特集 PR

I Don’t Like Mondays.はなぜ今、「ダサさ」をさらけ出す?

I Don’t Like Mondays.はなぜ今、「ダサさ」をさらけ出す?

I Don’t Like Mondays.『ミレニアルズ ~just I thought~』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:木村篤史 編集:飯嶋藍子

今、男性アイドルを中心に芸能人たちの間で人気を集める4人組バンド、I Donʼt Like Mondays.が8月より行っている5ヶ月連続のシングル配信リリースが、そろそろ大詰めを迎えようとしている。

洋楽のエッセンスをふんだんに盛り込んだスタイリッシュなバンドアンサンブルと、言葉の響きに重きをおいた歌詞世界。そんな彼らのパブリックイメージから一転、コロナ禍に連続リリースされている今回の楽曲たちは、どれもボーカルYUの「カッコ悪い」心情を、赤裸々に吐露するような歌詞が乗っている。

昨年、レーベル移籍第1弾アルバム『FUTURE』をリリースし、2020年は飛躍の年になるはずだったI Donʼt Like Mondays.。新型コロナウイルスの感染拡大により、予定していた活動を断念せざるを得なくなった彼らは、どのような道を切り拓いてきたのだろうか。メンバー全員に、シングル5曲を紐解きつつ語ってもらった。

通常の活動ができなくても、何かワクワクしてもらえるようなことを届けられないか? と。(YU)

―今回、5ヶ月連続でシングルを配信リリースすることになった、そもそもの経緯から教えてもらえますか?

YU(Vo):昨年からのツアーを今年2月に終えて、アルバムの制作やツアーも考えていたんです。でも、コロナの影響でそうした予定が全て難しい状況になってしまって。そこで一旦、考え方を変えてみることにしました。

アルバムを出してツアーを回るという通常の活動ができなくても、ファンのみなさんに何かワクワクしてもらえるようなことを届けられないか? と。だったらそれに向けて作曲をしていこう、となったのが今回の大まかな経緯です。

I Don’t Like Mondays.(あいどんとらいくまんでいず)<br>YU(Vo)、CHOJI(Gt)、KENJI(Ba)、SHUKI(Dr)からなる4人組ロックバンド。キャッチーなメロディライン、そこにセクシーなサウンドと、英語を巧みに織り交ぜたニヒルな歌詞が組み合わさった楽曲でパーティーシーンを彩る。また、アパレルブランドのサウンドトラックを手掛けるほか、ハイブランドショップとのコラボ、他アーティストへの楽曲提供、ミュージックビデオの企業コラボなど、多岐にわたって活動している。
I Don’t Like Mondays.(あいどんとらいくまんでいず)
YU(Vo)、CHOJI(Gt)、KENJI(Ba)、SHUKI(Dr)からなる4人組ロックバンド。キャッチーなメロディライン、そこにセクシーなサウンドと、英語を巧みに織り交ぜたニヒルな歌詞が組み合わさった楽曲でパーティーシーンを彩る。また、アパレルブランドのサウンドトラックを手掛けるほか、ハイブランドショップとのコラボ、他アーティストへの楽曲提供、ミュージックビデオの企業コラボなど、多岐にわたって活動している。

―今、この取材の時点では“モンスター”“MR. CLEVER”“ENTERTAINER”の3作がすでにリリースされていて、今後“東京エキストラ”と“ミレニアルズ ~just I thought~”のリリースが予定されています。アルバム用に作っていた曲もあれば、この企画を決めてから書き下ろした曲あるそうですね。

YU:そうなんです。“ミレニアルズ ~just I thought~”は、アルバムを作ろうとしているときに原型がありました。“東京エキストラ”はコロナ前にでき上がっていたトラックがベースになっていて、“MR. CLEVER”はコロナ禍になってから、この曲はアルバムに入れることになるのかな? という微妙な時期にできました。“モンスター”は連続リリースが決まってから作った曲ですね。

でも、歌詞は全てコロナの影響を受けています。「受けた」というか、コロナの時期になって僕自身もバンドも、これから音楽活動をどうやっていくべきか、どういう方向を向いていくべきかを模索していて。

―どんなふうに模索していたのですか?

YU:これまでの我々の楽曲は、パーティーシーンに合うというか。みんなでワイワイ聴くようなものが多かったんですけど、なかなかライブをやることが難しい状況が続いているじゃないですか。それに加えて、ステイホーム中は誰もが自分自身と向き合う時間を過ごしたと思うし、サウンドよりもメッセージに重きを置く方向へとシフトすべきじゃないかと思ったんです。

コロナ関係なく、何か新しい化学変化を起こしたいと常々思っている。(CHOJI)

―アイドラとしては、かなり大きな変化ですよね。

YU:ただ、そもそも前回のアルバム『FUTURE』を去年リリースして、ツアーを完走したあとで、「この流れのまま作曲に入るのはなんとなく違うな」という思いもあったんです。

YU(Vo)
YU(Vo)

CHOJI(Gt):コロナ関係なく、何か新しい化学変化を起こしたいと常々思っているバンドなんですよね。

YU:それが奇しくもコロナになって、逆に言えばこれまでできなかったことにも挑戦できたように思います。コロナ禍の今ならきっと、ファンの方々もその変化にガッカリしないんじゃないかなという気持ちもありました。

Page 1
次へ

リリース情報

I Don’t Like Mondays.『ミレニアルズ ~just I thought~』
I Don’t Like Mondays.
『ミレニアルズ ~just I thought~』

2020年12月30日(水)配信

プロフィール

I Don’t Like Mondays.(あいどんとらいくまんでいず)

YU、CHOJI、KENJI、SHUKIからなる4人組ロックバンド。キャッチーなメロディライン、そこにセクシーなサウンドと、英語を巧みに織り交ぜたニヒルな歌詞が組み合わさった楽曲でパーティーシーンを彩る。全楽曲において自身で作詞・作曲・アレンジを手掛け、ジャケット、ミュージックビデオも自らディレクションしている。また、アパレルブランドのサウンドトラックを手掛けるほか、ハイブランドショップとのコラボ、他アーティストへの楽曲提供、ミュージックビデオの企業コラボなど、多岐にわたって活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信