特集 PR

高校時代はライバル同士のふたりが歌う「青春」 アポロノームの音

高校時代はライバル同士のふたりが歌う「青春」 アポロノームの音

Eggs
インタビュー・テキスト・編集
飯嶋藍子

いつもより急ぎ足で桜が立ち去ろうとしている2021年の春。新たな出会いや別れが生まれ、たくさんの人が岐路に立つこの季節に、大阪のポップバンド・アポロノームが初の全国流通盤となるミニアルバム『Moment』をリリースした。

卒業アルバムのような“君へ”をはじめ、学生生活で抱いた憧れ、幼い恋愛の甘酸っぱさや友情といった、さまざまな青春の断片が散りばめられ、未来へ背中を押してくれるような楽曲が、多様な表情のポップスとして描かれたこの作品。アポロノーム結成から今作に至るまでの迷い、そしてメンバー4人それぞれが経験してきた「青春」について聞いた。

高校の同級生を中心に結成。一度は別の道に進んだメンバーが、1stシングルのレコーディング3日前に直談判して急遽加入

―もともとアポロノームはどうやって結成されたんですか?

おおにしれいあ(Vo,Gt):私がツインボーカルのバンドを見て「めっちゃかっこいい!」って衝撃を受けて、高校時代に軽音部で一緒だった(辻村)アリサに声をかけたのが始まりです。それでアリサがおーしゃんを誘ってくれて。ちゃぎも部活が一緒だったんですけど、アポロノーム結成時はまだメンバーではなかったです。

アポロノーム(アポロノーム)<br>おおにしれいあ(Vo・G)、辻村アリサ(Vo)、ちゃぎ(Key)、おーしゃん(G)による、大阪豊中発ツインボーカル・フルカラーポップバンド。2017年に高校の同級生であるおおにしと辻村を中心に結成。2018年に始動と同時に1stシングル『EnDマーク』を発表し、その2ヶ月後には、10代の才能を発掘するプロジェクト「十代白書2019」でキタ大阪エリア代表として決勝に進出。2020年4月に1stミニアルバム『Amor』、9月に配信限定シングル“Ribbon”をリリース。「Next Age Music Award 2020」でグランプリを獲得。2021年4月、初の全国流通盤となる2ndミニアルバム『Moment』をリリース。
アポロノーム(アポロノーム)
おおにしれいあ(Vo・G)、辻村アリサ(Vo)、ちゃぎ(Key)、おーしゃん(G)による、大阪豊中発ツインボーカル・フルカラーポップバンド。2017年に高校の同級生であるおおにしと辻村を中心に結成。2018年に始動と同時に1stシングル『EnDマーク』を発表し、その2ヶ月後には、10代の才能を発掘するプロジェクト「十代白書2019」でキタ大阪エリア代表として決勝に進出。2020年4月に1stミニアルバム『Amor』、9月に配信限定シングル“Ribbon”をリリース。「Next Age Music Award 2020」でグランプリを獲得。2021年4月、初の全国流通盤となる2ndミニアルバム『Moment』をリリース。

―おーしゃんさんも部活が一緒だったんですか?

おーしゃん(Gt):僕だけ学年も学校も違うんですよ。辻村がスタッフをしていたライブハウスに僕が入り浸っていて、そこでたまたま誘ってもらって。だから最初はただ「他校の先輩に誘ってもらった」みたいな感覚で、1年くらいはずっと敬語で話してて(笑)。

辻村アリサ(Vo):その時はとにかくメンバーは集めたかったんですけど、誰から誘っていいかわからんくて。ライブハウスのスタッフとしていろんなライブを観ているなかで、おーしゃんがギターを弾いてる姿を見て「一緒にできたら楽しいやろうな」と思って声をかけました。

上から:おーしゃん、辻村アリサ、おおにしれいあ、ちゃぎ
上から:おーしゃん、辻村アリサ、おおにしれいあ、ちゃぎ

―ちゃぎさんはどのタイミングで入ったんですか?

おおにし:2018年11月11日の始動に合わせてリリースした『EnDマーク』ってシングルのレコーディングの3日前に、ちゃぎが突然「アポロノームに入りたいです」って連絡をくれて。

―直談判だったんですね。しかもレコーディング3日前(笑)。

ちゃぎ(Key):そうなんです(笑)。高校を卒業してからも、れいあともあーりん(辻村)ともそれぞれとごはんに行ったりしていて、アポロノームが始動するまでに「今こういう曲ができていて」「今こういう活動がしたくて」っていう近況や夢をいっぱい聞いていたんです。私もバンドをやりたいなっていう気持ちは心の奥底にあったんですけど、保育系の大学への進学も決まっていたし、無理やろうなって思ってて。

アポロノーム『Moment』を聴く(Apple Musicはこちら

おおにし:その時は、ちゃぎと一緒にやりたいなって思ってたけど、完全に保育の道に進むと思っていたので、私たちからしたら誘えない人やったんですよ。だから、お互い思い合ってはいたけど、みたいな状態で。

ちゃぎ:そんななかで、私は大学に入って部活もなくなって、ほんまに勉強だけになって。同時に、レコーディングに向けてどんどん完成形に近づくアポロノームの曲を聴いて、「私もバンドやりたい」っていう気持ちがどんどん強くなったんです。やるとしても自分で一からバンドを作るというよりは、れいあとあーりんの歌でやりたいと思って。

レコーディング3日前に加入を直談判したちゃぎも参加した1stシングル『EnDマーク』トレーラー

ちゃぎ:それで高校の時からお世話になってるライブハウスの方に相談したら「アポロノーム、もう始動するから言うなら今しかないで」って言われて、勇気を出して「入りたい」って電話しました。それで始動タイミングのCDのレコーディングから参加し始めました。

Page 1
次へ

リリース情報

アポロノーム
『Moment』

2021年4月7日(水)発売
価格:2,200円(税込)
EGGS-058

1. 君へ
2. GLOW
3. TROT
4. Last Night
5. 恋する
6. 愛ふれる
7. 信じて

プロフィール

アポロノーム
アポロノーム

おおにしれいあ(Vo・G)、辻村アリサ(Vo)、ちゃぎ(Key)、おーしゃん(G)による、大阪豊中発ツインボーカル・フルカラーポップバンド。2017年に高校の同級生であるおおにしと辻村を中心に結成。2018年に始動と同時に1stシングル『EnDマーク』を発表し、その2ヶ月後には、10代の才能を発掘するプロジェクト「十代白書2019」でキタ大阪エリア代表として決勝に進出。2020年4月に1stミニアルバム『Amor』、9月に配信限定シングル“Ribbon”をリリース。「Next Age Music Award 2020」でグランプリを獲得。2021年4月、初の全国流通盤となる2ndミニアルバム『Moment』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信