Echoデバイスとコラボレーションした試みでは、お客様が「アレクサ、おはよう」と話しかけると、その日だけ特別にAlexaがアーティストからのメッセージを紹介してくれて、「今日は楽曲の発売日だよ」と教えてくれたりする。まさにアーティストとファンのエンゲージメントのタッチポイントになる重要な取り組みだと思っています。

―ライブストリーミングにも力を入れているというお話でしたね。

島田:ライブストリーミングはTwitchというオンライン上での場を連携しています。今後この場をもっとアーティストに提供しようと考えています。

11月7日(土)にTwitch上のAmazon Musicチャンネルで開催された、End of the Worldの無料配信ライブの様子
11月7日(土)にTwitch上のAmazon Musicチャンネルで開催された、End of the Worldの無料配信ライブの様子
11月7日(土)にTwitch上のAmazon Musicチャンネルで開催された、End of the Worldの無料配信ライブの様子

島田:屋外広告の取り組みも展開しており、渋谷のスクランブル交差点、大阪の心斎橋、そしてニューヨークのタイムズスクエアに屋外広告のプレースを持っています。前回はPerfumeさん、次はEnd of the Worldさんに出ていただきます。コンテンツの配信とは別に、アーティストのイメージを世の中に出していく。それができるのもAmazonならではだと思います。

今年11月27日から1週間、ニューヨーク タイムズスクエアに設置された、Amazon MusicによるEnd of the Worldの街頭広告
今年11月27日から1週間、ニューヨーク タイムズスクエアに設置された、Amazon MusicによるEnd of the Worldの街頭広告
Page 1
次へ

サービス情報

Amazon Music

Amazon Music Unlimitedは7,000万曲以上の楽曲やプレイリスト、ステーション、およびポッドキャストを楽しめる音楽聴き放題サービスです。iOSやAndroidのスマートフォンやタブレット、パソコン、Fire タブレットやAmazon Fire TVシリーズに加え、Amazon Echoシリーズを含む Amazon Alexa搭載デバイスで、いつでもどこでも音楽を聴くことができます。

リリース情報

End of the World『Chameleon』
End of the World
『Chameleon』

2020年11月27日(金)発売

1. Airplane
2. Dropout Boulevard
3. Lost(ft. Clean Bandit)
4. My Sleeping Beauty
5. Forever(ft. NIKI)
6. Hollow(ft. DNCE)
7. Rollerskates
8. Birthday
9. Gone
10. Stargazer Reimagined
11. Fangs
12. Bad Day
13. Over(ft. Gabrielle Aplin)

プロフィール

島田和大(しまだ かずひろ)

1996年London School of Economics卒業後、三菱商事入社。MTV Networks Japan(現 ViacomCBS)戦略企画室バイスプレジデントを経て、2010年ユニバーサルミュージック執行役員ビジネスアフェアーズ本部長に就任。デジタルビジネス、コマーシャルアフェアーズ担当マネージングディレクターを歴任。2020年9月、アマゾンジャパン デジタル音楽事業本部アーティスト&レーベルリレーションズ本部長に就任。

和田直希(わだ なおき)

KAMARQを始め、シンガポール・ニューヨーク・ジャカルタ・東京にて様々なサービスを展開する起業家。幅広いリーチを活かしグローバルスタンダートでアーティスト・プロジェクトをマネジメントするLAND, Inc.を設立しプロデューサー兼クリエイティブディレクターとしてEnd of the World・BAD MOODプロジェクトを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送