特集 PR

岡室美奈子に聞く、危機的状況の舞台芸術を再起動するための道標

岡室美奈子に聞く、危機的状況の舞台芸術を再起動するための道標

EPAD
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

先日公開された「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(略称:EPAD)」の一環である「Japan Digital Theatre Archives」(JDTA)は、1000本を超える過去の演劇作品の情報にアクセスできる、新しいアーカイブの活用の取り組みだ。その構築には、さまざまな研究者やアーカイブの専門家たちが関わっている。

早稲田大学演劇博物館の館長、岡室美奈子もその一人だ。サミュエル・ベケットやテレビ文化の研究者としても知られる岡室は、同時に舞台芸術のためのアーカイブに取り組んできた人物でもある。

いま求められるアーカイブ、未来に残すべきアーカイブのかたちとはいかなるものか? EPADから委託されたJDTAのローンチを終えたばかりの岡室に話を聞いた。

岡室美奈子(おかむろ みなこ)<br>早稲田大学演劇博物館館長、文化構想学部教授。文学博士。現代演劇研究、テレビドラマ研究と批評を専門とし、特にサミュエル・ベケット研究で知られる。共編著に『日本戯曲大事典』、『六〇年代演劇再考』など、訳書に『新訳ベケット戯曲全集 ゴドーを待ちながら/エンドゲーム』など。
岡室美奈子(おかむろ みなこ)
早稲田大学演劇博物館館長、文化構想学部教授。文学博士。現代演劇研究、テレビドラマ研究と批評を専門とし、特にサミュエル・ベケット研究で知られる。共編著に『日本戯曲大事典』、『六〇年代演劇再考』など、訳書に『新訳ベケット戯曲全集 ゴドーを待ちながら/エンドゲーム』など。

過去に行われた公演記録は、ほとんどが撮りっぱなしの状態です。

―まずJapan Digital Theatre Archives(以下、JDTA)とは何か、それから岡室さんが館長を務めてらっしゃる演劇博物館の活動がどのように連動しているのかについて、お聞きできればと思います。

岡室:JDTAの第一の役割は、「舞台芸術に特化した情報検索サイト」の機能です。演劇、舞踊、伝統芸能といったカテゴリーのなかから1000本を超える公演映像関連情報を閲覧することができます。

さらに、一部の作品では3分程度の上演映像の抜粋を閲覧(事前予約すれば博物館で作品全体の閲覧もできる予定)できるほか、公演時のフライヤーや舞台写真なども参照可能です。

そもそも演劇博物館では、2001年以来デジタルアーカイブの強化に力を入れてきました。そのノウハウを活かして新しい舞台芸術との出会いの機会を作り、さらに収益力の強化も目指すというのが、JDTAのねらいです。

文化庁より令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「文化芸術収益力強化事業」として採択された「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」。舞台芸術等を支援、収益強化に寄与することを目的に設立された
文化庁より令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「文化芸術収益力強化事業」として採択された「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」。舞台芸術等を支援、収益強化に寄与することを目的に設立された(サイトで見る
Japan Digital Theatre Archives(JDTA)はEPADの事業の一環として、早稲田大学演劇博物館が監修・運営を務める特設サイト。EPADが収集した1960年代から現在に至る舞台公演映像の情報が検索できる
Japan Digital Theatre Archives(JDTA)はEPADの事業の一環として、早稲田大学演劇博物館が監修・運営を務める特設サイト。EPADが収集した1960年代から現在に至る舞台公演映像の情報が検索できる(サイトで見る

―伝説的な作品はたくさんあっても、なかなかその記録映像を見るチャンスがありません。EPADやJDTAを入り口として、それらにアクセスできるのは嬉しいですね。

岡室:過去に行われた公演記録映像は、全国の劇場や劇団に所蔵されているものの、その多くが撮りっぱなしの状態です。例えばVHSなんかは日々劣化の危機にさらされています。

演劇博物館ではその収集とデジタル化に力を入れてきたのですが、JDTA開設を機に現代演劇、舞踊、伝統芸能の三分野でさらに拡充していきたいと考えています。JDTAは日英二か国語サイトなので、コロナが収束した後、これは海外への日本演劇の周知にもつながりますし、未来のアーティストや観客のための資産にもなるでしょう。

岡室美奈子

―演劇博物館のデジタルアーカイブは2001年に始まったとおっしゃっていましたが、かなり早い時期の取り組みだと思いました。

岡室:Wikipediaが始まったのと同年ですから、たしかにそうですね。電子博物館が最初に構想されたのは1990年代の頃で、たまたま当時の助手に情報技術に詳しい人物が複数いたのがきっかけだったようです。

当時の館長である鳥越文蔵先生が誰でもアクセス可能な開かれたアーカイブという意識をかなり明確に持っていたのも理由でしょう。最初は歌舞伎役者の錦絵データベースの公開から始まりましたが、役者絵に関して言えば世界最大のコレクションを誇ります。

演劇博物館が設立されたのは1928年で、日本の近代文学・演劇に大きな影響をのこした坪内逍遙によるものです。役者絵を積極的に集めていた坪内ですが、シェイクスピアの研究者・翻訳者でもあった彼は「古今東西の演劇資料を集めるべし」というテーマを掲げた。それが大きな画期となって、現代にもその精神が続いているんです。

Page 1
次へ

サイト情報

緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)
緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)

文化庁より令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「文化芸術収益力強化事業」として採択された「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い困難に陥っている舞台芸術等を支援、収益強化に寄与することを目的に設置され、新旧の公演映像や舞台芸術資料などの収集、配信整備、権利処理のサポートを行います。

Japan Digital Theatre Archives
Japan Digital Theatre Archives

EPADの事業の一環として、早稲田大学演劇博物館が監修・運営を務める特設サイト。EPADに収蔵された1960年代から現在に至る公演映像の情報が検索できます。

プロフィール

岡室美奈子(おかむろ みなこ)

早稲田大学演劇博物館館長、文化構想学部教授。文学博士。現代演劇研究、テレビドラマ研究と批評を専門とし、特にサミュエル・ベケット研究で知られる。共編著に『日本戯曲大事典』、『六〇年代演劇再考』など、訳書に『新訳ベケット戯曲全集 ゴドーを待ちながら/エンドゲーム』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側