特集 PR

ラブリーサマーちゃんの提言 嫌な思いの数だけレコードを買おう

ラブリーサマーちゃんの提言 嫌な思いの数だけレコードを買おう

ラブリーサマーちゃん『LSC2000 / サンタクロースにお願い』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:寺内暁 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

ラブリーサマーちゃんが7インチ『サンタクロースにお願い / LSC2000』をリリースする。これはレコードレーベル発信の国産レコードプレスカンパニー「TUFF VINYL(タフヴァイナル)」と、CINRA.NETの共同制作によるもの。この2曲は昨年ライブ会場・通販限定シングルCDとしてもリリースされていたが、もともとアナログレコード好きだったというラブサマちゃんこだわりのクリアカラーヴァイナル仕様でアナログ化。ファン必携のアイテムとなっている。

一方、この2曲も収録されている最新作『THE THIRD SUMMER OF LOVE』の楽曲はストリーミングでも多くのリスナーにリーチし、Spotifyでは国内のみならず、海外の公式プレイリストにも多数選出されるなど、これまでにない広がりを見せた。『THE THIRD SUMMER OF LOVE』にも大きな影響を与えたUKロックが、ストリーミングとアナログの両面からチャートでも結果を残している現状と、ラブサマちゃんの活動のリンクは非常に興味深い。7インチ発表を機に、ラブサマちゃんのレコード愛と、ストリーミングについての話を聞いた。

ラブリーサマーちゃん<br>1995年生まれ、東京都在住の25歳女子。2013年夏より自宅での音楽制作を開始し、インターネット上に音源を公開。SoundCloudやTwitterなどで話題を呼んだ。2020年9月には待望の3rdアルバム『THE THIRD SUMMER OF LOVE』を発売。可愛くてかっこいいピチピチロックギャル。
ラブリーサマーちゃん
1995年生まれ、東京都在住の25歳女子。2013年夏より自宅での音楽制作を開始し、インターネット上に音源を公開。SoundCloudやTwitterなどで話題を呼んだ。2020年9月には待望の3rdアルバム『THE THIRD SUMMER OF LOVE』を発売。可愛くてかっこいいピチピチロックギャル。

嫌なことがあるたびに買う。自分のストレスを緩和してくれるレコード

―アナログレコードをリリースすることに対する感想から教えてください。

ラブサマ:すごく嬉しいです。私はCD育ちなので、CDが出たときももちろん嬉しいんですけど、レコードも好きなので。アナログは聴くためにたくさん作業が必要じゃないですか? スリットから出して、盤面に指がつかないように持って、プレイヤーに置いて、針を落として……。音楽に没入するためにやらなきゃいけないことが多いから、「私は今これを聴くんだ」って感じになるんですよ。

―わかります。手間がかかればかかるほどいい、みたいな。

ラブサマ:あと、アナログは自分で聴き方を工夫できますよね。プレイヤーを選ぶのもそうだし、インシュレーター(振動を抑えるアクセサリー)を入れるとか、スタビライザー(レコードの中心に置くウエイトで、レコード盤の安定性を高めるアクセサリー)をつけるとか、針を交換するとか。聴き方が自分に委ねられてるので、音楽自体はもちろん「聴く」行為を楽しめる。YouTubeとかでおすすめをあてがわれて、それを楽しむ体験とは逆の楽しみ方で、そこがいいなって思うし、そうやって楽しむものを自分の作品として出せることはすごく嬉しいです。

7インチレコード『LSC2000 / サンタクロースにお願い』
7インチレコード『LSC2000 / サンタクロースにお願い』

―じゃあ、CD育ちではあるけど、アナログにもかなり触れてきているわけですね。

ラブサマ:はい。嫌なことがあった数だけレコードを買っていいことにしてます。そういう風に決めないと延々と買っちゃうので。やっぱり重いし、かさばるものでもあるので、買う枚数を決めているんです。ただ、いっぱい嫌なことがあっても「今日はレコードをたくさん買えるぞ」みたいになるので、それはそれで嬉しい気分になる(笑)。この気分の解消法は、みんなにもすごくおすすめしたいです。

―最初にアナログを買ったのはいつですか?

ラブサマ:スカートさんの『シリウス』(2014年)です。アナログ限定だったんですけど、どうしても聴きたくてプレイヤーと一緒に買いました。私、最初に安いプレイヤーを買ってしまって、音が悪かったんです。今もそれを使ってはいるんですけど、いろいろと変えました。インシュレーターとか、スタビライザーとか、レコードマットとか。あと針を変えたら、かなり音が変わりましたね。自分の好きなように調整したら、ちゃんといい音で聴けるようになって。

完成した7インチを実際に聴くラブリーサマーちゃん
完成した7インチを実際に聴くラブリーサマーちゃん

―そうやって主体的に「聴く」という行為を楽しめるわけですよね。

ラブサマ:最初は「アナログってこんなに音悪いの?」って思ったんですけど、それは私のリスニング環境のせいで、いろいろ変えると音もどんどん変わるのが楽しいです。でも、アナログの音を本格的に楽しむにはすごくいい機材を買ったほうがいいと聞いて……。いつか、すごくいい環境で聴いてみたいです。

―アナログの音の魅力に関して、今はどう感じていますか?

ラブサマ:デジタルでマスターされてるものだとあんまりアナログのよさってわからないのかなって思うんですけど、昔のレコードはレンジが広くていいですね。ストリーミングではデータが圧縮されてしまっているので、昔のジャズをストリーミングで聴いても「うーん」ってなるけど、アナログはレンジが広いからライブっぽい。

左右のスピーカーのちょうど真ん中の位置でも聴いてみる
左右のスピーカーのちょうど真ん中の位置でも聴いてみる

―家にはアナログ何枚くらいあるんですか?

ラブサマ:何枚なんだろう? ボックス2箱分くらい……今まで嫌なことがたくさんあったんですね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

『LSC2000 / サンタクロースにお願い』(7インチアナログ盤)
ラブリーサマーちゃん
『LSC2000 / サンタクロースにお願い』(7インチアナログ盤)

2020年12月11日(金)発売
価格:1,980円(税込)
TBVC-0002

[SIDE-A]
1. LSC2000

[SIDE-B]
1. サンタクロースにお願い

取り扱い店舗:
JET SET 各店
HMV record shop 各店
ディスクユニオン 各店
タワーレコード 各店
Banguard
Fastcut Records
FLAKE RECORDS
LiE RECORDS
OUTSIDE RECORD
RECORDSHOP ZOO
STEREO RECORDS
ハワイレコード
九州TSUTAYA
蔦屋書店熊本三年坂
芽瑠璃堂
Tuff Beats Online Store

プロフィール

ラブリーサマーちゃん
ラブリーサマーちゃん

1995年生まれ 東京都在住の25歳女子 2013年夏より自宅での音楽制作を開始し、インターネット上に音源を公開。サウンドクラウドやツイッターなどで話題を呼んだ。2015年に1stアルバム「#ラブリーミュージック」、2016年11月にはメジャーデビューアルバム「LSC」をリリースし好評を博す。2020年9月には待望の3rdアルバム「THE THIRD SUMMER OF LOVE」を発売。可愛くてかっこいいピチピチロックギャル。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察