インタビュー

ミツメ×STUTS対談 今は、創作への前向きな気持ちが救いになる

ミツメ×STUTS対談 今は、創作への前向きな気持ちが救いになる

インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:池野詩織 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2021/03/19

「今までのアルバムとはグルーヴが変わって、晴れた日に聴いて晴れた日に聴いて気持ちいいと思うような作品だなと」(STUTS)

―STUTSくんはこのアルバムをどう聴きましたか?

STUTS:今までのミツメのアルバムには独特の湿度があった印象があるんですけど、今回のアルバムは音像的にもカラッとしてるなと思いました。グルーヴもよりタイトになっていて。最高だと思います。今までのアルバムとはグルーヴが変わって、晴れた日に聴いて気持ちいいと思うような作品だなと。

須田:今まではLogic(Apple製の音楽制作ソフト)上で擬似的なセッションをやりながらアレンジをしていたんですね。ドラムも適当に打ち込んで事故的に生まれた変な隙間も活かしながら、生ドラムに差し替えるということをやっていたんです。でも、今回はデモの時点で生ドラムを入れてわりと肉体的なグルーヴ感が強いと思うんですよね。

―ファンクとヒップホップの間をいくような肉体的なビート感のある曲が散見しているなと思いました。

須田:そうですね。生ドラムならではの16分(音符)の方向性があって。自分が最近聴いてる音楽も含めてそういう傾向が強かったですね。BPMが90前後の曲も多くて、いろいろ試しやすいテンポでもあるんです。去年の後半は特にスタジオにいる時間も長かったので、ずっとマイクを立ててドラムを録って、「ああでもない、こうでもない」という詰めの作業をしてました。それも初めての試みでしたね。

ミツメ“睡魔”を聴く(Apple Musicはこちら

「架空のいい時間を」。川辺が歌詞に託した思い

―歌詞に関しては「ささやかに願っている」というようなニュアンスをいろんな曲に感じたんですね。

川辺:今、前作『Ghosts』みたいな不在を意味するような言葉を立てるのもキツいなとは考えました。シビアなことを表現するのは、あまりに救いがない世界だなって。せめて自分たちが作る音楽くらい、ポジティブでいこうと思ったんです。ポジティブなマインドで創作に向き合ってこの状況を乗り越えていきたい気持ちが強くあって、それが歌詞に関して共通してるところだと思います。

創作って「あ、そういうふうな捉え方もできるよね」ってジャンプできるような、いい作用があると思うんですけど、それが今までよりも前に出ている歌詞にしたかった。だから言っていただいたような「ささやかな願い」というニュアンスが自分の中から出てきたんだと思います。

 

―ただ例外的に“システム”には、不穏な時代感が珍しく直接的に反映されているなと思いました。

川辺:ハードSFみたいな小説が好きで普段からよく読んでるんですけど、“システム”にはそういう趣味の感じがちょっと出ているかもしれないです。でもそれも、基本的には楽しく創作したいという気持ちなんですよね。今、聞き流せないようなハッキリとしたメッセージのある曲って聴けますか? 自分は辛くて。けっこうキツくなったりしません?

―たしかに日本語の歌詞は特に意識して聴こうとしないと入ってこないし、耳に入れようとしてないかもしれない。

川辺:ビートに的に鳴ってる言葉のほうが聴けるというか。でも、ミツメというバンドには自分が書いた日本語の歌詞が必要だと思うので、それならポジティブにいこうという感じでしたね。

―曲にいい時間を閉じ込めたかったというか。

川辺:そうです。架空のいい時間を。

ミツメ『VI』ジャケット
ミツメ『VI』ジャケット(サイトで見る

―最後に、またSTUTSくんとコラボレーションする機会があったらどういう曲を作りたいか、イメージできますか?

川辺:いや、もう、次はガチガチのビートで。音程もない、みたいな(笑)。

STUTS:面白そう。そういう曲は僕もあんまり作ったことないです(笑)。

nakayaan:あとは、STUTSが歌う曲ですかね。

須田:僕らは全員コーラスでね。

STUTS:いやいや!(笑)

 

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 5
前へ

リリース情報

『Basic(feat. STUTS)』
ミツメ
『Basic(feat. STUTS)』

2021年3月17日(水)配信リリース

ミツメ
『Basic(feat. STUTS)』(7インチアナログ盤)

2021年4月21日(水)発売
価格:2,200円(税込)
PEKF-91035 mitsume-028

[SIDE-A]
1. Basic(feat. STUTS)
[SIDE-B]
1. ジンクス

『VI』
ミツメ
『VI』(2CD)

2021年3月24日(水)発売
価格:3,000円(税抜)
PECF-1183/4 mitsume-026

[CD1]
1. Intro
2. フィクション
3. 変身
4. ダンス
5. 睡魔
6. メッセージ
7. システム
8. VIDEO
9. リピート
10. コンタクト
11. Interlude
12. トニック・ラブ
13. Basic(feat.STUTS)(ボーナストラック)
[CD2]
1. Intro
2. フィクション(instrumental)
3. 変身(instrumental)
4. ダンス(instrumental)
5. 睡魔(instrumental)
6. メッセージ(instrumental)
7. システム(instrumental)
8. VIDEO(instrumental)
9. リピート(instrumental)
10. コンタクト(instrumental)
11. Interlude
12. トニック・ラブ(instrumental)

ミツメ
『VI』(アナログ盤)

2021年3月24日(水)発売
価格:3,200円(税抜)
PEJF-91034 mitsume-027

1. Intro
2. フィクション
3. 変身
4. ダンス
5. 睡魔
6. メッセージ
7. システム
8. VIDEO
9. リピート
10. コンタクト
11. Interlude
12. トニック・ラブ

イベント情報

『WWMW』

2021年3月31日(水)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

プロフィール

ミツメ
ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けている。そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。2021年3月24日、ニューアルバム『VI』をリリース。

STUTS
STUTS(スタッツ)

1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作等を行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察