特集 PR

セカオワの海外進出「End of the World」がAmazon Musicと組むわけ

セカオワの海外進出「End of the World」がAmazon Musicと組むわけ

Amazon Music
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

SEKAI NO OWARIがグローバル展開を目的としたプロジェクト「End of the World」が1stアルバム『Chameleon』を発表。それに合わせ、Amazon Musicのサポートによってさまざまな展開が行われている。Twitch上のAmazon Musicチャンネルから世界に配信されたライブストリーミング、Alexaによるリリースまでのカウントダウン、アルバム発売日にあたる11月27日から1週間、ニューヨークのタイムズスクエアにあるビルボード広告にEnd of the Worldが起用されるなど、その展開は多岐に渡るものだ。

そこで今回はアマゾンジャパンのデジタル音楽事業本部アーティスト&レーベルリレーションズ本部長の島田和大と、End of the Worldの所属レーベルであるLANDの代表を務める和田直希による対談を実施した。28歳でジャカルタに移住し、家具のスタートアップを成功させ、ニューヨークのソーホーにショールームを出すなど、世界を舞台に活躍してきた和田は、Fukaseとの交流からEnd of the Worldへと参画。Fukaseと和田が共有し、『Chameleon』というタイトルにも表れている「変わらないために変わり続ける」という意識は、今後の日本人アーティストの海外進出においても、重要な考えであるように思う。

アーティストとファンを繋げたいAmazon Musicと、全世界にリーチしたいセカオワ

―まずは、Amazon Musicがアーティストのサポートに力を入れている理由を教えてください。

島田:Amazon Musicがミッションとして掲げていることは「アーティストとファンを繋げる」ということです。我々は主にデジタルミュージックという観点でそれをやっているわけですが、Amazon全体として考えれば、CDも売ってますし、マーチャンダイジングも扱っていますし、今はライブのストリーミングにも力を入れている。

ただ単に「CDを売ります」「ストリーミングで配信します」ということではなく、もっと多面的な形でアーティストとファンのブリッジになる。我々にはそれができると思っていますし、アーティストさんからも、そういったところに価値を見出していただけているのかなと思っています。

―なぜ今回、End of the WorldはAmazon Musicと組もうと思ったのでしょうか?

和田:End of the Worldという新しいプロジェクトを始めた一番の理由は、一言で言うと、全世界の人にリーチすることなんですよね。それが本当にヒットするかどうかは、僕はプロダクトそのものの力が重要だと思っていて、それは僕らが作る。それをフィジカルでもデジタルでも、全世界にしっかり届けられる環境を構築しようと思ったときに、Amazonさんのサポートは不可欠だったんです。

島田:おっしゃっていただいた通り、グローバル性というのが我々の大きな強みだと思っていて、音楽を世界に届けるということは、Amazon Musicとしてもやっていきたいことです。

左から:島田和大(アマゾンジャパン デジタル音楽事業本部アーティスト&レーベルリレーションズ本部長)、和田直希(LAND代表・クリエイティブディレクター)
左から:島田和大(アマゾンジャパン デジタル音楽事業本部アーティスト&レーベルリレーションズ本部長)、和田直希(LAND代表・クリエイティブディレクター)

―Amazon Musicはこれまでにもさまざまなアーティストのサポートをされてきたということなので、具体的な実績を教えてください。

島田:遡れば長い歴史があるのですが、例えば、Echoデバイスとコラボレーションした試みでは、お客様が「アレクサ、おはよう」と話しかけると、その日だけ特別にAlexaがアーティストからのメッセージを紹介してくれて、「今日は楽曲の発売日だよ」と教えてくれたりする。まさにアーティストとファンのエンゲージメントのタッチポイントになる重要な取り組みだと思っています。

―ライブストリーミングにも力を入れているというお話でしたね。

島田:ライブストリーミングはTwitchというオンライン上での場を連携しています。今後この場をもっとアーティストに提供しようと考えています。

11月7日(土)にTwitch上のAmazon Musicチャンネルで開催された、End of the Worldの無料配信ライブの様子
11月7日(土)にTwitch上のAmazon Musicチャンネルで開催された、End of the Worldの無料配信ライブの様子
11月7日(土)にTwitch上のAmazon Musicチャンネルで開催された、End of the Worldの無料配信ライブの様子

島田:屋外広告の取り組みも展開しており、渋谷のスクランブル交差点、大阪の心斎橋、そしてニューヨークのタイムズスクエアに屋外広告のプレースを持っています。前回はPerfumeさん、次はEnd of the Worldさんに出ていただきます。コンテンツの配信とは別に、アーティストのイメージを世の中に出していく。それができるのもAmazonならではだと思います。

今年11月27日から1週間、ニューヨーク タイムズスクエアに設置された、Amazon MusicによるEnd of the Worldの街頭広告
今年11月27日から1週間、ニューヨーク タイムズスクエアに設置された、Amazon MusicによるEnd of the Worldの街頭広告
Page 1
次へ

サービス情報

Amazon Music

Amazon Music Unlimitedは7,000万曲以上の楽曲やプレイリスト、ステーション、およびポッドキャストを楽しめる音楽聴き放題サービスです。iOSやAndroidのスマートフォンやタブレット、パソコン、Fire タブレットやAmazon Fire TVシリーズに加え、Amazon Echoシリーズを含む Amazon Alexa搭載デバイスで、いつでもどこでも音楽を聴くことができます。

リリース情報

End of the World『Chameleon』
End of the World
『Chameleon』

2020年11月27日(金)発売

1. Airplane
2. Dropout Boulevard
3. Lost(ft. Clean Bandit)
4. My Sleeping Beauty
5. Forever(ft. NIKI)
6. Hollow(ft. DNCE)
7. Rollerskates
8. Birthday
9. Gone
10. Stargazer Reimagined
11. Fangs
12. Bad Day
13. Over(ft. Gabrielle Aplin)

プロフィール

島田和大(しまだ かずひろ)

1996年London School of Economics卒業後、三菱商事入社。MTV Networks Japan(現 ViacomCBS)戦略企画室バイスプレジデントを経て、2010年ユニバーサルミュージック執行役員ビジネスアフェアーズ本部長に就任。デジタルビジネス、コマーシャルアフェアーズ担当マネージングディレクターを歴任。2020年9月、アマゾンジャパン デジタル音楽事業本部アーティスト&レーベルリレーションズ本部長に就任。

和田直希(わだ なおき)

KAMARQを始め、シンガポール・ニューヨーク・ジャカルタ・東京にて様々なサービスを展開する起業家。幅広いリーチを活かしグローバルスタンダートでアーティスト・プロジェクトをマネジメントするLAND, Inc.を設立しプロデューサー兼クリエイティブディレクターとしてEnd of the World・BAD MOODプロジェクトを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで