インタビュー

ミツメ×STUTS対談 今は、創作への前向きな気持ちが救いになる

ミツメ×STUTS対談 今は、創作への前向きな気持ちが救いになる

インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:池野詩織 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2021/03/19

「手法としても新しい扉を開けてもらえたと思います」(川辺)

 

―“Basic”の制作は具体的にどう立ち上がっていったんですか?

川辺:僕が最初にギターのコード進行と歌のデモを送りました。いつもだったらそこからメンバーでデモを完成させていくんですけど、今回はその前にSTUTSくんに解釈してもらったデモを作ってもらって。それに対してメンバーそれぞれがパートを乗っけていく流れでした。

―鍵盤がすごく印象的に鳴ってますね。

STUTS:サウンドの移り変わりを意識しました。あと、ミツメの曲でピアノがガッツリ入ってる曲を聴いたことがなかったので。

―STUTSくんとコラボレーションするうえでいろんな方向性を考えられたと思うんですけど、結果的にミツメの音楽像にナチュラルにSTUTSくんのテイストが溶け込んでいる仕上がりになっているなと。

STUTS:たしかにそういう感じかもしれないですね。自分の曲はループものが多いし、こんなにいっぱいコード進行のある曲はまだ作ったことがないので。間奏を作るのもすごく楽しかったです。

川辺:STUTSくんが今までリリースしてきた曲を一通り聴いて、いろんなコード進行が順々に展開していくような曲ってあまりないなと思って、そういう曲を一緒にやりたいと思いました。もっとリズムを押し出した曲をやるのもいいかなと思ったけど、そういうことは他でもたくさんやってるだろうし。今回、レコーディングではSTUTSくんが生ピアノを弾いてくれたんですよ。

―そうなんですね。“Basic”は、STUTSくんが音楽的に学んでることを形にできた曲、という言い方もできるんじゃないですか?

STUTS:それは自分でも思いました。初めて自分で弾いた生ピ(生ピアノ)を録音できて、とても貴重な体験をさせてもらいました。

須田:グランドピアノで弾いてる姿がまたすごくよくて。スタジオでは後ろ姿しか見えないんですけど、僕らから見るとサンプラーを叩いてるときと同じなんですよ。

一同:(笑)

STUTS:本当に楽しかったです。当たり前ですけど、やっぱり生ピアノってMIDI鍵盤とは全然違うんだなって。

―ビートに関してはどういう方法論で組み立てていったんですか?

須田:STUTSが作ったビートとツインドラム的に組み立てる方法もあったけど、基本的にはSTUTSが打ち込んだドラムがあって、そこに僕が録音した生ドラムのフレーズが一部で重なってる感じですね。

川辺:手法としても新しい扉を開けてもらえたと思います。

 

6作目にしてバンドの「新しいスタンダード」を手にできた背景

―アルバム本編の楽曲群はどのように制作していきましたか?

川辺:アルバムに向かってトータルで考えるというよりは、1曲1曲独立させて作っていきました。2020年全体の活動をどうしていくかという話からアルバムのことを考えだしたので、どうなるかわからないまま曲を作り始めたところがあって。

―コロナ以降、実際にアルバムを制作しリリースしてもツアーをどのタイミングで打てるかも不明瞭だし。

川辺:そうなんですよね。実際にライブで先に演奏してアレンジを詰めていく曲があってもいいと思ったし、メンバーだけで録音したりとか、新しいこともやりながらラフな感じでリリースできたらいいなというイメージもあったんですけど、それも叶わなくなってしまって。

ただ、それでも曲の制作は続けたんです。結果的に、新しいチャレンジを形にできたのはtofubeatsさんのリミックスとSTUTSくんとのコラボレーションくらいなんですけど。

ミツメ『Ⅵ』収録曲(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

須田:いつも僕らが倉庫でプリプロしているくらいの状態の音源を、フットワーク軽くポンポン新曲としてリリースしていくのもいいかもって話もアイデアとしてはあったんですよね。

―ただ結果的に、このアルバムは2020年を記録するという感触に加えて、ミツメのスタンダードを再構築した印象があります。

川辺:たしかにマスタリングしたときに「あ、自分たちの2020年が形になったね」という印象が最終的にはありました。やっぱり近い時期に作った曲をギュッと集めると一つのムードが生まれるのかもしれないですね。ドキュメンタリーとして残せたアルバムというか。

須田:今までのアルバムは曲を作っていく中で全体のトーンを意識してきたけど、今回のようにその意識がなくても自然とそのときのムードが出るんだというのは新鮮な発見でもありました。

―2020年から2021年になっても引き続いている時代のムードを冷静に言葉にしたり消化するのはこれから先になると思うし、このアルバムに閉じ込めたムードをメンバーが言語化するのは難儀だろうと思います。でも実際には、アーティストはこうしてその時代を生きている感覚をオンタイムで表現に昇華できるわけで。

須田:そうですね。そういう意味でも純粋に2020年の1年間に僕たちが作った曲たちを記録したアルバムというか。写真の「アルバム」に近い感じのニュアンスもあるかもしれないですね。

―大竹さんはどうですか?

大竹:たとえば前作(2019年リリースの『Ghosts』)はシンセとかギターではない楽器もいろいろ重ねて、音色的な面白さを探っていたんですね。でも、今回はギターで表現できることを増やそうと思って。そういう個人的なテーマを決めて制作に取り込んだので、自分の中では統一感があるなと思っています。

ミツメ“ダンス”を聴く(Apple Musicはこちら

―たしかにソロも含めて印象的なギターフレーズが多いですよね。nakayaanさんはどうですか?

nakayaan:僕もこのムードを言語化するのは難しいんですけど、コロナで2か月くらいメンバーとまったく会わない時期を経て、曲作りをリモート化したんです。その結果、一人ひとりのフレーズは以前よりも練られていると思うんですよね。

ドラムのビートも個性的な曲が多いと思うし、ギターのコード感の重ね方も複雑化していたり。それぞれのアイデアを受けて、それを活かして形にしていくことをみんなが意識的にやっていたように思います。それがあって今までとは違う一つのムードが生まれたのかなと。

Page 4
前へ 次へ

リリース情報

『Basic(feat. STUTS)』
ミツメ
『Basic(feat. STUTS)』

2021年3月17日(水)配信リリース

ミツメ
『Basic(feat. STUTS)』(7インチアナログ盤)

2021年4月21日(水)発売
価格:2,200円(税込)
PEKF-91035 mitsume-028

[SIDE-A]
1. Basic(feat. STUTS)
[SIDE-B]
1. ジンクス

『VI』
ミツメ
『VI』(2CD)

2021年3月24日(水)発売
価格:3,000円(税抜)
PECF-1183/4 mitsume-026

[CD1]
1. Intro
2. フィクション
3. 変身
4. ダンス
5. 睡魔
6. メッセージ
7. システム
8. VIDEO
9. リピート
10. コンタクト
11. Interlude
12. トニック・ラブ
13. Basic(feat.STUTS)(ボーナストラック)
[CD2]
1. Intro
2. フィクション(instrumental)
3. 変身(instrumental)
4. ダンス(instrumental)
5. 睡魔(instrumental)
6. メッセージ(instrumental)
7. システム(instrumental)
8. VIDEO(instrumental)
9. リピート(instrumental)
10. コンタクト(instrumental)
11. Interlude
12. トニック・ラブ(instrumental)

ミツメ
『VI』(アナログ盤)

2021年3月24日(水)発売
価格:3,200円(税抜)
PEJF-91034 mitsume-027

1. Intro
2. フィクション
3. 変身
4. ダンス
5. 睡魔
6. メッセージ
7. システム
8. VIDEO
9. リピート
10. コンタクト
11. Interlude
12. トニック・ラブ

イベント情報

『WWMW』

2021年3月31日(水)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

プロフィール

ミツメ
ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けている。そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。2021年3月24日、ニューアルバム『VI』をリリース。

STUTS
STUTS(スタッツ)

1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作等を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察