特集 PR

震災から10年。ハイスタ難波と考える、困難をどう乗り越えるか

震災から10年。ハイスタ難波と考える、困難をどう乗り越えるか

Yahoo!ボランティア×CINRA.NET共同企画記事
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:山口こすも 編集:柏井万作(CINRA.NET編集部)

震災から10年という節目を迎え、Hi-STANDARDの難波章浩と、NPO法人ボランティアインフォ代表の北村孝之が「乗り越える力」をテーマに語り合う対談の後編。Hi-STANDARDの復活から『AIR JAM 2012』までを追った前編に続いては、その後に難波と北村がより密接に、東北の人々と作り上げてきた『東北ジャム』を振り返る。

そして、震災時には有効だった「繋がる」という方法ができなくなった現在のコロナ禍に対して、私たちはどのように向き合うべきなのか? 音楽にできること、ボランティアにできること。この10年の持つ意味をもう一度考えるきっかけになることを願って。

地元を巻き込んで一緒にやっていくことで、仲間が増え、できることも増えていくのも『東北ジャム』らしさ。(北村)

―『AIR JAM 2012』の後、お二人は一緒に『東北ジャム』の開催に携わることになったわけですよね。

難波:『AIR JAM 2012』を宮城で開催して、Hi-STANDARD(以下、ハイスタ)は東北に『AIR JAM』を持っていくという任務を終え、そこからはまた各々の活動をやっていこうというモードになって。でも僕は東北での活動で生まれた灯火を消したくなかったから、「ハイスタはできないけど、何かイベントをやりたい」と北村くんに相談して、『東北ジャム』を一緒にやることになったんです。

難波章浩(なんば あきひろ)<br>日本のパンクロックシーンの最重要バンドであり、世界でも絶大な人気を誇るHi-STANDARDのベース&ボーカル。2013年にはNAMBA69を結成し、現在は4ピース編成のハイブリッドメロディックハードコアバンドとして活動中。
難波章浩(なんば あきひろ)
日本のパンクロックシーンの最重要バンドであり、世界でも絶大な人気を誇るHi-STANDARDのベース&ボーカル。2013年にはNAMBA69を結成し、現在は4ピース編成のハイブリッドメロディックハードコアバンドとして活動中。

―『東北ジャム』は2013年に石巻、2015年に女川、2018年にあだたらと、これまで3回開催されました。

難波:石巻の会場になったONEPARKは、遊び場がなくなってしまった子供たちのためにスケートパークを作ろうという趣旨で立ちあがった場所で、『AIR JAM 2012』で使ったスケートランプを寄贈してるんです。ONEPARKのヒデくんたちとの出会いは、僕の中ですごく大きかったし、同じく石巻では、小渕浜に公園を作るプロジェクトに参加して、そこで出会った木村美輝くんが始めた『ISHINOMAKI BUCHI ROCK』に出演させてもらったのも大きな経験でした。2018年のあだたらでは、福島チャンネルスクエアの平さんと協力し合いながら合同で開催出来たのは心に残っています。

ONEPARKでの活動風景。奥に設置されているのが寄贈されたスケートランプ。
ONEPARKでの活動風景。奥に設置されているのが寄贈されたスケートランプ。

―より近く、深く、現地と繋がっていったんですね。

難波:『AIR JAM』以上に地元の人たちと密接に繋がって作りましたね。

北村:よりDIYですよね。プロが作った『AIR JAM』ももちろんすごくいいけど、『東北ジャム』は看板含めてすべて手作りで、温かみがある。

地元を巻き込んで一緒にやっていくことで、仲間が増え、できることも増えていくのも『東北ジャム』らしさになっていて、女川の会場に、ONEPARKのスケートランプを持ってきて、子供向けのスケート教室をやったりしましたね。

北村孝之(きたむら たかゆき)<br>NPO法人ボランティアインフォ代表ボランティアコーディネート。新卒でソフトバンクに入社し、ITベンチャーのマイネットを経て、発展途上国の教育支援を行うNPO法人HEROの立ち上げメンバーとして活動。東日本大震災発生後、助けあいジャパンにボランティアとして参加し、仙台へ移住。2011年5月に仙台でNPO法人ボランティアインフォを立ち上げ、現代表理事。
北村孝之(きたむら たかゆき)
NPO法人ボランティアインフォ代表ボランティアコーディネート。新卒でソフトバンクに入社し、ITベンチャーのマイネットを経て、発展途上国の教育支援を行うNPO法人HEROの立ち上げメンバーとして活動。東日本大震災発生後、助けあいジャパンにボランティアとして参加し、仙台へ移住。2011年5月に仙台でNPO法人ボランティアインフォを立ち上げ、現代表理事。

―『AIR JAM』とはまた違った形で、元気を届ける活動を継続されていたんですね。

難波:やっぱり気を使うのは、地元の方たちに迷惑をかけないっていうことですね。特に女川のときは会場のすぐ近くに仮設住宅があったので、その方たちの理解を得られないとやれないから、一軒一軒回ったよね。

北村:チラシを作って、「音が出ます」という話をして。

難波:そうしたら、おじいちゃんおばあちゃんが「にぎやかになっていい」って言ってくれたり。

あと、幡ヶ谷再生大学で活動されてるユカリさんという方がいて、ものすごく地域と密接に活動をされている方なんですけど、その方から「人を集めるんだから、もしまた当日地震があったときのために、ちゃんと避難場所を確保しなさい」と言われて、徹底しました。あれはすごく勉強になりましたね。

石巻で開催された『東北ジャム2013』ボランティアスタッフの活動。背後には避難経路が書かれた看板も。
石巻で開催された『東北ジャム2013』ボランティアスタッフの活動。背後には避難経路が書かれた看板も。

誰かの支えになるために音楽をやるんだっていう気持ちはすごく強くなりました。(難波)

―震災をきっかけに、難波さんの活動も大きく変化されたと思います。改めて、どんな10年だったでしょうか。

難波:僕の音楽人生にとってすごく重要な10年でした。ハイスタでライブができて、3人の絆がものすごく強くなったのがとにかく大きくて。NAMBA69でKen Yokoyama(横山健のバンド)と一緒に作品を作ったり、2017年にはハイスタでアルバムを出して、ツアーもできましたし、震災がきっかけではあったけど、この10年はポジティブなこともたくさんありました。

僕はステージでは常にポジティブなメッセージを歌ってきましたけど、ステージを下りるとネガティブになってしまうときもあって。でも、ハイスタの3人の絆が強くなったことが、すごく救いになりました。

―音楽をやる意味や理由にも、変化があったでしょうか?

難波:さっき北村くんから「DIY」という言葉が出てましたけど、ハイスタの頃から「DIY」というのはキーワードで、「できることは自分でやる」という原点に戻ってきたのはすごくターニングポイントだったかもしれない。

メジャーのレコード会社にお世話になったり、いろんな経験があっての今だけど、「何のために音楽をやるのか?」が明確になったんです。もちろん、まずは自分のためなんですけど、震災以降に思ってるのは、たった一人でも自分の音楽を必要としてくれる人がいる限り、絶対音楽をやめないということ。誰かの支えになるために音楽をやるんだっていう気持ちはすごく強くなりました。

―『東北ジャム』はまさにその気持ちの具現化と言えますよね。

難波:ハイスタが活動休止をする前は、若かったのもあって、「自分たちがやってる」「自分たちはすごい」みたいな気持ちが強かったけど、今はいろんな人との繋がりをものすごく大切にしています。「自分たちだけでやってる」とは全く思ってない。できる範囲のことは自分でやりつつ、その先のことはみんなの力を借りて、いずれその恩返しをしていく。ただ……今はその繋がりがコロナで断ち切られてしまったようで、それはすごく辛いですね。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

ウェブサイト情報

Yahoo!ボランティア

本記事は、東日本大震災から10年の節目を契機に、ボランティアがより一般的になる未来を願い、Yahoo!ボランティアとCINRA.NETの共同企画として制作しました。特設サイトでは、東日本大震災のボランティアについての思い出など、様々な声が集まっていますので、ぜひご覧いただければ幸いです。

Twitter上では #東北ボランティア とハッシュタグをつけ当時のボランティア活動の思い出を投稿し、共有する企画を実施しています。10年を経て振り返る機会としても、よろしければご参加ください。

プロフィール

難波章浩(なんば あきひろ)

日本のパンクロックシーンの最重要バンドであり、世界でも絶大な人気を誇るHi-STANDARDのベース&ボーカル。2013年にはNAMBA69を結成し、現在は4ピース編成のハイブリッドメロディックハードコアバンドとして活動中。

北村孝之(きたむら たかゆき)

NPO法人ボランティアインフォ代表ボランティアコーディネート。新卒でソフトバンクに入社し、ITベンチャーのマイネットを経て、発展途上国の教育支援を行うNPO法人HEROの立ち上げメンバーとして活動。東日本大震災発生後、助けあいジャパンにボランティアとして参加し、仙台へ移住。2011年5月に仙台でNPO法人ボランティアインフォを立ち上げ、現代表理事。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで