インタビュー

ミツメ×STUTS対談 今は、創作への前向きな気持ちが救いになる

ミツメ×STUTS対談 今は、創作への前向きな気持ちが救いになる

インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:池野詩織 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2021/03/19

「トレンドを意識したアプローチをしても、結局自分の音にしかならないというところも似てる」。ミツメとSTUTSに共通する感覚

―今作にSTUTSくんを呼ぼうとなった経緯は? ミツメにとっては初のフィーチャリングゲストですよね。

川辺:去年はたくさん曲作りをしながら、今までやったことのないチャレンジをしてみようという流れがあって。その一環でtofubeatsさんに“トニック・ラブ”をリミックスしてもらったんですね。それを経て、人と一緒に曲を作るトライもしたいとなったんです。

“トニック・ラブ(tofubeast remix)”を聴く(Apple Musicはこちら

川辺:ただ、ミツメは長年活動してきてメンバー4人の空気が固まってるところがだいぶあって。4人の空気の中に自然と入ってこれて、自分たちのやりたいことを理解できる人は誰か、と考えたら、STUTSくんがいいんじゃないかと思ったんです。他に候補者が挙がるわけでもなく(笑)。

須田:最初の候補者にSTUTSくんの名前が出て、すぐ「それだ!」ってなりました。

 

―ミツメとSTUTSくんの共通点を見出すならば、2組ともいろんな音楽的要素を独自のスタイルで昇華しながら、「いかに同時代的かつ普遍性のある曲を作れるか」というトライアルをしていると思うんですね。

STUTS:たしかに。僕もそういうことは感じていますね。

川辺:同じことをやり続けてトライ&エラーを繰り返しながら変形しているところがお互いあると思います。そういうことをずっとやり続けているから共有できる感覚があるのかなと思うんですよね。

須田:手法としても、ミツメは宅録バンドでもあると思ってるので。今回の作り方は今までと違うところもあったけど、基本的にはやっぱり宅録で作り上げていくバンドだから。

音楽性は違えど、そういう手法的なところでSTUTSのやってることを理解できるし、制作でもスムーズなやりとりができたのかなって。すごく自然に曲は完成しましたね。

ミツメ“Basic (feat. STUTS)”を聴く(Apple Musicはこちら

―お互いトレンドも意識はしてると思うけど、それをわかりやすくアウトプットしないですよね。

STUTS:そうだと思います。トレンドを意識したアプローチをしても、結局自分の音にしかならないというところも似てるのかなと。ミツメの曲を聴くと「あ、ミツメだ」ってすぐにわかるので。それは一つ共通点としてあるのかもしれない。

川辺:それが同じことをやり続けて出た厚みだったらいいなと思いますね。

「パソコンが『ミツメさん』というか(笑)」。あんまりバンド的ではないと頻繁に言われてきたミツメの「バンド感」を自己分析

川辺:あと、ミツメって考え方があんまりバンド的ではないと言われることはよくあって。僕らは宅録好きの4人が集まって、淡々と作業のように作っているから、ロックバンド的な感じが希薄なのかなというふうな考えをもつようになったんですよね。

たとえば、GEZANがやっているようなことはできないし、すごくカッコいいし好きだけど自分たちがやることではないと思うから。自分は観客をステージから熱狂させるロックバンド的な資質を持ち合わせてるとも思えないし。STUTSくんもそうだけど、ビートメイカーの友だちと喋っていると、わりと考え方が近いなと感じることがよくあるんです。たまたま活動形態がバンドとソロアーティストで違うだけで。imaiさんとかも同じことをやり続けてるじゃないですか。

―imai氏のビートも誰とも似てないですよね。

川辺:そういうところにシンパシーがあったりして。

STUTS:その感じは今回、レコーディングに参加させてもらったときにすごく感じたことで。メンバーそれぞれに持ち場があるんだけど、結果的にそれがまとまったときにミツメとしか言えないような音楽になってる。それを目の当たりにして素晴らしいな、素敵だなと思いました。一般的なバンド感はないかもしれないけど、4人の頭脳が集まってまとまったらミツメになる。そこにミツメならではのバンド感を感じましたし。

ミツメ『Ⅵ』収録曲(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

大竹:年々、一人ひとりが独立してる感じがエスカレートしてるかも(笑)。前までは誰かがビジョンを持ってきてまとめたりしていたんですけど、今は完全に無政府状態なので(笑)。

一同:(笑)

―それでも絶妙に調和しているという。

須田:これは僕のイメージなんですけど、曲を作ってるときにはいつもパソコンがあって、そこにそれぞれのメンバーのケーブルがつながってて、いわゆるバンドらしい直接的なつながりというよりは、一つハブを挟んでる感覚があるんですよね。そのパソコンが「ミツメさん」というか(笑)。

川辺:パソコン本体がミツメ(笑)。

須田:ミツメさんという脳みそを通して、僕らが司令を受け取ってるのかもしれない……(笑)。しかもその脳みそって、僕らがコミュニケーションしながら作ったものじゃないんですよ。

 
 

須田:僕らはお互いが「ああしてほしい」「こうしてほしい」と言うような直接的なコミュニケーションとることはほとんどなくて、バンドを始めたころはそこにモヤモヤすることもあったんですね。

でも、そういうコミュニケーションが得意じゃないバンドだということがだんだんわかってくるし、年々それがなくてもお互いのOKラインがわかってきて。そういうこれまでの活動を経て、「ミツメ=意識の集合体」みたいな感覚が生まれてきたのかなって思います。

―ましてや今作は時勢もあって、ライブが満足にできなかったからこそ、こういうアルバムになったところもあるだろうし。

川辺:たしかに今回の無政府ぶりはライブがなかった影響もかなりあると思いますね。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

『Basic(feat. STUTS)』
ミツメ
『Basic(feat. STUTS)』

2021年3月17日(水)配信リリース

ミツメ
『Basic(feat. STUTS)』(7インチアナログ盤)

2021年4月21日(水)発売
価格:2,200円(税込)
PEKF-91035 mitsume-028

[SIDE-A]
1. Basic(feat. STUTS)
[SIDE-B]
1. ジンクス

『VI』
ミツメ
『VI』(2CD)

2021年3月24日(水)発売
価格:3,000円(税抜)
PECF-1183/4 mitsume-026

[CD1]
1. Intro
2. フィクション
3. 変身
4. ダンス
5. 睡魔
6. メッセージ
7. システム
8. VIDEO
9. リピート
10. コンタクト
11. Interlude
12. トニック・ラブ
13. Basic(feat.STUTS)(ボーナストラック)
[CD2]
1. Intro
2. フィクション(instrumental)
3. 変身(instrumental)
4. ダンス(instrumental)
5. 睡魔(instrumental)
6. メッセージ(instrumental)
7. システム(instrumental)
8. VIDEO(instrumental)
9. リピート(instrumental)
10. コンタクト(instrumental)
11. Interlude
12. トニック・ラブ(instrumental)

ミツメ
『VI』(アナログ盤)

2021年3月24日(水)発売
価格:3,200円(税抜)
PEJF-91034 mitsume-027

1. Intro
2. フィクション
3. 変身
4. ダンス
5. 睡魔
6. メッセージ
7. システム
8. VIDEO
9. リピート
10. コンタクト
11. Interlude
12. トニック・ラブ

イベント情報

『WWMW』

2021年3月31日(水)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

プロフィール

ミツメ
ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けている。そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。2021年3月24日、ニューアルバム『VI』をリリース。

STUTS
STUTS(スタッツ)

1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作等を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察